顔汗対策おすすめ方法まとめ!使える顔汗対策グッズをご紹介!

スポンサードリンク

夏の暑い日や運動をした後などは、顔にもたっぷりの汗をかいてしまいますよね。
ですが、特に女性の場合は顔に汗をたくさんかいてしまうと、「メイクが崩れてしまう!」なんて慌てることも多いのではないでしょうか?

そこで、そんな顔汗対策のおすすめ方法をまとめてみました!
使える顔汗対策グッズも併せて紹介していきますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

顔汗対策おすすめ方法☆圧迫する

顔汗対策で、まずおすすめの方法として挙げられるのが「圧迫する」という方法です。
人の体は、圧迫すると、その部分の発汗が抑えられるという性質を持っています。
顔汗対策なら、ワキの下、胸などの部分を圧迫すると、上半身の汗を抑えることができます。

圧迫の方法ですが、女性なら下着を少し強めに締めて着用する、といった方法があります。
ですが、これだと「ちょっと苦しい」と感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめの「顔汗対策グッズ」が、「汗止め帯」というバンドです。
このバンドを胸の上に装着すると、顔汗が軽減されます。
お肌にも優しい素材で作られているので、安心して使用できますね。
さらに突起が付いており、これが汗を抑えるツボを刺激してくれます。

ただし、大量の汗をかいてしまう方の場合は、この圧迫する方法では顔汗を抑えきれないこともあります。
また、長時間使用すると汗腺機能を悪化させてしまう恐れもあるため、注意が必要です。

顔汗対策おすすめ方法☆首を冷やす

次に、顔汗対策でおすすめの方法が「首を冷やす」という方法です。
汗をかく原因には、温熱性の発汗と、精神性の発汗、味覚性の発汗という、主に3つのものが考えられます。
このうち、温熱性の発汗は「暑い時」「体が温まった時」に汗が出てしまうことを言います。

スポンサードリンク

そんな温熱性の発汗を抑える対策としておすすめなのが、首を冷やす方法なのです。
首には太い血管が通っており、しかも皮膚の表面側に存在しています。
そのため、ここを冷やすことで効率的に全身に巡る血液を冷やすことができます。
そうして体を冷やせば、暑さのために出ている顔汗を抑えることができるというわけです。

首を冷やす方法としては、保冷剤などをタオルでくるみ、首に当てる方法が挙げられます。
また、首を冷やすのに便利な、首にかけたり巻いたりして使えるグッズも販売されています。
こういったものを上手に使ってみると良いですね。

厳しい暑さで顔汗が止まらない時には、ヒンヤリグッズを利用して、首を冷やして汗を抑えましょう!

顔汗対策おすすめ方法☆制汗剤を使う

顔汗対策でおすすめの、気軽にできる方法の1つが「制汗剤の使用」です。
制汗剤と言っても、ワキなどに使用するものを、そのまま顔に使うというわけではありません。
ワキ用の制汗剤の多くは毛穴を塞ぐ作用のある「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分を含んでおり、これは顔には使用できないので注意してください。

そこでおすすめなのが、顔専用の制汗剤です。
「Salafe+(サラフェプラス)」というジェルクリームは、顔専用の制汗剤で、美容成分もたっぷり含まれています。
パラベンや合成着色料などの不安な成分は一切含まれていないので、安心して使用できるのも大きな魅力です。

こちらの制汗剤には、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という有効成分が含まれています。
これが毛穴の奥で汗が作られる量を減らしてくれる作用がありますので、顔汗対策にはピッタリですね。

このジェルクリームは、朝塗れば夜まで1日中、汗を抑える効果を発揮してくれます。
メイクの下地としても使用できるので、大変便利ですね。

顔汗対策におすすめの方法~まとめ~

顔汗対策には、圧迫したり冷やしたりと、様々な方法があります。
どの方法が効果的なのかは、汗をかく量や状況によっても変わってきます。

顔汗対策に嬉しい効果を発揮してくれる、魅力的なグッズは多数ありますので、ご自身のライフスタイルや体質に合わせて、「コレ!」というものを活用して、顔汗対策をしてみましょう!

スポンサードリンク