紫外線ケア☆肌に与えるダメージとは?成分は安全?パックは有効?

スポンサードリンク

日差しが強い夏になると、気になり始めるのが紫外線です。
この紫外線ケア、肌にダメージが無いのかどうか、不安になりますよね。
では、こういったケアができる化粧品には、どんな成分が配合されているのでしょうか?

それから、紫外線を浴びてしまった時には、できるだけ徹底したケアをして、後々に影響が残らないようにしたいものです。
では、パックというスペシャルケアは有効なのでしょうか?

そんな気になる紫外線ケアについて紹介していきます。

紫外線ケア☆肌へのダメージは?

紫外線というものは、お肌に深刻なダメージを与えることで知られています。
お肌の奥深くにまで到達し、真皮層を傷つけ、シミやシワなど改善が難しい肌悩みを引き起こしてしまうのです。
この光老化と言われる現象は、多くの女性にとって「どうにかしたい悩み」ですよね。

ですが、こういった光老化を防ぐために、必死で行う紫外線ケアもまた、肌にダメージを引き起こす可能性があると言われています。
では、紫外線ケアは肌にどのような影響をもたらすのでしょうか?

例えば定番の日焼け止めですが、これはSPFやPAの数値が高いものの場合、お肌をひどく乾燥させたり、強い刺激を与えてしまうということが分かっています。
さらに、毛穴を塞いで肌の状態を悪化させ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になったりもします。

特に日焼け止めをきちんと落とせていない時には、肌ダメージが深刻化します。
日焼け止めを使用する際には、その時の状況に合ったSPFやPAのものを選び、さらにクレンジングで丁寧に落すということを忘れてはなりません。

それから、紫外線ケアとして美白化粧品を使用する人も多いですね。
ですが美白化粧品に含まれる美白成分の中には、非常に刺激が強いものもあるので注意が必要です。

中には白斑を起こしてしまうようなものもありますので、正しい量と頻度で使っていかなければなりません。
お肌に合わないと感じたものは、すぐに使用を中止しましょう。

紫外線ケア☆成分の安全性は?

では、紫外線ケアの成分は安全性についてはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

まず日焼け止めに関してですが、これには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。
このうち、お肌へのダメージが強いと言われる成分は、紫外線吸収剤ですね。
刺激が強く、1度紫外線を受けて成分が変質すれば、それ以上吸収できなくなるというデメリットもあります。

お肌への優しさにこだわるのであれば、紫外線散乱剤を配合してあるものを選ぶ方が安心ですね。

それから、美白化粧品の成分も気になるところです。
例えばハイドロキノンは医療の現場でもシミ治療に用いられています。
これはイチゴなどにも含まれる身近な成分であるとは言われていますが、高濃度のものでは、刺激が強く、また白斑などを起こすリスクもゼロではありません。

基本的に化粧品に含まれるものに関しては、規定の範囲内となっており安心できます。
ですが過剰に使用すると、肌にトラブルを起こす恐れがあるので気を付けましょう。

それから、ビタミンC誘導体なども注目の美白成分の1つですね。
こちらも刺激がやや強く、お肌を乾燥させてしまうリスクがありますので、注意しながら使用していくことが大切です。

紫外線ケア☆パックは有効?

紫外線を浴びてしまった日には、少しでも将来の影響を軽減するために、必死の努力をしたくなりますね。
そんな時にやっておきたい方法の1つが、パックです。

紫外線ケアのパックは、美白成分と保湿成分を同時にお肌の奥深くに浸透させることができる方法、ということで注目度が高いですね。

化粧水などを塗布する場合、かなり気を付けてケアしなければ、ムラになってしまうこともあります。
その点、パックなら顔全体をムラなくケアすることができるので安心です。

お肌に密着させておくことで、成分をじっくり浸透させられるのも嬉しいですね。

ただし、このパックに関しては、自己流で行うのは避けた方が良いでしょう。
強い作用の美白成分を含む化粧水でコットンパックなどをすると、刺激が強くなる恐れがあります。
パックとして市販されているものを利用すると安心ですね。

それから、週に1~2回のケアを目安とし、過剰にならない注意も必要です。
日焼け直後は、お肌がデリケートになっているので避け、お肌が落ち着いた時に実践しましょう。

まとめ

紫外線ケアで肌にダメージを残さないためには、使用する化粧品選びや、ケアの方法など、色々な注意点があります。
自己流で実践して、取り返しのつかない事態になるのを防ぐために、しっかり正しい方法を理解し、美肌のためのケアを実践していきましょう。
成分の特性を知り、パックなどのスペシャルケアも時には取り入れながらきちんとケアしていくと、将来のシミやシワのリスクを大幅に軽減できますね。

スポンサードリンク