部屋の窓ガラスは意外と簡単!コツを知っていつもきれいな窓に

スポンサードリンク

部屋の窓ガラスが曇っていたり、汚れが目立っていたりすると、それだけで清潔感のないお部屋に見えてしまいますよね。
「でも、窓掃除は面倒だし、大掃除の時でいいかな・・・」なんて考えていませんか?

実はそんな部屋の窓ガラスの掃除、意外と簡単にできてしまいます。
コツを知って、簡単な掃除方法で、いつもきれいな状態の窓を維持できるように頑張ってみましょう!

スポンサードリンク

部屋の窓ガラスの掃除☆新聞紙を使えば簡単!

部屋の窓ガラスの掃除を簡単に済ませたいなら、おすすめなのは新聞紙を用いた掃除方法です。
わざわざガラス用のクリーナーと雑巾を用意して、雑巾を絞りながら掃除・・・というのは面倒ですよね。
しかも拭き跡が残ってしまったりして、思うようにキレイにならないこともあります。

その点、新聞紙なら使った後は捨てるだけなので、とっても簡単です。
また、新聞紙にはインクが含まれており、これには油分が含まれています。
そして、この油分が手垢などを分解してくれるので、洗剤を使わなくても窓ガラスをキレイにすることができてしまうのです。
この新聞紙の油分には、窓ガラスのツヤを出してくれる効果も期待できます。

そんな新聞紙を用いた窓ガラスの掃除方法ですが、まず窓に結露などで水滴がついていないかどうか確認してみましょう。
結露があるようであれば、丸めた新聞紙で、そのまま拭いてしまいます。

もし水滴がついていないのであれば、丸めた新聞紙を軽く濡らしてから拭いていきましょう。
仕上げに乾いた新聞紙で拭きあげるのがコツで、これをすると、よりきれいになります。

必要なのは水と新聞紙だけなので、これなら簡単に、いつでも気軽に窓掃除ができてしまいますね!

スポンサードリンク

部屋の窓ガラスの掃除☆外側もきれいに!

窓ガラスは内側と外側、両方をきれいにしないと、汚れが目立ってしまいます。
窓ガラスを掃除する手順にはコツがあり、まず外側を掃除してから、内側を掃除する方法がおすすめです。
これは、外側の目立つ汚れを先に落としておいた方が、内側の手垢などの汚れに気付きやすくなるためです。

窓ガラスは外側も新聞紙できれいにすることができますが、外は特に砂埃などの汚れが付いている可能性が高いので、事前にモップや刷毛などを使って大まかな汚れを落としておいた方が良いでしょう。
また、汚れがひどい場合には、新聞紙ではなく洗剤を使って掃除をするもの良いですね。

ガラス用洗剤はガラスに直接拭きかけるとムラになりやすいので、雑巾に拭きかけてから窓ガラスを拭くようにしてください。
次に水で濡らした雑巾で拭き、仕上げに乾いた雑巾で拭けば、跡が残らずキレイに仕上がります。

洗剤を使った方法はやや面倒なので、できるだけこまめに窓ガラスを掃除することで、新聞紙でもしっかりキレイを維持できるようにしておきたいですね。

部屋の窓ガラスの掃除☆サッシや網戸も!

部屋の窓ガラスの掃除では、せっかく窓ガラス自体がきれいになっても、サッシや網戸が汚れていると残念な感じになってしまいます。
サッシや網戸までしっかりきれいにしておきましょう!

まずサッシの掃除ですが、これは大変面倒なイメージがありますよね。
ですが、割り箸にキッチンペーパーを巻き付け、湿らせたものを使えば隙間の汚れも簡単にきれいにできます。

それから網戸は、外側から新聞紙を貼り付けて、内側から掃除機をかけると、目に詰まった埃を取り除くことができます。
網戸ワイパーなどの原理なグッズもありますので、こういったものを活用してみるのもアリですね。
時間のある時には、網戸を外して水洗いすると、よりきれいになります。

部屋の窓ガラスの掃除~まとめ~

部屋の窓ガラスを掃除するとなると、つい構えてしまいがちですが、実はコツを知れば、方法は意外と簡単です。
長い間放置しておくと、その分、汚れが溜まって掃除にも手間がかかってしまいます。
できるだけこまめに、工夫しながら簡単な方法で、窓ガラスやサッシ、網戸などを清潔にしておきましょう!

スポンサードリンク