ココアはいつから?何歳から?赤ちゃんや子供はココアを飲んでも大丈夫?

スポンサードリンク

甘くて、体も心もほっこり温まる素敵な飲み物、ココア。
上手に取り入れれば美容や健康にも役立つということが知られていますよね。

ですが、そんなココアは一体いつから、何歳からなら飲んでもOKなのでしょうか?
甘くて優しい味わいからは、子供でも飲めそうなイメージが強いですが、例えば赤ちゃんなんかはどうなのでしょうか?

そんな気になるココアについて、調べてみました。

スポンサードリンク

ココアはいつから(何歳から)飲める?

ココアはいつから、何歳から飲めるのかという疑問に対する答えは、実は意外と早いのです。
ココアは、なんと9ヶ月を過ぎた頃から飲むことができます。
9ヶ月というと、まだ十分に「赤ちゃん」と呼べる月齢ですね。
ですが、この時期には離乳食が進み、ミルクも「フォローアップミルク」と言われるタイプのものを飲み始めています。

つまり、栄養の摂取の中心が、母乳やミルクから、徐々に食事に移り変わっている時期なのですね。
このくらいの時期になれば、少しならココアを飲むことが可能です。

ただし、9ヶ月に満たない赤ちゃんの場合は、ココアは刺激が強すぎるので与えてはいけません。
一見、体に優しい印象があるココアですが、デリケートな赤ちゃんの体には刺激になってしまうのですね。

ココアは子供が飲んでも大丈夫?

「ココアはいつから飲めるか?」という疑問に対する答えが、「9ヶ月くらいから」なのですから、当然、1歳を超えた子供がココアを飲んでも問題はありません。
ですが、小さな子供にココアを与えることに、「本当に大丈夫?」という不安を抱いてしまう方もいらっしゃるでしょう。

確かにココアには、微量ですがカフェインが含まれています。
ですが、これはコーヒーの10分の1程度の量ですので、適量のココアを飲む分には、子供でもそれほど気にする必要はありません。

むしろココアは、食物繊維が豊富に含まれており、整腸作用があるため、健康に良い飲み物としても知られています。
さらに、虫歯菌の酵素を抑えるタンニンが含まれていることも分かっているのです。

スポンサードリンク

他にも、ココアに含まれる食物繊維、ポリフェノール、カカオバターといった成分には、抗ウイルス作用や抗ストレス作用、アレルギー予防作用などが期待できます。
さらに、ココアにより甘味をプラスすることで、子供が苦手な牛乳を飲んでくれるということもあり、カルシウムをはじめとした栄養の補給が容易になるメリットもあります。

つまり、子供でも適量を飲むことで、健やかな成長や健康をサポートできるというわけなのですね。

赤ちゃんや子供にココアを飲ませる際の注意点

意外と早い時期から飲ませることができるココアではありますが、やはり赤ちゃんや子供に与える際には、大人が飲む時以上に注意しなければならないポイントがあります。

まず、ココアには微量ですが、カフェインが含まれていますので、いくら体に良い栄養が含まれていても、あまり多量に飲ませてはいけません。
コップ1杯分程度にして、1日に何杯も飲むようなことは控えましょう。

それから、9ヶ月を過ぎた赤ちゃんにココアを与える場合は、純ココアを選びましょう。
ミルクココアとして市販されているものには、たっぷりのお砂糖が含まれています。
赤ちゃんの場合はフォローアップミルクにココアを溶かせて飲ませるので、ミルクにも十分な甘さがあり、純ココアでも美味しくいただけます。

ココアを赤ちゃんや子供に飲ませる際に、特に注意したいのは「糖分の摂り過ぎ」です。
カフェインについては、それほど気にするレベルではありませんが、飲みやすさを追求したミルクココアの場合、たっぷりのお砂糖が入っています。
虫歯予防に役立つ成分を含むココアでも、同時に糖分を摂取してしまうと逆効果ですし、糖分の摂り過ぎは肥満などの問題も引き起こします。

糖分を摂り過ぎないためにも、ココアの摂取量は適量にし、できるだけ純ココアを使って、蜂蜜やミルクで甘さを出す工夫をしながら子供に与えていきましょう。
ただし、蜂蜜に関しては1歳未満の赤ちゃんには与えられませんので、その場合はフォローアップミルクの甘さを利用してください。

ココアはいつから~まとめ~

ココアはいつから飲めるのか悩んでいた方にとって、「9ヶ月からOK」というのは驚きですよね。
しかも、大人だけでなく子供にとっても、ココアは嬉しい効果をもたらしてくれるのです。

子供も喜ぶ美味しさで、健康をサポートする効果にも優れたココア。
ただし、過剰な摂取や間違えた取り入れ方は逆効果になってしまいます。
上手に取り入れ、赤ちゃんや子供の健やかな成長をサポートするために活用していきたいですね。

スポンサードリンク