玄関タイルを掃除してきれいに!コツをつかんで美しい玄関を保つ

スポンサードリンク

玄関はお客様を迎える部分でもあり、特にキレイにしておきたいものですよね。
ですが、特に玄関タイルは土足で入るところでもあるため、どうしても汚れてしまうのが困ったところです。

そこで、そんな玄関タイルをきれいに保つための掃除のコツを紹介していきます。

スポンサードリンク

玄関タイルの掃除☆汚れの原因は?

玄関タイルの掃除をする前に、まずは「なぜ、玄関タイルが汚れるのか?」「どんな性質の汚れなのか?」ということを知っておきたいですね。
これを知ることで、汚れの性質に合った掃除をすることができますし、できるだけ汚れないよう、予防していくことも可能になります。

まず玄関タイルの汚れの原因ですが、主なものとしては砂埃や土埃が挙げられます。
玄関タイルの部分は、どうしても土足で入ってきたりするため、これらの汚れも入ってきやすいのです。

また、雨が降った日には、泥汚れも入ってきます。
泥はこびりつきやすいので、これが乾いてしまうと掃除が大変になりますし、見た目にも汚くなってしまいますね。

それから、実は玄関の汚れには、排気ガスなどが原因のものもあります。
車通りの多い道に面した玄関などでは、排気ガスによる汚れも溜まりやすいのです。

他にも、髪の毛や糸くずなど、様々な家庭の汚れも玄関に溜まってくることがあります。
このように、玄関には様々な種類の汚れがあるのですね。

玄関タイルの掃除のコツ☆準備

玄関タイルをきれいに掃除するためのコツとして、まず挙げられるのは「しっかり準備をすること」です。
準備をすることで効率的に、楽に掃除を済ませることができますし、いろいろな汚れを隅々まで落として、よりきれいに仕上げることができます。

準備として、まず大切なのは「玄関に置いてあるものを撤去すること」ですね。
玄関に靴や傘立てなどの「物」がある状態で掃除をすると、隙間に埃などが残ったままになっていて、せっかく掃除してもまた、すぐに汚れてしまいやすい状態になります。
また、物を置いたままだと水を流すこともできないので、徹底的にきれいに掃除するのも難しいですね。
玄関に置いてある物を撤去する際には、靴や傘立てなどに付いた埃も同時に落としておくと、後で元通りにした時に玄関を汚すのを防げます。

スポンサードリンク

それから、玄関タイルの掃除に洗剤を使用する場合には、洗剤を目立たない部分で1度試してみましょう。
変色などの問題が起こらないようなら、使用可能です。
材質によっては洗剤が合わないこともあるので、広範囲に使用する前に確かめておくことが大切ですね。

玄関タイルの掃除のコツ☆実践

玄関タイルの掃除の準備が整ったら、次は実践です。
ここで重要なコツと言えるのが、「掃除の手順」ですね。
順番に行っていくことで、より効率良くキレイにすることができます。

・手順1:埃やごみを掃き出す
ほうきで埃やごみを掃き出すと、それだけでも玄関がきれいになります。
特に玄関タイルの水などに入っている汚れは、しっかり掃き出しておきましょう。

・手順2:掃除機で吸い取る
次にほうきで掃ききれなかった汚れを、掃除機で吸いこんでしまいます。
ドア枠の溝などは掃除機を使えば楽にきれいにすることができます。

・手順3:水を撒いてゴシゴシ
仕上げに玄関タイルを水で濡らし、デッキブラシなどを使ってゴシゴシこすります。
これで泥汚れなども落とすことができます。
泥が落ちたら、もう1度水でしっかり洗い流しておきましょう。

・手順4:乾かす
せっかく掃除しても、玄関タイルが濡れたままだと、余計に汚れがこびりつきやすくなります。
雑巾などで軽く拭き取っておき、早く乾燥させておきましょう。

このような手順で玄関掃除を行うと、効率的に、しかもきれいに仕上げることができます。
いきなり水で流すのではなく、最初にほうきや掃除機を使って、大まかな汚れを取っておくのがコツですね。
ほうきで掃くのはとても簡単なので、この手順だけでもこまめにやっておくと、汚れが溜まりにくくなり、大掃除の大変さが軽減されますよ!

玄関タイルの掃除について~まとめ~

玄関タイルの掃除は、ほうきや掃除機、デッキブラシといった道具を使えば意外と簡単に汚れを落とせ、とてもきれいに仕上げることができます。
ただ、物を撤去したり、あれこれ道具を出したり、乾燥させたりと、なかなか大変なイメージもありますよね。
そんな玄関掃除の苦労を減らすためにも、日頃からできるだけ汚れを溜め込まないよう、こまめに掃き出しておくことが大切ですね。

スポンサードリンク