uvカーディガンは効果はある?色や生地はどう選べば良い!?

スポンサードリンク

紫外線の強い夏には、徹底的に対策しておきたいですね。
そんな季節に、広範囲のお肌を紫外線から守ってくれる便利なアイテムが、uvカーディガンです。
羽織るだけで良いので、日焼け止めを塗るよりも断然、簡単に対策することができます。

ですが、そんなuvカーディガン、効果は本当にあるのでしょうか?
それから、色、生地の選び方によっても効果が左右されるのではないか、というのも気になるところですね。

そこで、そんなuvカーディガンについて、詳しくチェックしていきましょう。

uvカーディガンには効果はある?

まずuvカーディガンの効果についてですが、ただの薄手のカーディガンを羽織るだけでは、紫外線は容易に透過してしまいますので、ほぼ意味がないと考えた方が良いでしょう。

「衣類で覆われている部分は日焼けしにくいから、どんなものでも紫外線対策になるのでは?」という疑問を抱く方もいらっしゃいますね。
確かに、衣類で包み込まれている部分は、紫外線A波を防いでくれるので真っ黒に日焼けをするのは防ぎやすいですね。

ですが、B波については防ぐのは難しいのが現実です。
紫外線B波は、雲や窓でも透過してしまうような強力なものです。
そしてお肌の奥深く、真皮層にまで達して、将来のお肌にシミ・シワ・たるみを作り出す原因になってしまいます。

このB波を防ぐためには、uvカットの効果があるカーディガンを選ばなければなりません。
uvカーディガンとして販売されているものであれば、効果は期待できますので、利用してみる価値はあるでしょう。

紫外線対策は、主に春夏の気温が高い日に行いますね。
その特性上、uvカーディガンも薄手のものが多くなっています。
「薄いから効果がないのでは?」と不安になるかもしれませんが、そんなことはありません。
薄手でも、きちんとuv対策の加工が施されているものなら、しっかり対策に役立てることができるので安心しましょう。

uvカーディガン☆色や生地は?

紫外線B波の対策に、特にメリットが大きいuvカーディガン。
ですが、選び方も重要なポイントになります。

uvカーディガンの色は、効果を重視するなら、やはり黒や紺など濃い色合いのものが安心ですね。
uvカットの素材が使用されていない、ただのカーディガンで対策したいという場合でも、黒など紫外線を通しにくい色を選ぶと、効果が高まります。

ただ、黒など濃い色のものは、熱がこもりやすいという欠点もあります。
夏の暑い最中に黒のカーディガンというのは、熱がこもって暑いうえに、見た目にも暑苦しいですよね。

スポンサードリンク

実は黒など濃い色を選ばなくても、涼しげな色で紫外線をしっかりカットできる方法があります。
それは、uvカットの加工が施された生地のものを選ぶことです。

一般的に「uvカットカーディガン」として販売されているものは、そういった加工が施されています。
uvカーディガンの生地は、紫外線吸収剤を吸着させてあるか、光を乱反射する微粒子を、繊維の中に織り込んであるかの2種類があります。

リーズナブルなものは、紫外線吸収剤を吸着させてあるタイプですね。
この方法の場合には、洗濯によりuvカット効果が落ちてしまいますので注意が必要です。
1年程度が寿命と考えた方が良いでしょう。

それから光を乱反射するタイプは、長持ちするのが大きなメリットです。
しかも、このタイプは太陽光を反射するため、鏡効果で衣類の内部が涼しく保てるというメリットもあります。

少々、価格は高めになるかもしれませんが、こういったタイプのuvカーディガンを選んだ方が、結果的には満足度が高くなる可能性大ですね。

こういった生地を使用したものなら、夏らしいさわやかな色のカーディガンでも、しっかり紫外線対策ができるのもうれしいポイントです。

uvカーディガンの効果を落とさないために!

uvカーディガンは、生地に対する加工のおかげで、紫外線をしっかりカットしてくれる効果を発揮します。
ただ、やはり洗濯をすれば、その機能は徐々に低下してしまうのが現実です。
かといって、汗をかく夏に、ほとんど洗濯もせずに着用し続けるのは衛生的に良くありませんね。

生地に紫外線吸収剤を吸着させたタイプのものは、1年を目安に買い替えるようにしてください。
もし買い替えるのがもったいないというのであれば、uvカットスプレーを使うという方法もあります。
スプレーを吹きかけることにより、80%程度の紫外線カット効果が出ますので、これで一時的な対策をすることは可能です。

ただ、このスプレーにも欠点があります。
それは、衣類が持つ通気性を損なってしまう恐れがあるという点ですね。
つまり、uvカットスプレーをすると、せっかく涼しくて紫外線もカットできる素材であったカーディガンが、暑苦しい上着のようになってしまう可能性があるというわけです。

効果を持続させたい、何度も買い替えるのはイヤという場合には、繊維内にuvカットしてくれる粒子を織り込んだタイプを選んでおくのが正解ですね。

まとめ

uvカーディガンは正しく選んで正しく活用していけば、しっかり紫外線カットに効果を発揮してくれるものであるということが分かります。
お肌に深刻な影響をもたらすと言われる紫外線から、しっかり身を守るためにも、こういったアイテムを上手に活用していきたいですね!

スポンサードリンク