uvのサンバイザー☆効果はあるの?透明でも紫外線カットできる?

スポンサードリンク

紫外線対策を考える方の間で、根強い人気のアイテムと言えばサンバイザーですよね。
このuvのサンバイザー、効果は本当にあるのかどうか、不安になってしまう方も多いのではないでしょうか?

特に透明のサンバイザーの場合、いかにも光を通してしまいそうで、頼りない紫外線ケアに感じられてしまいますよね。

では、実際のところ、そんなuvサンバイザーの効果はどうなのか、チェックしていきましょう!

uvのサンバイザー☆効果はある?

まずはuvのサンバイザーの効果に関してですが、uvカットに着目したサンバイザーの場合、つばが非常に広いので、目や顔のお肌をしっかりガードする効果が期待できます。
紫外線カット効果が高い素材が用いられているものも多く、実験の結果によると、紫外線99%カットのアイテムで、なんと紫外線数値0という結果が出ており、その効果が確かであるということが分かります。

しかも可動式のものが多く、必要に応じて顔全体を覆うスタイルにすることもできるので、日焼けからはバッチリ守ってあげることができますね。

このサンバイザーは顔の日焼けから守ってくれるというだけでなく、目を守ってくれるという嬉しい効果も期待できます。
目に受ける紫外線は、眼病の原因にもなりますので、徹底対策しておきたいところですね。
サングラスはちょっと恥ずかしいという方も、思い切り開き直った印象のある、こちらのサンバイザーなら、意外と気軽に使えるかもしれません。

サングラスの場合「勘違いオシャレ?」という雰囲気にもなってしまいますが、このサンバイザーは明らかに紫外線対策。
「別におしゃれのためにやっているわけじゃない!本気で日焼けを防ぎたいから!」というメッセージが伝わってくる感じがして、逆に使いやすいですね。

uvのサンバイザー☆効果で気を付けるべき点

uvのサンバイザーは効果で気を付けるべき点もあります。

基本的に、サンバイザーというのは頭の部分を覆うことなく、つばだけが付いたスタイルですよね。
ですが、この時盲点となってしまっているのが頭皮です。

スポンサードリンク

実は頭皮という部分は、真上にあるために紫外線の影響を最も受けやすく、抜け毛や髪の毛の傷みなどにも繋がります。
そのため、できることなら頭皮部分もしっかり覆って、紫外線対策をしてあげたいのです。

ですがサンバイザーでは、それが難しいものが多いので、頭皮の紫外線対策という観点で言えば、帽子の方が優秀であると考えることができますね。

サンバイザーは、髪型を乱すことなく日焼けの対策ができる便利なアイテムです。
帽子は頭皮を守ることはできますが、髪型が崩れてしまうというデメリットもあります。

それらの点を理解しながら、それぞれのメリット・デメリットに合わせた使い方をしていくことが大切です。
例えば頭上の紫外線が遮られる車内での利用の際には、サンバイザーは大活躍してくれますね。
自転車や徒歩の場合には、帽子の方が有効であると言えるでしょう。

uvのサンバイザー☆透明でもOK?

uvのサンバイザーは、真っ黒のものが多いですが、中には完全に透明のものも存在しています。
可動式で顔の前まで持ってきた時、透明であれば視界が良好なので、目が疲れにくいというメリットがありますね。
ですが透明の場合、肝心の紫外線カット効果がどうなのか、というのも疑問に感じられるところです。

実は紫外線カットの素材を使用して作られている物に関しては、透明でも特に問題はありません。
色が無くても、しっかりカット効果を発揮してくれています。

ただ、やはり夏場になると日差しが大変強くなりますので、透明のものでは、まぶしさは防げないというデメリットもあります。
暗い色のものであれば、紫外線も日差しのまぶしさもしっかりカットして快適ですが、透明のものはまぶしさが感じられる分、目が疲れやすくなるかもしれません。

日焼けを防いでくれる効果に関しては、どちらも大きな違いはありませんが、目の疲れという観点から、どちらを選ぶべきか考えてみると良いでしょう。
ただし、だからと言って暗すぎる黒のものを選ぶと、視界が悪くなって瞳孔が開きやすくなるため、ますます目が疲れてしまうということもあります。
適度な色のものを選ぶことが大切ですね。

まとめ

uvのサンバイザーの効果は確かですが、形状による特性などを理解したうえで、シーンに応じた使い方をしていく必要があるということが分かります。
透明のものを選ぶか、暗い色のものを選ぶかといった点は、実際に店舗などで手に取り、視界を確かめながら購入を検討するのが安心ですね。
サンバイザーと帽子をうまく使い分けて、夏の紫外線を徹底防御していきましょう!

スポンサードリンク