すねがつる原因と覚えておけば怖くない対処方法を知ろう!

スポンサードリンク

すねがつるのは、耐え難い痛みですよね。
しかも1度つってしまうと、クセになって、ふとした拍子に何度もつるようになってしまうこともあります。
そうなると、「いつ、あの痛みが襲ってくるのか・・・」と怖くなってしまいますよね。

そこで、そんな厄介な「すねがつる」という症状の原因と、覚えておけば怖くない「対処方法」について調べてみました。

スポンサードリンク

すねがつる原因とは?

すねなど、足がつる原因は「筋肉の異常収縮」にあります。
筋肉が強く収縮した状態で、なかなか弛緩しなくなってしまった時に「つる」という症状が起こるのです。

そんな筋肉の異常収縮が起こる原因ですが、これは血流が悪くなったり、筋肉が硬くなることが挙げられます。
ではなぜ、血流が悪くなったり筋肉が硬くなったりするのかというと、これらの具体的な原因は以下のようなことであると考えられています。

・運動不足
・過度の運動
・冷え
・水分不足
・ビタミン不足
・ミネラル不足
・加齢

デスクワークで座りっぱなしなど、日常的に運動不足の方は筋肉の「収縮・弛緩」のメカニズムがうまくいかなくなることがあります。
また、運動をし過ぎて足に負担をかけてしまった時にも、神経が興奮し、つりやすい状態になるのです。

さらに体が冷えてしまった時には血流が悪くなり、水分が不足した時には筋肉がうまく調整できなくなることがあります。
ビタミンやミネラルの不足によっても、筋肉の調整がうまくいかなくなり、足がつりやすくなるのです。
また、加齢により筋肉の柔軟性が落ちたり、血行が悪くなったり、筋肉のメカニズムに異常が生じることもあります。

すねがつる症状は、主にこれらの原因によって引き起こされていると考えられます。

すねがつる症状☆起こった時の対処方法は?

すねがつる症状が起こってしまった時には、できるだけ早く、痛みから解放されたいですよね。
ですが、何の知識もないと、つった時になすすべもなく、自然と治まるのを待つしかない状態になってしまいます。
そのため、すねがつる症状がいつ起こるのかと、怖くなってしまう方も少なくありません。

スポンサードリンク

そこで、そんな困った症状が起こってしまった時のための「対処方法」を覚えておきましょう。
対処方法さえ分かっていれば、すねがつるのは怖くなくなります。

すねがつってしまったら、まずは楽な姿勢をとりましょう。
そして、すねを優しくさするようにマッサージしていきます。
この時、強い力で揉んだりしてしまうと、肉離れなどを起こす危険性もあるので注意が必要です。

また、余裕があれば、「足三里」というツボを押してみましょう。
足三里は、ヒザの外側にある出っ張った骨の前のくぼみから、指3~4本ほど下がった部分にあります。
ここを親指で押して刺激してみてください。

それから、すねを温めるのも効果的です。
温めることで痛みが緩和されますので、お湯を使える場面であれば、足湯をしたり、お湯で絞ったタオルで温めるなどして対策してみましょう。

すねがつる症状☆予防方法は?

すねがつる症状は、起こる前に、できる限り予防をしておきたいものですよね。
原因が分かれば、予防も行いやすくなるでしょう。

すねがつる症状に悩まされる人の予防方法として、まずは「適度な運動」が挙げられます。
無理のない範囲でウォーキングなどの運動を取り入れて、運動不足を解消してみましょう。
運動をすれば、血行も良くなる効果が期待できます。

ただし、筋肉に負担がかかり過ぎるような過度な運動は控えるようにしましょう。
スポーツなどをしている方は、運動後にしっかりマッサージやストレッチをすることも大切です。

あとは、水分をしっかり摂取したり、体を冷やさないように注意することも予防になります。
また、食生活でもビタミンやミネラルが不足しないように気を付け、いろいろな食材をバランスよく摂取するようにしておきましょう。
特にマグネシウムやカルシウム、ビタミンB群、ビタミンEは不足しないようにしましょう。

これらの予防方法を心がけていけば、「すねがつるのがクセになってしまった!」と悩んでいる方も、徐々に症状が改善されてくるかもしれません。

すねがつる症状について~まとめ~

すねがつる症状には、様々な原因が考えられます。
過度の運動など、何か1つだけが原因になっていることもあれば、加齢と運動不足など、複数の原因が重なって起こっていることもあります。

すねがつる症状を繰り返してしまう方は、何が原因でそのような症状が起こっているのか考え、対策を行っていきましょう。
もしつってしまったとしても、正しい対処方法さえ知っていれば怖くないですね!

スポンサードリンク