赤ちゃんの日焼け止めは必要?落とし方は!?舐めたらどうする?

スポンサードリンク

49643977_480x475

春も半ばになってくると、徐々に日差しも強くなり、日焼けが恐くなってきますよね。
そんな春には日焼け止めによる対策が重要になってきますが、赤ちゃんの場合はどうでしょうか?

紫外線による影響が懸念されている現代ですが、日焼け止めは赤ちゃんに必要なのか、疑問を感じている方も多いでしょう。
また、使った場合は落とし方はどうすれば良いのか、赤ちゃんが舐めた場合は大丈夫なのかなど、不安や疑問は後を尽きませんよね。

そこで、そんな赤ちゃんの日焼け止めについて紹介していきます。

日焼け止め☆赤ちゃんに必要?

赤ちゃんと言えば、「赤ちゃん肌」なんて言われるほどお肌がツルツルでしっとり、ふっくらしているイメージがありますよね。
ですが実は、このような状態でいられるのは、きちんとお手入れしている赤ちゃんだけなのです。
赤ちゃんのお肌は大人以上にデリケートで、すぐに乾燥したり、刺激によりかぶれたりと、トラブルを繰り返してしまいがちです。
清潔や保湿といったしっかりしたお手入れを続けることで、理想の赤ちゃん肌が保てるというわけですね。

では、日焼け止めは赤ちゃんに必要かどうかという点ですが、これはもちろん、紫外線という害からは守ってあげる必要があると言えます。
ただし、化粧品の日焼け止めを使用しても良い月齢というのは、皮膚科医の間でも見解が分かれる部分なので難しいですね。

基本的にはアレルギーが起こりやすい生後半年までは、使用は控えた方が良いとされています。
6ヶ月未満の赤ちゃんには、日差しが強い時間帯の外出を避けたり、羽織物などで紫外線による影響を予防することが正しい方法であると言えるでしょう。

過剰に紫外線対策をしすぎてしまうと、赤ちゃんのお肌にダメージを与える可能性もあります。
他の対策法と合わせながら、上手に活用していきましょう。

特に肌トラブルが起こっている部分に関しては、日焼け止めは使用せず、まずは肌トラブルを治すことから考えるようにしてください。
乳児湿疹等は、日焼け止めにより悪化する恐れもあります。

日焼け止め☆赤ちゃんの落とし方は?

大人なら日焼け止めは、メイクと一緒にクレンジングで落としてしまうという方が大半ですね。
では、そんな日焼け止め、赤ちゃんは落とし方はどうすれば良いのでしょうか?

これは、赤ちゃん用の日焼け止めの場合、大半が石鹸で落とせるタイプとなっていますので、クレンジング等は不要です。
まずベビー用の石鹸をよく泡立てます。
この泡を顔に乗せていき、湿らせて絞ったガーゼで、泡を優しく撫でて拭き取ります。

スポンサードリンク

これを、ガーゼを絞りながら3~5回程度繰り返すことで、日焼け止めを優しく落とすことができます。
できるだけゴシゴシこするようなことはせず、優しく拭き取ってあげましょう。

それから、中にはプール遊び用のウォータープルーフタイプの日焼け止めなどもありますね。
こういったものは、お肌に残ると刺激となりますので、専用のクレンジングシートなどで優しく拭き取ってあげると良いでしょう。
大人用のクレンジングは使用せず、あくまでも赤ちゃん用の安心なクレンジングシートを選んで使うようにしてください。

石鹸で落とせると書かれていても、実際に使用してみて、残っている感覚がある場合にも、クレンジングシートを用いて拭き取ってあげると良いですね。

日焼け止め☆赤ちゃんが舐めたらどうする?

赤ちゃんの場合、日焼け止めの使用に際して、もう1つ気になるところがあります。
それは、日焼け止めを赤ちゃんが舐めた場合の対処法です。

赤ちゃんは興味のあるものを何でも口に入れてしまいますから、日焼け止めを舐めてしまうということは十分に考えられますね。
お肌に塗布した後の日焼け止めを、ペロッと舐めたくらいなら、赤ちゃんの体には大した影響はないと考えて大丈夫です。
一口程度、飲んでしまっていたとしても、特に問題が無い場合が多く、経過観察しながら異常があれば病院へ、ということになります。

量の目安としては、日焼け止めを1g未満程度、口に入れたくらいなら、そこまで影響はない可能性が高いと言われています。
逆に緊急性のある量は、10g以上という大量摂取をしてしまった場合です。

ただし、少量でも体調がおかしくなることもありますので、これらはあくまでも目安と考え、赤ちゃんの様子を見ながら、おかしいと感じたらすぐに病院に行きましょう。

家庭でできる対処法は、赤ちゃんの口の中を清潔なガーゼなどで拭いて日焼け止めを取り除き、水などを飲ませて吐かせるといった方法になります。
これらはあくまでも応急処置ですので、その後、医療機関を受診するようにしてください。

何よりも重要なのは、日焼け止めを赤ちゃんの手が届くような場所に置いておかないことです。
手の届かない安全な場所に置いて、親がきちんと管理していきましょう。

まとめ

日焼け止めは赤ちゃんに必要かどうかというのは、赤ちゃんの月齢、肌状態、それからその日のお出かけ時の状況によっても変わってきます。
正しい使用方法や落とし方、保管方法などを徹底して、赤ちゃんが舐めた、なんて事故が起こらないようにしっかり、配慮してあげたいですね。
可愛い赤ちゃんのキレイなお肌を守るためにも、きちんと紫外線対策してあげましょう。

スポンサードリンク