ハッカ油で虫除け☆効果は?作り方とは?赤ちゃんにも使える?

スポンサードリンク

暑い夏には虫も増えますよね。
中には蚊のように、人に害をもたらす虫もいて、きちんと対策していかなければ刺されて痒くなったり、大変な感染症の原因になったりします。

そこで注目したいのが、ハッカ油の虫除け、効果はあるのでしょうか?
手作りもできるということなので、作り方もチェックしておきたいですね。
また、こちらは赤ちゃんにも使用できるのかどうか、というのも気になる点です。

そんなハッカ油の虫除けに関するアレコレをチェックしてみましょう。

ハッカ油の虫除け☆効果は?

ハッカ油の虫除けに効果が本当にあるのかどうか、というのは最大の疑問点ですよね。

まずハッカ油は、メントール成分が含まれたオイルになります。
清涼感が強く、炎症を抑えたり痛みを軽減したりと、様々な効果を持っています。

さらに、虫除け効果にも優れているアロマオイルの1つとして知られており、スプレーにして身体に吹きかけておけば、蚊だけではなく、ブヨも逃げていくのです。
身体に吹きかける以外にも、網戸などにも使うと、室内への虫の侵入を防ぐことができます。

しかもハッカには消臭・抗菌効果もありますので、夏の汗の臭いが気になる時や、室内のカビなどの衛生面が気になる時にも大活躍してくれますね。

ハッカ油は、このように虫除けとしての効果が高いことも知られており、他にも様々な用途で活用できる優れものです。
ぜひ、自然由来の成分で実感できる嬉しい効果を楽しんでみたくなりますね。

ハッカ油の虫除け☆作り方は?

ハッカの香りに虫除け効果があることから、これを利用した虫対策の商品も多数販売されています。
ですが、どうせならコストをかけずに、より安心なものを手作りしたいという方もいらっしゃるでしょう。
ハッカ油の虫除けは作り方も意外と簡単ですので、気軽に手作りすることが可能です。

・材料(200ml分)
ハッカ油・・・40滴程度
消毒用エタノール・・・20ml
水・・・180ml

スポンサードリンク

まず100円ショップなどでも販売されているスプレー容器に、消毒用エタノールを入れ、そこにハッカ油を加えます。
あとはフタをしてよく振り混ぜてから、水を加え、さらにフタをして振り混ぜれば良いだけです。

たったこれだけで作れてしまうので、これならわざわざ市販品を購入する必要もありませんね。
ハッカ油も消毒用エタノールも、とてもリーズナブルに手に入れることができます。
また、水は水道水でも大丈夫なので、市販品を購入するよりもかなり、安く済ませることができるでしょう。

低コストな手作りのハッカ油スプレーなら、日常の虫除けだけでなく、網戸からの虫の侵入対策にも、お部屋のお掃除にもしっかり活用できますね!

ハッカ油の虫除け☆赤ちゃんには大丈夫?

ハッカ油は様々な効果が期待でき、特に夏場には重宝するアイテムです。
ですが、例えばハッカ油の虫除けは赤ちゃんにも使用できるのかどうか、など疑問も出てきますよね。
赤ちゃんというと、どうしても大人よりもデリケートになってしまいますので、変な物を使うと健康面で多大な悪影響が出てしまう恐れもあります。
では、ハッカ油はどうでしょうか?

実はハッカ油の虫除けは赤ちゃんにも優しいアイテムとして注目されているのです。

市販されている虫除けスプレーは多数ありますが、これにはディートという成分が含まれているものが大半です。
このディートは、赤ちゃんや小さな子供には、あまり良くない影響があると言われています。

そのため、使用する場合は6ヶ月未満は避け、それ以上であっても2歳未満なら1日1回まで、12歳までなら1日1~3回程度と定められています。
これを超えて何度もスプレーしていると、体調や皮膚の状態に異変が出てくるかもしれません。

その点、ハッカ油は自然な成分でできています。
お肌にも優しく、赤ちゃんの身体に悪影響を与えるようなこともありません。
しかも、ハッカ油はなんと、赤ちゃんに寄りついてほしくないアブや蜂といった危険な虫も寄せ付けない効果を持っています。

さらにハッカ油は、食用にも用いられるほど安全性の高いものなので、もし赤ちゃんが口に入れてしまっても大丈夫、というのも嬉しいですね。
赤ちゃんの虫さされが気になるけれど、市販品は怖いという場合には、天然の成分でできた安全・安心なハッカ油の虫除けを活用してみましょう!

まとめ

ハッカ油の虫除けは効果も優れていますし、何より安全で安心、というのが嬉しいポイントですよね。
作り方もとても簡単なので、赤ちゃんをはじめ、家族みんなで活用していきたいですね。
爽やかなメントール成分たっぷりなので、夏のベタベタ暑い日にも快適に使用できますよ!

スポンサードリンク