長良川花火大会は何発?場所はどこ?2016年の日程や見どころは?

スポンサードリンク

全国各地でさまざまな花火大会が行われますが、そんな中でもトップクラスの規模を誇る花火大会として注目を集めているのが、長良川花火大会です。
長良川という川の名称は、なんとなく耳にしたことがある、という方も多いでしょう。

そんな有名なスポットで開催される、大規模な花火大会、ぜひ行ってみたいですよね!
そこで、長良川花火大会は何発の花火が打ち上げられるのか、といった豆知識や、気になる場所の情報、2016年の日程、見どころなどを紹介していきます。

長良川花火大会は何発?

まず、長良川花火大会は何発の花火が楽しめるのか、というのが気になるポイントですね。
長良川花火大会は、全国選抜長良川中日花火大会、長良川全国花火大会の総称となっています。
そして、これら2つの花火大会は、それぞれどちらも、約3万発の花火が楽しめるという大規模なものなのです。

つまり、2週連続で、合計すると約6万発もの花火を楽しめてしまうという贅沢な花火大会なのですね。
そのため、遠方からも大勢の人出で賑わい、毎年、約30万人もの人々が訪れると言われています。

そんな約3万発の花火は、もちろん数だけではなく、内容も素晴らしいものになっています。
例えば日本煙火芸術協会特別作品名品集が打ち上げられたり、スターマインのコンクールでネット投票があったりと、他の花火大会とは一風違った楽しみ方もできてしまいます。

この花火大会のために、多くの方が遠方から訪れる理由も納得ですね。

長良川花火大会☆場所は?

長良川花火大会は、全国選抜長良川中日花火大会、長良川全国花火大会の両者とも、同じ場所で開催されます。
そんな長良川花火大会の場所は、長良川河畔となっています。
長良橋~金華橋間となっていますので、事前に下見しておくと安心ですね。

アクセスは、JR岐阜駅から臨時バスが出ています。
こちらは片道200円なので、混雑しますが、これを利用するのが最も簡単にたどり着く方法です。
無料の臨時駐車場もありますが、会場からはやや遠いので、こちらからも片道200円のシャトルバスが出ています。
できるだけ公共交通機関を利用して訪れましょう。

スポンサードリンク

両者の花火大会は、打ち上げ場所も全く同じなので、分かりやすくて嬉しいですね。
同じ場所で開催されるにも関わらず、花火大会の名称が違うのは、これらの花火大会の主催者が違っているからです。
同じ場所で大規模な花火大会が2度も楽しめるスポットは、なかなかありませんので、注目度が高い理由も納得できますね。

そんな長良川花火大会は、とにかく大勢の人で賑わうため、スポットをしっかり押さえておくことも重要です。
例えば岐阜メモリアルセンターなどは、広大な芝生公園があり、当日朝から場所取りができる穴場スポットとなっています。

それから、長良川鵜飼いミュージアム周辺も見逃せないスポットです。
こちらには駐車場やトイレが完備されているので、快適に花火を楽しめます。

また、仕掛け花火などをじっくり鑑賞したいのであれば、金華橋と忠節橋の間を狙って押さえておくと良いですね。
このスポットは仕掛け花火が見えやすいということで人気がありますので、できるだけ早めに場所取りしておきましょう。

長良川花火大会☆2016の日程は?

注目の長良川花火大会、2016の日程も押さえておきたいですね。

まず、全国選抜長良川中日花火大会の2016年の日程は、7月30日の土曜日が予定されています。
それから、長良川全国花火大会は2016年8月6日の土曜日の予定です。
どちらも土曜日ですので、旅行がてら、という感じで訪れやすいですね。

もし荒天の場合や川の水が増水した場合などには翌日に延期となりますので注意してください。

花火大会の時間帯ですが、実はこちらの花火大会は、朝の部と昼の部もあるのが特徴的です。
明るい時間帯には、彩煙がメインとなっており、これもまた楽しみの1つになります。
朝の部は大体、午前9時~正午ごろまでです。
昼の部は正午~19時頃までです。

それから、夜になると、より本格的な花火大会が始まります。
これは夜19時頃~21時ごろまでとなっています。

比較的、短時間にたくさんの花火が打ち上げられるので、目が離せませんね!

これら2つの花火大会は、花火に関する最先端の技術を駆使した内容となっています。
大迫力のスターマインはもちろん、多くの仕掛け花火も見逃せない見どころとなっていますので、できることなら両日とも訪れて、素晴らしい花火を間近で鑑賞したいものですね。

まとめ

長良川花火大会は、2つもの大きな花火大会が2週連続で開催されるという、夢のようなイベントです。
夏を思い切り満喫したい方は、長めの夏休みをとって、長良川で2週連続の花火を楽しんでみてはいかがでしょうか?
どちらも見どころ満載ですので、休みを取ってでも訪れる価値がありますね!

スポンサードリンク