長岡の花火☆2016の日程は?アクセスは?観覧場所はどこが良い?

スポンサードリンク

日本で三大花火大会の1つとして知られる長岡の花火。
実はこれは、空襲の翌年に始まった、慰霊と復興を願う花火大会です。
長岡まつりのメインイベントでもある、この花火大会は、1つ1つの花火に職人の想いが溢れているようで、多くのファンの心を捕らえて離さないイベントとなっています。

そんな長岡の花火、2016年の日程はどうなっているのでしょうか?
それから、アクセスやおすすめの観覧場所などもチェックしておきたいところですね。

そこで、気になる長岡の花火大会について、情報を紹介していきます。

長岡の花火☆2016年日程は?

長岡まつりは、日程は毎年決まっており、8月1日に前夜祭があった後に、2日、3日に本祭りが開催されます。
そしてメインのイベント、花火大会に関しては、2日~3日にかけて2日間実施されるものとなっています。

そんな長岡の花火、2016年の日程も、例年通り8月2日と3日が予定されています。
今回は火曜日、水曜日になりますので、平日ですね。
ただし、日本三大花火大会に数えられるだけのことがあり、平日でも人出はかなり多くなることが予想されます。

特に宿泊を伴って鑑賞しに行く場合には、できるだけ早く予約を入れておかないと、ホテルなどがいっぱいになってしまう可能性があるので要注意です。

ちなみに悪天候の場合に関しては、順延が未定なので、問い合わせてみましょう。
開催時間は両日とも、19時25分~21時10分となっています。
長時間、美しい花火が空を彩り続ける様は、まさに見ものですね。
2日間で合計、約20,000発もの花火が打ち上げられますので、目が離せません!

長岡の花火☆アクセスは?

長岡の花火のアクセスは、電車でも車でも訪れることができますが、決して便利ではないので覚悟しておきましょう。
電車の場合は、JR長岡駅から徒歩30分となっており、かなり歩く必要があります。
また車の場合は、関越道長岡ICから車で20分程度です。
駐車場は、無料で5,000台程度、優良は1,300台程度が用意されていますが、競争率が高いので気を付けましょう。

スポンサードリンク

この花火大会は、毎年90万人を超えるほどの多くの人出で賑わいます。
そのため、合計6,300台程度の駐車場には入れない可能性が高いと考えた方が良いのです。

それから、駐車場からは無料シャトルバスが出ており、このバスでさらに20分となっています。
意外とアクセスが不便なので、時間に余裕を持って、早めに訪れておいた方が安心ですね。

また、どこから訪れるか、どこで見るかによってもアクセスは変わってきます。
例えば新潟方面から左岸で見るなら、三島支所などに車を止めて臨時バスを利用すると便利です。
右岸で見るなら、レールライドを利用して長岡駅から徒歩約20分程度で到着します。

東京や富山方面から訪れ、左岸で見るなら越後丘陵公園に車を停めて、シャトルバスで約20分です。
東京方面から右岸で見るなら南部工業団地に駐車すれば、バスで約10分で到着します。

自転車なら、無料駐輪場を多数設けてありますので、これは混雑を気にすることなく訪れることができて便利ですね。

長岡の花火☆場所でおすすめは?

長岡の花火は場所も重要なポイントになります。
どの観覧場所で見るかによって、花火の見え方も変わってきますよね。

やはり最もおすすめなのは、優良席です。
6人だけのマス席もありますが、マス席以外にも2,000円~3,000円程度で買える席があるので、これは利用する価値があるでしょう。
5月1日~20日まで、はがきやネットでフェニックス席以外の席の申し込みができますので、チェックしておきましょう。

それから5月17日からフェニックス席が、ローソン、セブンイレブンで購入可能になります。
この席は長岡花火の名物、フェニックス花火が間近で楽しめるもので、料金も2,000円なので見逃せません!

どうしても無料で楽しみたいという場合には、長生橋の上流や、大手大橋の下流などがおすすめです。
信濃川河川敷の土手、イオン長岡店の屋上駐車場、アピタ長岡店の屋上などもよく見えるスポットとなっています。

これらの穴場スポットでも、多くの人出で賑わう可能性が高いので、早めに場所を確保しておきたいですね。
ただし、場所取りに関してはマナーをしっかり守りましょう。

まとめ

長岡の花火、2016年も盛りあがりを見せてくれそうですね。
日程はいつも通り、8月2日と3日。
天候に恵まれることを願いたいところです。

アクセスは便利ではありませんが、比較的、どの場所からでも美しい花火が鑑賞できると評判ですので、訪れてみる価値のある花火大会であると言えますね。

スポンサードリンク