日焼け止め☆ノンケミカルの意味は?アトピー肌でも使用可能?

スポンサードリンク

49643977_480x475

紫外線が徐々に強くなってくると、意識し始めるのは日焼け止めを使った紫外線対策ですよね。
巷には様々な日焼け止めが市販されていますが、正直、どれを選んだら良いのか分からないという方も少なくないでしょう。

例えば日焼け止めでノンケミカルの意味は一体どういうことなのか、ノンケミカルと書かれたものならアトピー肌でも使用可能なのかなど、疑問は尽きませんね。

そこで、そんな気になるUVクリーム選びのコツを紹介していきます。

日焼け止め☆ノンケミカルの意味

日焼け止めでノンケミカルの意味はどういうことなのかと言うと、これは紫外線吸収剤を使用しないもの、と言えます。
このようにざっくりとした説明を受けても、正直、意味が分からないという方も多いでしょう。

実は日焼け止めには、主に2つの種類があります。
1つは紫外線吸収剤が含まれるもので、化学物質により、紫外線をお肌の上で吸収することでお肌に届かないようにしてくれます。

紫外線をお肌の上で吸収する際に化学反応が起こり、熱エネルギーに変換するというタイプですが、この化学反応の際に、お肌に多大な負担がかかってしまいます。

これに対してノンケミカルと記載されているものは、紫外線吸収剤の代わりに、紫外線散乱剤を使用したものになります。
原料には金属や粘度を粉末状にしてあるものが使用されており、お肌の上で、紫外線を拡散させたり、反射させたりする働きがあります。

つまりノンケミカルの意味は、紫外線吸収剤を含まない、お肌に優しい日焼け止め、と考えると良いですね。
そのため、赤ちゃんや敏感肌の方向けの商品は、大半がノンケミカルという処方になっています。

日焼け止め☆ノンケミカルは意味がある?

お肌に優しい、という点だけをピックアップして見ると、ノンケミカルを選ぶ方が断然良いのではないか、と考える方も多いでしょう。
ですが、もちろん紫外線吸収剤を使用してあるものにも、そうでないものにも、それぞれにメリットとデメリットがありますので、この点はよく理解しておく必要があります。

まずノンケミカルのメリットはお肌に優しいという点ですね。
石鹸で落とせるタイプのものもあり、クレンジングの負担を減らすこともできます。

ただ、どうしても紫外線をカットする効果が低く、結局、日焼け止めでノンケミカルは意味があるのか?ということになってしまいます。
肌に馴染みにくく、白浮きしやすい紫外線散乱剤配合の日焼け止めは、どうしても紫外線に対する防御力が弱いのです。

スポンサードリンク

そして、この防御力を高めるために、粒子をナノ化して配合するという方法を採用しているアイテムもあります。
ですがその場合、金属のナノ化された粒子がお肌から、体内に侵入してしまう恐れがあり、これは安全性においての懸念がありますね。

このように、ノンケミカルは一見、低刺激で使いやすい日焼け止めという印象がありますが、同時にデメリットもあるということを忘れてはなりません。
上手にアイテム選びをし、うまく使い分けていくことが重要ですね。

日焼け止め☆ノンケミカルはアトピー肌に使える?

アトピーをお持ちの方は、敏感肌がひどく進行している状態であるとも考えられますね。
このような状態の場合には、日焼け止めは使いにくいアイテムですが、やはり紫外線の影響を受けると、肌状態が悪化するため、外出時にはきちんと対策をすることも大切です。

では日焼け止めでノンケミカルはアトピー肌にも使用できるのか、という点ですが、これは商品にもよるということを覚えておかなければなりません。
ケミカルはお肌の大敵という印象がありますが、実はそうとも言い切れないのです。

化粧品会社の研究もすすんでおり、今ではマイクロカプセルに紫外線吸収剤を包むことで、お肌に直接触れさせないような処方のものも登場してきています。
そういったものであれば、アトピー肌の方でも使用しやすいですし、紫外線の防御力も高いので安心です。

逆にノンケミカルタイプであっても、粒子がお肌の内部に入り込んでしまったり、防御力が足りないものの場合は、かえってお肌に負担をかけることになります。
ノンケミカルタイプで肌状態が悪化する、アトピー肌の方もいらっしゃいますので、「ノンケミカルだから大丈夫」と信じてしまうのは避けた方が良いと言えるでしょう。

まずは少量をパッチテストしてみて、自分のお肌に合うかどうか、確認したうえで、ケミカルの有無に関わらず、信頼できる安心な日焼け止めを選ぶようにしてみましょう。

まとめ

日焼け止めのノンケミカルの意味は、紫外線吸収剤の代わりに紫外線散乱剤を使用したもの。
このように、大きな違いのある2つの種類ではありますが、どちらがお肌に本当の意味で優しいのかは、一概には言えないということが分かりますね。
信頼できるメーカーが、本当にお肌への優しさを十分に考えて製造しているアイテムを選び、上手に活用していきましょう。

スポンサードリンク