母の日のエプロン☆失礼にあたるのは本当?義母のプレゼントには?

スポンサードリンク

45625689_480x606

母の日と言えば、お花やエプロンなどの贈り物が定番ですよね。
ですが、実はそんな母の日のエプロン、失礼にあたるという説があるのです。
特に義母に贈るプレゼントとしては、母の日のエプロンは御法度なのだとか・・・

では、一体どうして、このような定番中の定番であるプレゼントが、NGと言われているのでしょうか?
気になるその背景に迫ってみましょう!

母の日のエプロン☆失礼なのはなぜ?

母の日のエプロンは失礼、ということを耳にして、冷や汗をかいている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
なぜなら、母の日に贈るプレゼントの中で、エプロンはまさに定番中の定番であり、これまで何度も贈った経験があるという方も多いからですね。
確かに、この日のプレゼントに迷ったら、とりあえず花、あるいはスイーツ、あるいはエプロンで良いだろう、と考えるのが一般的ですね。

ですが、なぜこの母の日のエプロンというのが、失礼にあたる物になってしまうのでしょうか?
それは。実はエプロンのプレゼントというものには、意味が込められているからなのですね。

その意味というのが、「もっと働きなさい」です。
そのため、これは目上の方に対して贈るプレゼントとしては、大変失礼にあたるものとなってしまいます。

特に相手が義母の場合には、このエプロンというプレゼントに対して、イラっときてしまうかもしれませんね。
あるいは、「意味も分からず贈っている非常識な嫁」なんてイメージを持たれてしまうかもしれません。

そのため、定番であるとは言っても、やはり母の日にエプロンを贈るのは大変失礼で、避けた方が良いことなのです。
義母との関係をうまく保ちたいのであれば、ちょっとしたお花などを贈った方が無難でしょう。

母の日のエプロン☆失礼ではないケース

母の日のエプロンは失礼なプレゼント、とは言っても、これはケースバイケースと考えた方が良いでしょう。
確かに意味を知っていて、わざと贈るようなことをすれば大変失礼ですし、相手が意味を分かっていて、こちらが何も知らずに贈ってしまったというのも失礼ですね。
ですが、母の日のプレゼントは、状況次第では喜んでもらえる素敵なプレゼントになります。

スポンサードリンク

例えば、お母さんが欲しがっているエプロンがある場合、好きなブランドがある場合などには、それを選んでプレゼントすれば、きっと相手も素直に喜んでくれるでしょう。
どうしても込められた意味が気になるなら、「エプロンには、もっと働きなさいという意味があるらしいけど、そんなつもりじゃないから」と断っておくのも良いですね。
特に実母のように気の知れた間柄なら、失礼かどうか、なんてことは深く考えず、素直に自分の子供からもらったプレゼントとして、喜んで受け取ってくれるでしょう。

母の日のプレゼントにエプロンを選ぶのは、決して間違えた選択肢ではありません。
実際に、様々なショップで「母の日にエプロン!」と宣伝していますね。
深く考えてしまう相手に対して、趣味に合わないものをプレゼントするのはダメですが、相手が心から喜んでくれそうなものだと感じるなら、エプロンを選ぶのも良いでしょう。

母の日のエプロン☆失礼な物は他にも!

母の日のエプロンが失礼、と聞くと、他にも知らず知らずに贈ってしまっている、失礼なプレゼントがあるのではないかと不安になりますよね。
実は、意外とこれも色々あるのです。

例えばカーネーションですが、これは定番中の定番で、贈る方も多いでしょう。
赤やピンク色なら間違いありませんが、実は白のカーネーションは、亡くなった母への贈り物になります。
そのため、元気な母に贈るのは御法度です。

それから、櫛もNGなプレゼントになります。
櫛は「苦」「死」を連想させるということで、不吉であることから、プレゼントとしては避けた方が良いものなのです。

それから、靴下やスリッパなどの贈り物も人気がありますが、これは踏みつけるということを連想させます。
こちらも、目上の方への贈り物としては不適切ということになります。

こういったことは、あまり気にしない方も多いですが、一応、頭に入れておくと、何げなく贈ったプレゼントで大失敗、という事態を防ぐことができますね。

まとめ

母の日にエプロンが失礼というのは、衝撃を受ける方も多いでしょう。
実際に何も知らずに贈っている方は非常に多いものです。
ですが大切なのは、相手が何を欲しているか、ですよね。
勝手に込められた意味よりも、自分自身が込めた気持ちを分かってもらえるように、言葉でもしっかり感謝の気持ちを伝えながら贈るようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク