結婚式の服装☆上着はどんなものが良い?行くまでなら何でもOK?

スポンサードリンク

50811448_480x480

結婚式の服装には、イロイロと守るべきマナーがありますよね。
白はダメ、ビジネスやカジュアルなスタイルはNGなど、こういった決まり事をきちんと守れていないと、常識のない人と思われてしまいかねません。

そんな結婚式の服装で上着の場合には、どういったマナーがあるのか、気になるところですよね。
春と言えばまだまだ肌寒い日もある季節。
必須となってくる上着ですが、どんなアイテムを選べば良いのでしょうか?

行くまでなら何でも良いのか、はたまた、やっぱり式場に着くまでの服装までチェックされてしまうものなのか・・・
そんな風に悩む人に向けて、慣れない結婚式で恥をかかないためのマナーについて紹介していきます。

結婚式の服装☆上着でNGなもの

結婚式の服装で上着を選ぶ際に、まず避けなければならないものを知っておくと良いでしょう。
1つ目に、ファーです。
結婚式はおめでたい席。
そんな席で、殺生をイメージさせるファーは御法度とされています。

外で脱ぐのであればOKという式場はありますが、それでも毛ゴミなどが付着することを考慮しても、やはり避けた方が無難であると言えますね。
春の結婚式ですと、ファー素材も不向きになってくるでしょう。

それから、白のアイテムは、上着としても使用しない方が良いとされています。
厳しい式場であれば、上着に白のコートを着用してきただけで、式場に入れてもらえなかったという例もあります。
脱ぐのであれば問題ないと考えるかもしれませんが、周囲の目もありますので、あえて白を選ぶ必要はないでしょう。
上着には無難な黒やグレー、茶色、パステルカラーなどの上品な色を選ぶようにしましょう。

結婚式の服装☆上着でおすすめは?

では、結婚式の服装で上着としておすすめなものはどういったものでしょうか?
やはり春先という季節であれば、この季節に合うカーディガンやボレロなどが人気ですね。
特にボレロは、上品な印象で、式場でも羽織ったままで過ごすことができるのでおすすめです。

スポンサードリンク

ドレスにも合わせやすいデザインのものが豊富に展開されていますね。
テーブルに座ってお料理をいただいたりもしますので、できるだけ袖が邪魔にならないようなデザインを選んでおくと安心です。
カーディガンなどはカジュアルな印象のものも多いので、そういった場合には式場では脱いだ方が良いでしょう。

また、ショールを羽織るという方法もあります。
ただ、ショールは邪魔になってしまうこともありますので、慣れない方は使用しない方が無難です。

脱ぐつもりで上着を着用して行った場合には、これを脱いでクロークに預けるということも守るべきマナーの1つです。
持ったままで参列するのはマナー違反になりますので注意しましょう。

結婚式の服装☆行くまでは?

結婚式の服装で行くまで、つまり会場に到着するまではどうすれば良いのか、という点で悩まされる方も少なくありません。
男性ならスーツのままで公共の交通期間を利用することもできるかもしれませんが、女性の場合は露出度高めのドレスが大半。
そんなドレススタイルで電車などに乗るのは抵抗を感じる方も多いでしょう。

そこで、春ならちょっとしたカーディガンやトレンチコートなどを羽織って、露出を控えるようにするのがオススメです。
中には式場に行くドレスそのまま、という方もいらっしゃいますが、やはり注目されますし、露出が多いファッションは危険でもありますので、少し露出を抑えるための工夫をしておきましょう。

公共の交通機関を利用する場合には、上着はカジュアルなものを使用してみるのも良いでしょう。
カジュアルなトレンチコートで前ボタンをしめてしまえば、ドレスが一切見えなくなり、普段着と変わらないスタイルになることも可能です。
そうして着用していったカジュアルな上着は、必ず式場のクロークにきちんと預けましょう。

ただし、このような上着を着用していく場合には、特に式場に到着する時刻には注意が必要です。
できるだけ早めに到着して、余裕をもってクロークに預けられるようにしておきたいですね。

まとめ

結婚式の服装で上着や行くまでの決まりというのは、あまり意識しないかもしれません。
徐々にこういったマナーの意識も薄れてきていますので、中には特にこだわる必要が無いと考える方もいらっしゃるでしょう。
ですが、やはりこういった細かな点まできちんとマナーを守っていたほうが、スマートで素敵な印象になります。
上着選びにもしっかりこだわって素敵女子を目指しましょう!

スポンサードリンク