結婚式のバッグ☆大きめでもOK?どんなアイテムを選べば良い?

スポンサードリンク

50811448_480x480

結婚式には華やかなドレスをまとって訪れますよね。
普段はなかなか身につけることのないドレス。
なので、何を合わせれば良いのか分からず、戸惑ってしまう方も多いでしょう。

特にバッグ選びは難しく感じられるポイントで、ドレスに合わせるなら小ぶりなものの方が良いのではないか、と迷ってしまいますよね。
では、結婚式のバッグに大きめサイズの物はマナーとしてどうなのでしょうか?
もしドレスに合わせるなら、どんなアイテムを選ぶべきなのか、というのも気になるところですね。

結婚式のバッグ☆大きめは良い?

まずはマナーとして、結婚式のバッグは大きめでも良いとされているのかどうか、という点ですね。
一般的に、大きめのバッグというとビジネスやカジュアルな場面で使用する印象があるものが大半です。
大きなトートバッグやリュックといったものは、結婚式向けではありませんね。

結婚式ではバッグも共に持ち歩いて式場で2人が誓いあうシーンを見たり、写真を撮影したりします。
さらに披露宴では、テーブルを何人かで囲んで食事をしながら楽しむということになりますね。
ですがこの時、大きなバッグを持ち歩いたり、邪魔になるところに置いておくのはマナー違反です。
そのため、結婚式のバッグは小ぶりで、邪魔にならないものを選ぶのがマナーであると言えます。

つまり基本的には、カジュアル、ビジネスの印象があるバッグは、こういった場面には向かないということです。
大きいことがダメというわけではありませんが、TPOに応じたものを選ぶ必要がある、という点は忘れてはなりませんね。

結婚式のバッグ☆大きめがOKな場合は?

基本的には、ドレスに合った上品なバッグをセレクトするのがマナーである結婚式。
ですが、結婚式のバッグに大きめがOKかどうか、という点はケースバイケースであり、時にはOKとされるシーンもあります。
例えば、小さな子供を連れて訪れる結婚式ですね。

スポンサードリンク

小さな子供がいると、おむつやミルク、着替えなど、どうしても荷物が多くなってしまいます。
そんな時には大きめのバッグを持参しても、誰も咎めることはないでしょう。
ただし、いくら子供がいるからと言っても、そのおむつやミルク、着替えが入った大きなバッグを、式場まで持ち歩くのはかっこ悪いですね。
これは、サブバッグに入れておき、ロッカーなどに置いて、必要な時だけ中身を取り出しに行く、という方法で利用した方がスマートです。

結婚式のバッグの中に、メイク道具なども入れると、かなりいっぱいいっぱいな状況になってしまうこともあります。
満タンのバッグを持ち歩くのも、恥ずかしいものですので、どうしてもバッグがパンパンになるほど荷物が多いという場合にも、やや大きめのバッグを選ぶか、あるいはサブバッグを持参してロッカー等に預けておきましょう。

結婚式のバッグ☆大きめを選ぶなら?

結婚式のバッグで大きめを選ぶなら、デザインにこだわることが大切です。
カジュアル、ビジネスはこういったシーンに用いるべきではありませんから、大きめのサイズであっても、フォーマル感のある、上品で華やかなデザインのものを選びましょう。

例えばビジューやビーズがあしらわれたものなどは、きらびやかで素敵ですよね。
大きめのマチが付いたバッグで、大容量なのに結婚式のドレスにもピッタリ合うデザインのもの、とうのは案外イロイロあるものです。

例えばがま口タイプのバッグなどは、外観からは想像もできないほどたくさんの荷物を収納してくれます。
また大きめのクラッチトートのようなデザインのバッグも素敵で、デザインによってはドレスにも合わせやすくなっています。

大きいからドレスには合わせられないというわけではありません。
きちんと結婚式のシーンに合ったものを選べば、大きめサイズでもマナー違反ではなく、きちんとしたスタイルに仕上げてくれますね。
こういったバッグ選びで不安が大きいという場合には、通販ではなく、専門店で手にとって確かめながら、スタッフのアドバイスを受けながら選ぶと安心です。

まとめ

結婚式のバッグに大きめは、絶対になし!というわけではなさそうです。
大切なのはサイズ以上に、そのシーンに合った適切なふるまいができるファッションであるかどうかという点ですね。
上品で素敵なデザインで、機能性にも優れたバッグをセレクトして、結婚式を楽しみましょう!

スポンサードリンク