病院に行かないで風邪を早く治す方法5選!

スポンサードリンク

風邪をひいたら、できるだけ早く治したいものですよね。
ですが、だからと言って「風邪くらいで病院なんて行っている暇がない!」という方も少なくないでしょう。

では、病院に行かないで風邪を早く治す方法には、どのようなものがあるのでしょうか?
覚えておくと役立つ風邪対策を紹介していきます。

スポンサードリンク

病院に行かないで風邪を早く治す5つの方法

病院に行かないでも、風邪を早く治す方法として、主に5つの方法が挙げられます。

しっかり寝る

人の体は、寝ている間に修復されます。
風邪を早く治すためには、やっぱりしっかりと質の良い睡眠をとることが1番ですね。

しっかりと質の良い睡眠をとれば、その間に自分自身が持っている免疫が、風邪のウイルスと戦ってくれます。
また、同時に睡眠をとることで、免疫力が高まるということも分かっており、「風邪を予防する」という意味でも効果的と言えます。

日頃からしっかりと睡眠をとり、「風邪かな?」という症状が出始めたら、特によく眠るようにすること。
たったこれだけでも、悪化する前に風邪を治すこともできるのです。

体をしっかり温める

風邪を早く治すためには、体を温めることが非常に大切です。
体が冷えてしまうと、体温も下がり、免疫力が低下してしまいます。
風邪を早く治すためには、免疫力を高めることが大きなポイントになりますので、体を温めて体温を上げることが効果的と言えるのです。

特に「首」と名の付くところを重点的に温めると効率的です。
首、手首、足首などをしっかり温めてみましょう。
また、背中にカイロを貼るのも、体を芯から温める効果があるのでおすすめです。

食事に気を付ける

風邪を早く治すためには、食事を見直し、体の内側から見直すことも大切です。
特に、風邪を早く治すためにしっかり摂取したいのは、ビタミンCという栄養素ですね。
果物を食べるのも良いですし、ドラッグストアなどで購入できるサプリメントを摂取するという方法もあります。

その他の食事については、「無理に食べない」ということが大切です。
風邪をひいた時は食欲も低下することが多いので、そんな時には無理して食べようとせず、胃腸を休ませてあげましょう。
また、栄養面を考えることよりも、消化が良く温かいものを食べるようにした方が風邪の改善には効果的と言えます。

しっかり水分摂取する

風邪を早く治すためには、食事は無理に食べなくても、水分だけはしっかり摂取しなければなりません。
特に熱が出ている時は、水分が不足すると脱水症状が起こりやすくなるので要注意です。

水やお茶で水分補給すると共に、食事も水分を多く含むお粥や果物を選ぶようにすると良いですね。

スポンサードリンク

うがいをする

うがいと言えば風邪やインフルエンザを予防するために効果的な方法として知られています。
実はそんなうがいは、風邪をひいてしまってからも、早く治すための方法の1つと言えるのです。

うがいは、喉に付着した菌やウイルスを洗いながす効果が期待できます。
風邪をひいてからも、うがいをすることで、症状の悪化を防ぐのに役立てることができるのです。

風邪を早く治す市販の薬は?

風邪を早く治すために、市販の風邪薬を服用しようと考える方もいらっしゃるでしょう。
では、風邪を早く治す市販の薬と言えば、どのようなものがあるのでしょうか?

ドラッグストアに行けば、様々な種類の風邪薬が販売されていますね。
咳や喉の痛み、鼻水、頭痛、熱など、それぞれの症状に合った薬を見つけることもできます。

そんな多くの市販の風邪薬の中でも、特におすすめなものの1つが「葛根湯」です。
葛根湯は漢方薬で、体を温めるのに役立ってくれます。
体を内側からじんわり温め、体温を上げて免疫力を高めてくれるので、風邪が早く治りやすくなるのです。

それから、熱があったり、頭痛や関節の痛みが辛いという症状の場合におすすめなのが、ルルアタックEXです。
この薬には痛みを和らげたり、熱を下げてくれる作用があるので、これを服用すればぐっすり眠りやすくなります。
風邪を早く治すためには、とにかくしっかり眠ることが効果的ですので、質の良い睡眠がとりやすい状態になる市販薬は、そういった意味で役立つことが分かりますね。

風邪を早く治すのに病院は必要?

病院に行かずに風邪を早く治す方法はたくさんあります。
また、市販の風邪薬というのも色々なものがあり、効果的に風邪の諸症状を改善してくれる優れものも少なくありません。

では、そもそも、そんな風邪を早く治すために、病院を訪れる必要はあるのでしょうか?

実は、単なる風邪の場合は、病院でできることというのがそれほど多くありません。
そもそも風邪というのは、その人自身が持つ免疫力により、自然治癒をする病気です。
病院を訪れても、風邪そのものに効果が期待できる薬というのはありません。

病院で処方されるのは、咳止めや解熱剤など、症状を和らげるための薬が中心です。
また、抗生剤が処方されることもありますが、そもそも抗生剤は細菌に対して効果が期待できるものです。
ウイルスが原因の風邪には、ほとんど効果が期待できないと言えます。

もちろん、症状がひどかったり、長引いたりしている場合は、実は風邪ではない他の病気であるという可能性も否定できません。
悪化を防いだり、他の病気を発見するという意味では、病院を訪れることにも意味はあります。

ですが、軽度の風邪を早く治すという目的であれば、わざわざ病院を訪れる意味は、ほぼ無いと言えるのです。
忙しい中、わざわざ時間を割いて病院を訪れるよりも、自宅でゆっくり体を休めて、自然治癒を目指した方が良いと言えるでしょう。

病院に行かず風邪を早く治す方法~まとめ~

風邪は病院に行かなくても、日常生活の工夫や、症状に合った市販薬の服用で、十分に早く治すことが可能です。
「早く治したいのに病院に行く時間がない」というのなら、無理せず、自宅でできるケアを試してみましょう。

スポンサードリンク