日傘のuvカットの効果☆高いのはどんなタイプ?どのくらい持続する?

スポンサードリンク

紫外線対策に使えるアイテムの1つと言えば、日傘ですよね。
女性が使っているのを見ると、なんとなく品があって素敵に見えてしまったりします。

そんな日傘、uvカットの効果が高いものと言えば、どういったタイプなのでしょうか?
どうでならしっかり紫外線を防いでくれるものを選んでおきたいところです。

また、その効果がどの程度の期間、持続するのかも気になるポイントですね。
そこで、そんな日傘のuvカットの効果について紹介していきます。

日傘のuvカットの効果☆高いのは?

日傘のuvカットの効果が高いもの、という目的で選ぶとすれば、どういったデザインが良いのでしょうか?

まず、日傘の目的として、オシャレのため、涼しくするため、紫外線をカットするため、という3つのことが考えられますね。
これらの目的に合ったものを選んでいくことが必要になります。

オシャレのためであれば、レース地のものなどが素敵ですね。
見た目にも涼しげです。
ですがレースの場合、どうしても紫外線や日光を通してしまいやすいので、uvカットの効果という視点で見るとイマイチですし、涼しくもなりにくいですね。

それから涼しさのためであれば、白なら見た目が涼しそうに見えて素敵ですね。
白は熱を反射する色なので、傘が熱を持ちにくく、暑さを防ぐのにもピッタリです。
ただ、白は紫外線を通しやすいというデメリットもあります。

これらの点を考慮すると、やはりuvカットという効果に純粋に着目するのであれば、黒でしっかり紫外線も太陽光もカットしてくれるものが理想的であると言えますね。

また、日傘の中にもデザイン性の高い商品も存在します。
単色で黒や白ではなく、ツートンやボーダーなどになったタイプですね。
日傘には紫外線カット率が記載されていますが、実はこれは最も効果が高い部分について記載されたものです。
つまり、黒の部分はカット率99%でも、白など薄い色の部分はそこまで紫外線カットできていないということもあるのです。

そのため、できるだけ日傘は単色のものを購入した方が、uvカットという観点では正解であると言えるでしょう。

スポンサードリンク

日傘のuvカット効果☆どのくらい持つ?

日傘の多くは、紫外線カット加工が施された生地により作られています。
この加工が施されていれば、実は色はそれほど関係なく、何色の生地でもそれなりに効果を発揮してくれます。
ただし、この加工は決して永久的なものではないので、注意が必要です。

平均的な日傘の寿命は2~3年と言われ、これは日傘の生地が、紫外線にさらされることで傷んでしまうために、このような期限が設けられています。
日がよく当たる場所に物を置いておけば、色焼けなども起こりますよね。
これと同じことが日傘にも起こり、色が落ちたり焼けたりして、本来の効果を発揮できなくなったりするのです。

晴雨兼用の日傘などを用いて、雨の日にも使っていた場合などは特に、効果も落ちてしまいやすいので注意しましょう。

それから、日傘の寿命は生地によっても変わってきます。
uvコーティングが施されたタイプは安価ですが、コーティングが剥がれやすいので効果も持続しにくくなります。
生地にuvカット素材を練り込んであるものなら、高価ではありますが長持ちすると考えると良いでしょう。

日傘のuvカット効果☆復活させるには?

たった2~3年で日傘を買い替えるなんて、もったいないと感じる方も多いですよね。
では日傘のuvカット効果を復活させる方法はないのでしょうか?
実は、そんな裏ワザもあるのです。

それは、衣類に使用するuvカットスプレーを用いる方法ですね。
これを日傘の表面にスプレーすることにより、ある程度、効果が復活してくれます。

ただし、スプレーしていれば永遠に使えるのかと言えば、そういうわけではありません。
繊維が傷めば、隙間から紫外線が降り注いでくることもありますので、そうなると完全な寿命ですね。
また、色あせなどは防ぐことができませんので、色が落ちてきているものは、もう迷わず買い替えた方が良いでしょう。

日傘の効果を復活させるのは、あくまでも応急的な措置であり、完全に復活できる方法ではないということを覚えておきましょう。

まとめ

日傘のuvカットの効果は、選び方によって大きく異なってきます。
色や生地の厚み、どういったuvカット加工が行われているかなど、気になる点をしっかり確認しながら選んでいくことが大切ですね。
それから、寿命があることもしっかり理解し、適度な感覚で買い替えるようにしていきましょう。

スポンサードリンク