ほくろ除去クリームの効果と通販や薬局で買えるおすすめランキング

スポンサードリンク

場所や大きさによっては、とても気になってしまう「ほくろ」。
除去するためには病院を訪れるしかないと思っていた方に、救世主のような存在として注目を集めているのが「ほくろ除去クリーム」です。

では、ほくろ除去クリームで本当にほくろを除去することは可能なのでしょうか?
その効果と、通販や薬局で買えるおすすめランキングを紹介していきます。

スポンサードリンク

ほくろ除去クリームの効果とは?

ほくろ除去クリームを使うにあたって、まず気になるのが「本当に効果があるのか?」という点ですよね。
これに関しては、「ほくろ除去クリームの質やほくろの状態によって効果の現れ方が違ってくる」ということが言えます。

ほくろ除去クリームの多くは、ほくろに塗布することで、カサブタを作り、これが剥がれると一緒にほくろもポロリと取れるという仕組みになっています。
皮膚を溶かしたり、お肌に軽い火傷のような状態を作ることで、ほくろを取り除いたり・・・といった仕組みのものが多いですね。
また、中には「ほくろに有効成分を吸収させることで根本から取り除く」という仕組みのクリームもあります。

「自宅でほくろが取れるって本当?」と疑ってしまう方も多いかもしれませんが、実は人気のほくろ除去クリームは、そのほとんどが、使用した方から「ほくろが取れた!」と効果実感の声が寄せられています。
それなりに効果が期待できるものが多いので、どうしても気になるほくろがあって、自宅で気軽にケアしたいという方は、試してみる価値ありですね。

ほくろ除去クリーム☆安全性は?

それなりの効果が期待できる「ほくろ除去クリーム」ですが、次に気になってしまうのが「安全性」ですよね。
ほくろを取り除くためには、皮膚を溶かしたり、焼いたりするものがほとんどなので、「絶対に安全」とは言い切れないのが現実です。

ほくろ以外の場所に使用すれば、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。
また、中には「ほくろは取れたけれど、シミが残ってしまった」「ほくろがイボ状になってしまった」という声もあるのです。

それから、ほくろ除去クリームには刺激の強いものもあり、使用時に痛みを感じる場合もあります。
お肌が弱い方が使用する際には、特に注意が必要ですね。

このように、セルフでのほくろ除去には、それなりのリスクが伴うことも忘れてはなりません。
顔の目立つ部分にあるほくろを除去したいのであれば、できればトラブルのリスクがあるほくろ除去クリームではなく、病院での施術を受けるようにした方が安心ですね。

通販や薬局で買えるおすすめランキング

ほくろ除去クリームの最大の魅力は、気軽に買うことができて、自宅で好きな時にほくろ除去ができるという点ですよね。
そこで、そんな通販などで買えるほくろ除去クリームの中でも、特におすすめのものをランキングにしていきます。

スポンサードリンク

1位:WMV(ワートモールヴァニッシュ)

WMV(ワートモールヴァニッシュ)は、天然のハーブを主原料としている安心の、フィリピン製ほくろ除去クリームです。
天然ハーブエキスがほくろに作用し、焼き取ることができます。

使い方もとても簡単で、消毒したほくろに、小さめにクリームを塗布し、20分ほど置いてから洗い流すだけです。
すると、カサブタができてきて、1~3週間ほどでカサブタが剥がれ、ほくろも取れます。
価格は10,000円くらいと、決して安くはありませんが、効果が高く、傷痕も残りにくいことから、大変人気があります。

ただし、こちらは国内の薬局では販売されていません。
大手の通販サイトでも取扱いがないので、個人輸入などを利用して入手してみましょう。

2位:ニッキーモールアウトクリーム

ニッキーモールアウトクリームは、フィリピン製のほくろ除去クリームで、ハーブエキスとフルーツエキスの有効成分がほくろに吸収されることで除去できる仕組みとなっています。
危険な成分が含まれていないのが、魅力的なポイントですね。

スクラッチ版とノースクラッチ版がありますが、使い方が簡単でお肌を傷つけるリスクが低いノースクラッチ版が断然おすすめです。
消毒したほくろにクリームを塗布し、浸透後に洗い流せば、1~2週間でほくろが取れます。

こちらは5,000円~10,000円くらいで購入できるので、比較的、リーズナブルなのも嬉しいですね。

3位:ウバイ精油膏

ウバイ精油膏は、台湾製のほくろ除去クリームです。
大変効果的にほくろ除去ができると評判のクリームですが、使い方がやや面倒なのと、痛みが伴うのが欠点と言えます。

まず、こちらの使い方ですが、爪楊枝を使ってほくろからはみ出さないように塗布し、5分置きます。
いったん水で流して、乾いたら、また同じようにほくろに塗布し、5分置きます。
さらに洗い流して乾いたら、もう1度塗布し、5分置いてから洗い流します。
1日で済ませることができますが、3回繰り返さなければならないのが、面倒に感じるかもしれません。

こうして使用したら、数週間でほくろがカサブタになって取れます。
ウバイ精油膏には回復パッドが付いてくるので、カサブタが取れた後に使用すれば、傷痕も気にならないくらいキレイに治る方が多いようです。
13,000円~16,000円程度の価格なので、決して安くはないですが、それだけの価値がありそうなほくろ除去クリームですね。

ウバイ精油膏は通販や薬局では手に入らないので、個人輸入で購入してみましょう!

基本的に、ほくろ除去クリームは薬局やドラッグストア、大手の通販サイトでは取扱いがありません。
なぜなら、ほくろの除去が医療行為にあたり、ほくろ除去クリームを国内の薬局やドラッグストアなどで販売することが禁止されているためです。

個人輸入などを上手に利用しながら、評判の良いほくろ除去クリームを手に入れてみましょう。

ほくろ除去クリームについて~まとめ~

ほくろ除去クリームは、驚くほど効果的にほくろを除去することができる、優れた商品も多数あります。
ただし、セルフでのほくろ除去は100%安全とは言い切れないこと、薬局や通販で気軽に購入できないことなどは知っておいた方が良いですね。
それでもどうしても使ってみたいという場合は、安全性に配慮されたものを選び、正しい使用方法を守りながら、ほくろ除去にチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク