隅田川花火大会☆2016の日程は?見どころや空いてる場所は!?

スポンサードリンク

花火大会好きにはたまらない、日本でも特に歴史の古い花火大会と言えば、隅田川花火大会ですよね。
こちらはなんと、江戸時代に始まったという日本でも最古の花火大会ということで、毎年多くの人出で賑わいます。

なんと95万人もの人で混雑するということですから、これはしっかり下調べをして、計画的に訪れたい大イベントですね!

そこで、そんな隅田川花火大会、2016の日程や見どころ、それから空いてる場所などのお役立ち情報を紹介していきます。

隅田川花火大会☆2016の日程は?

まず隅田川花火大会、2016の日程に関してですが、これは毎年、7月の最後の土曜日に開催されることとなっています。
2016年の7月最後の土曜日は、30日。
予定通りなら、この日に開催されることになりますので、宿泊施設を利用するなら、早めにチェックしておきましょう。

ただし、人気の花火大会ですので、すでに予約でいっぱいになっているケースも多いです。

もし、この7月30日が雨の場合ですが、小雨なら決行されます。
決行できないほどの荒天になってしまった場合には、翌日の7月31日の日曜に延期となります。
両日、実施できない荒天に見舞われた場合は、残念ながら中止です。

開催がややこしい場合には、問い合わせをしたり、公式サイトなどで情報を確認しておきましょう。

打ち上げ時間は、19時5分~20時30分となっています。
約2万発の花火が打ち上げられる大規模な花火大会ですが、意外と短時間ですね。

隅田川花火大会☆2016の見どころは?

隅田川花火大会の2016の見どころは、何と言ってもスカイツリーをバックに楽しめる花火でしょう。
2012年にスカイツリーが完成してからは、美しいスカイツリーと共に花火を鑑賞することができ、これが評判になっています。
さらには、逆にスカイツリーから花火を楽しむという方法もあり、これもまた人気のプランの1つとなっていますね。

スポンサードリンク

この隅田川花火大会で、特に目が離せない見どころは、第二会場での花火スタートです。
たった5分の間に1000発以上もの花火が打ち上げられ、迫力満点です。

また、19時40分ごろからは第一会場にて、花火コンクールが開催されます。
こちらでは、毎年この日のために作りあげられた優秀な花火が打ち上げられます。
日本が誇る芸術とも言える花火。
2016年はどんな芸術作品が生まれているのか、チェックするのも楽しみですね。

もちろん圧巻のフィナーレも見逃せないポイントの1つです。
第一会場、第二会場の2箇所からスターマインが次々に打ち上げられ、夜空を彩る様は、目が釘付けになってしまうほど素晴らしい内容となっています。

約2万発を1時間半程度の間に打ち上げるわけですから、ほとんど全ての時間が見どころとも言える花火大会ですね。

隅田川花火大会☆空いてる場所は?

隅田川花火大会は、都会で行われる花火大会ですから、とにかく大勢の人出で混雑します。
隅田川花火大会で空いてる場所を確実に確保したいと考えるのなら、有料席を確保しておくのが最適でしょう。
ただし、有料席も競争率が高いので、発売と同時に買いにいくくらいのつもりになっておかなければなりません。

もし有料席の確保が難しいのであれば、穴場スポットと言われる場所もいくつか存在します。
例えば水戸街道からの言問橋東交差点。
こちらはどちらの会場の花火も鑑賞できるスポットとして人気があります。
花火大会が終了した後には、曳舟駅を利用すれば比較的、スムーズに帰宅できるのも嬉しいポイントです。

それから、汐入公園もオススメのスポットです。
こちらは比較的、ストレス無くゆっくり楽しめるので、ぜひ押さえておきたいですね。

もう1つ、公園でおすすめなのが、銅像堀公園です。
こちらは間近で花火が楽しめ、周囲にビルなども少ないので比較的、しっかり鑑賞できます。
人も意外と少ないのでゆったり過ごせるのがうれしいですね。

まとめ

隅田川花火大会、2016の日程や空いてる場所の情報をよくチェックして、ぜひ家族やカップルで訪れ、満喫しましょう。
見どころ満載なこちらの花火大会は、下調べを入念に行ってでも、訪れる価値がありますよ!

スポンサードリンク