潮干狩り☆千葉で無料で楽しめる穴場と言えば?時期はいつ頃?

スポンサードリンク

52050656_480x395

暖かい気候になると、何かとレジャーを楽しみたくなってきますよね。
そんなこの季節に、特に人気の高いレジャーの1つと言えば、潮干狩りです。

では、そんな潮干狩り、千葉で無料で楽しめる穴場スポットはあるのでしょうか?
無料ならぜひ行ってみたい!という方も多いでしょう。

そこで、そんな穴場スポットと共に、おすすめの時期についても併せて紹介していきます。

千葉で潮干狩り☆無料でできる場所は?

海に面している県、千葉県では、潮干狩りが楽しめるスポットも多数あります。
そんな千葉の潮干狩りが無料で楽しめる場所というのは、それほど多くはありませんが、実は存在するのです。

例えば千葉県のポートパーク。
こちらは人工ビーチとなっており、無料であさりやバカガイといった貝を採取することができます。
さらに嬉しいことに、こちらは駐車場も無料で利用できてしまいます。

それから、稲毛海浜公園。
こちらは長さ約3キロにもなる人口の海浜が広がっており、広々としているのが嬉しいですね。
あさり、バカガイ、マテガイなどが無料で採取できるスポットです。
ただし駐車場に関しては有料となっています。

また、九十九里の豊海海岸も見逃せないポイントです。
ハマグリやマテガイなどが採取でき、こちらも駐車料金のみで楽しめます。

さらに、意外な穴場スポットとも言えるのが江戸川放水路です。
こちらはあさり、バカガイ以外にも、シオフキやマテガイなど、様々な種類の貝が生息しています。

ただしトイレは無く、利用したい場合には近くのコンビニに駆け込むことになります。
駐車場も用意されていませんので、その点も注意が必要ですね。

千葉で潮干狩り☆無料で楽しむ際の注意点

千葉は潮干狩りを無料で楽しめるスポットがいくつかありますが、注意すべき点もあります。
まず、無料の場所というとは、あくまでも天然で育った貝が採取できる場所であるということを忘れないでください。
つまり、養殖した貝が採取できる有料の場所とは違い、どうしても貝が少なく、採取しにくい可能性が高いということです。
もちろん、運よくたくさん採取できることもあるかもしれませんので、そんな自然との闘いを楽しむのも面白いと考えて訪れると良いですね。

スポンサードリンク

それから、無料のスポットは自然に貝が繁殖しているわけですから、その点をよく考慮し、マナーを守って潮干狩りを楽しむことが大切です。
いくら無料だからと言って、乱獲してしまうと、他の方が採取できなくなったり、その場所の生態系を壊すことにもなりかねません。
自宅で食べられる分だけを採取するようにしましょう。

また、もちろん潮干狩り以外の観光客も大勢訪れるスポットが大半なので、そういった方々の迷惑にならないように気を付けることも大切ですね。
こういったマナーをきちんと守って、気持ち良く潮干狩りを楽しみましょう。

千葉で潮干狩り☆時期は?

千葉で潮干狩りをする時期ですが、これは無料のスポットでも有料のスポットでもだいたい同じで、4月上旬から8月下旬ごろとなっています。
特に5月頃は気候も良く、レジャーを楽しみやすい季節なのでおすすめです。

この時期には潮が引き、貝の採取に適した状態になりますので、ぜひ気軽に訪れてみましょう。
無料で採取が難しいスポットでも、潮がひいた砂浜で、子供たちと泥んこ遊びなどを楽しめるかもしれませんね。

また、この潮干狩りが楽しめる時期には、他にも様々な楽しみがあるスポットも登場します。
例えば稲毛海浜公園では、プールもありますし、フラワーミュージアム等もあり、様々な楽しみ方ができます。

それから、ポートパークに関しては、広い芝もあり、こちらで遊ぶこともできるので、1日満喫できますね。

まとめ

千葉県の潮干狩りが無料で楽しめるスポットは、いずれも色々なサービスが充実しており、安心して楽しめる場所です。
トイレやロッカー、シャワールームまで完備されている場所もあるので、こういったところも見逃せませんね!
潮干狩りに興味はあるけれど、有料の場所は高額過ぎるし・・・と悩んでいる方はぜひ、こういったスポットから始めてみてください。

スポンサードリンク