紫外線対策の帽子の効果はどの程度?しっかり対策するなら何色?

スポンサードリンク

49643977_480x475

帽子というと、おしゃれのためのアイテムというイメージが強いものですが、実はそれだけではありません。
このアイテムには、紫外線対策という大きな効果が期待できるのです。
ですが、頭にかぶるだけの帽子がどうして、紫外線の対策に役立つのか、よく分からないという方もいらっしゃいますよね。

そこで、そんな紫外線対策の帽子の効果をチェックしてみましょう。
また、色や素材など、できるだけしっかり対策できるものを選びたいですよね。
そんな選び方のポイントも紹介していきます。

紫外線対策☆帽子の効果は頭皮に!

人の体には、実は顔以上に紫外線の影響を大きく受けている部分があります。
それが、頭皮ですね。
この頭皮にしっかりとケアをしていくことで、多くの悩みやトラブルを防ぐことができるのです。

例えば女性にも多い、年齢と共に進行する薄毛悩み。
これにも紫外線は大きな悪影響を及ぼしています。
もちろん男性の薄毛にも、紫外線は良くありませんので、男性も帽子をかぶることで、極力、頭皮を紫外線にさらさないように気を付けていきたいですね。

「頭皮なら髪の毛で覆われているから大丈夫なのでは?」なんて考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、紫外線を甘く見てはいけません。
窓なども透過してしまう紫外線ですから、髪の毛で覆われていても、やはり頭皮に悪影響を及ぼしてしまう可能性は非常に高いのです。

さらに、帽子は髪の毛が傷むのを防ぐためにも役立ちます。
髪の毛に強い紫外線を受け続けると、傷んでパサパサになったりしてしまいますね。
そんな紫外線の害から髪と頭皮を守ってくれるのが、帽子なのです。

紫外線対策に帽子が効果を発揮する部位として、特に注目度の高い頭皮。
ここをしっかり守ってあげることで、白髪の進行を抑えることもでき、アンチエイジングにも役立つでしょう。

紫外線対策☆帽子の効果は目にも!

紫外線対策の帽子の効果は、意外なところでも発揮されます。
それが、目ですね。
日本人の目は平均的に黒い色をしており、元々からサングラスをかけているような状態で、紫外線には強いと言われています。
ですが欧米の方々を見ると、サングラスを日常的に使用している方が多く、紫外線による目への影響を懸念していることが分かります。

実際に、目を紫外線にさらしてしまうと、瞼裂斑や翼状片といった深刻な眼病を引き起こすリスクがあります。
これらの病気は、進行すると最悪の場合、失明に至る恐れもあるものなのです。

スポンサードリンク

さらに、目から入る紫外線は健康面だけでなく、美容面でも良くないことが分かっています。
目から紫外線を浴びることにより、「紫外線が入ってきた」と判断したお肌から、メラニン色素が生成されてしまいます。
つまり、顔の紫外線対策は万全なはずなのに、目を紫外線にさらしてしまうことで、シミができる恐れがあるのです。

そういった悪影響から目を守るために役立ってくれるのが、サングラスです。
ですがサングラスは、日本ではあまり馴染んでおらず、かけるのが恥ずかしいと感じる方が少なくありません。

そこで、サングラスほどではないものの、多少は紫外線カットに効果が期待できるものとして注目したいのがつばの広い帽子です。
つばの広い帽子は、目に入ってくる紫外線を約20%カットする効果が期待できると言われています。

目の健康を守るためにも、またお肌のシミを増やさないためにも、帽子は紫外線対策の必需品なのです。

紫外線対策☆帽子の色や素材の選び方

紫外線対策の帽子は色や素材も大きく効果に関係してくることが分かっています。
まず色ですが、これは多くの方がイメージする通り、濃い色のものほど紫外線カット効果が高いと言われています。
春先には爽やかな白やパステルカラーの帽子を着用したくなるかもしれませんが、紫外線対策という意味で言えば、最も効果的なのが黒です。
そして、濃いめの紺色や茶系の色となってきます。

薄い色は紫外線を通してしまいやすく、逆に濃い色は紫外線を吸収する力に優れています。
将来の頭皮や目のことを考えれば、黒い帽子をできるだけ、ちょっとした外出時にも用いるようにしたいですね。

それから、素材に関してもこだわると良いでしょう。
紫外線対策の際には、素材はポリエステルが最適です。
麦わら帽子など通気性の良いものは、どうしても紫外線も通りやすくなってしまいます。
暑苦しく感じられるかもしれませんが、ポリエステル素材の帽子で、紫外線を徹底防御してしまいましょう。

また、タイプとしては、頭皮だけを守るならニット帽などでも良いのですが、目を守るという意味では、やはりしっかりつばのついたものを選ぶ必要があります。
つばの広いハットやキャップなどを用いると良いですね。
サンバイザーなどは目の紫外線は防げますが、頭皮がさらされる状態になるので注意が必要です。

まとめ

紫外線対策の帽子は効果も意外と高く、しっかり役立ってくれるアイテムであるということがよく分かりました。
色や素材選び、タイプの選び方にもこだわって、コーディネートを楽しむと同時に、将来の自分のために、徹底した紫外線対策を実践しておきたいですね。

スポンサードリンク