カキフライでもノロ感染の可能性 加熱温度が調理のポイント

スポンサードリンク

海のミルクとも言われる、濃厚な風味がたまらないカキ。
カキフライにして食べると、絶品ですよね。
ですが、カキと言えば気になるのが「ノロウイルス」ではないでしょうか?

「生ガキはノロ感染のリスクがあるけど、加熱調理しているカキフライなら大丈夫」と思いこんでいらっしゃる方もいるでしょう。
実は、これは誤った考え方。
カキフライでも、ノロ感染の可能性はあるのです。

そこで、そんなカキフライによるノロ感染を防ぐために、知っておくべき情報を紹介していきます。

スポンサードリンク

カキフライもノロ感染の可能性はある?

ノロウイルスは、85℃で1分以上の加熱を行えば死滅することが分かっています。
加熱せずに食べる生ガキなら、そんな熱に弱いノロウイルスをやっつけることができず、ノロ感染の危険性が高いイメージがありますね。
ですが、カキフライなら「油で揚げる」という調理法により、「しっかり熱されているからノロ感染することはない」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

実は、安心して口にしたカキフライが原因で、ノロ感染してしまう可能性はゼロではないのです。
これは、カキという貝の性質や構造が大きく関係しています。

二枚貝は、ノロウイルスを取り込んだ時、中腸腺という器官に溜めこみます。
ホタテなどの場合は、生食する際には中腸腺を外して食べるので、ノロ感染するリスクは低くなります。
ですがカキの場合、この中腸腺が身の真ん中にあり、外すことができません。
しかも、加熱してもなかなか火が通りにくい部分なので、十分にノロウイルスをやっつけることが難しくなってしまうのです。

カキフライでのノロ感染予防☆加熱温度に注意

カキフライでノロ感染するリスクはゼロではありませんが、もちろん、これは調理のポイントをしっかり守れば、防ぐことが可能です。
特に重要なポイントは「加熱」ですので、カキフライを調理する際には、加熱温度や加熱時間に注意しながら、ノロウイルスを徹底的にやっつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

ノロウイルスは85℃の温度で1分間の加熱をすることで感染しなくなりますが、ここで大切なのは、「中心温度」に注意することです。
カキフライの表面を85℃という加熱温度で1分間加熱できたとしても、カキの中心温度は85℃に達していないこともあります。
カキの場合、ノロウイルスを溜め込んでいる中腸腺が身の中心部にあるわけですから、ここを十分な加熱温度で1分以上熱しておかないと、ノロウイルスをやっつけることができないのです。

「カキフライだから大丈夫」と安易に考えずに、じっくり中まで加熱し、ノロウイルス対策をしておくことが大切ですね。
また、できるだけ新鮮なカキを選んで調理することも、安心して食べるための重要なポイントと言えます。

ただし、自分で調理する際には注意することができても、飲食店などのカキフライはどの程度、加熱されているのか分からりません。
しかも、古いものが出されている可能性もありますので、不安に感じてしまいますね。
ノロ感染を防ぐためにも、カキフライを注文するのは、衛生面に徹底的にこだわっている信頼できるお店に限った方が安心でしょう。
もし、食べる時におかしなニオイや味がした場合には、無理に食べずに、飲食店に伝えるようにしましょう。

また、体調が良くない時など免疫力が低下している時は、ノロウイルスなどに感染しやすい状態になっています。
小さな子どもや高齢の方も、免疫力が低く、感染しやすいことがあります。
これらの条件に当てはまる場合は、カキフライを食べるのは控えた方が良いですね。

カキフライでノロ感染☆症状と対処法は?

カキフライでノロ感染してしまった場合、生ガキを食べて感染した時と同様に、下痢や嘔吐などの症状が出てきます。
潜伏期間は12時間~3日程度ですので、カキフライを食べてから3日までに、激しい腹痛や下痢、嘔吐などの症状が出てきた場合は、ノロ感染を疑いましょう。
「フライだったから、ノロウイルスではない」という思い込みは危険です。

それから、もしノロ感染が疑われるような症状が出てきた場合には、速やかに病院を訪れて受診し、「カキフライを食べた」ということを伝えましょう。
そのうえで、症状に応じた治療を受けることが大切です。

また、自宅では水分をしっかり摂取し、食べられる場合は消化の良いお粥などを中心に食べながら、安静にしましょう。
ノロウイルスは感染力が高く、家族間でも感染しやすいので、感染を広げないように十分に注意しましょう。

カキフライによるノロ感染について~まとめ~

加熱調理されたカキフライでも、十分に加熱されていなかったり、古いカキを使っていた場合は、ノロ感染してしまうリスクは十分にあり得ます。
もちろん、だからと言って「絶対にカキを食べてはいけない」ということではありません。
新鮮で安心なカキを選び、加熱温度などの注意点をしっかり守って正しく調理し、美味しいカキフライを安心して楽しみましょう!

スポンサードリンク