バーベキューの食材☆予算や量の目安は?準備をする際のコツは?

スポンサードリンク

夏と言えば海や川でバーベキューを楽しむ、という方も少なくないですよね。
確かに普段とは違う自然に囲まれた場所で楽しむバーベキューは格別です。
ですが、その前に食材などの準備という大変な作業が待っています。

まずバーベキューの食材で予算や量の目安を考えるのが難しいポイントですよね。
足りないのも困るし、多すぎて余らせるのももったいないと感じてしまいます。
そこで、そんな気になる食材の準備のコツについて紹介していきます。

バーベキューの食材☆予算は?

まず、バーベキューの食材の予算は、どの程度を目安にすれば良いのか、というポイントです。
バーベキューの食材は、予算を最初に決めておけば、後から「そんなにかかったの?」と他のメンバーに不満に思われることもありません。
この予算の決め方ですが、食材費と飲み物代を足して、大体、お店で飲食する際の1~2割程度安くなるようにしておくと安心ですよね。

例えば夜に居酒屋などで食事をする場合には、4,000円~5,000円程度かかってきます。
これよりも高額になってしまうと、なんとなく「高すぎるのでは?」という印象になってしまいます。
肉類はともかく、飲み物などは確実に、飲食店よりも安く準備できるわけですから、この値段を超えると納得できなくなりますよね。

つまり、バーベキューの食材や飲み物を合わせた予算は、できるだけ1人あたり3,000円~4,000円程度に抑えておくのが理想です。
3,000円~4,000円でも、けっこう高いという声もあるかもしれません。
そんな時には、色々な工夫をしながら、できるだけ予算を抑えていきましょう。

まず工夫できる点としては、サラダやおにぎりを作って持っていく方法ですね。
おにぎりも市販品を購入すれば意外と高くつきます。
自分たちで握れば、かなりの節約になります。
サラダも持っていけば、お腹が膨れるので、お肉の量を減らすことができます。

それからお肉の代わりに、ウインナーやフランクフルトなども食材として入れておきます。
これらも主食代わりになるような食材ですが、お肉よりは安く手に入りますよね。

お肉に関しても、牛肉ばかりだと高くつくので、鶏肉や豚肉なども混ぜていくと良いでしょう。
このように色々な食材を用意すると、節約になるだけでなく、バランスよく色々なものを食べられますし、飽きずに満喫できるという大きなメリットもあります。

スポンサードリンク

バーベキューの食材☆目安の量は?

それから、バーベキューの食材は目安の量も気になるところです。

まずはお肉の量ですが、これは意外と食べられないものです。
大体、平均的には1人分が200~250g程度あれば十分ということになりますね。
ただし、男性の場合はお肉をガッツリという人も多く、女性はお肉はそこまで食べないということもあります。
メンバーの中心が男性か女性かで、量を調整しましょう。

それから、魚介類などは苦手な人がいなければ、基本的には1人1個行きわたるように購入していくと良いでしょう。

野菜類ですが、バーベキューの焼き野菜は、そこまでガッツリ食べないという方が多いですね。
大皿1杯分程度、切った野菜を持っていき、後はサラダなどで調整しましょう。

もし野菜が残った場合には、焼きそばなどを作って使ってしまうという方法もあります。

おにぎりは、1人1~2個くらいの用意で良いでしょう。
あまりたくさんあると、これがメインになってしまい、お腹が膨れるので注意しましょう。
小さめの食べやすいものを手作りすると良いですね。

あとは飲み物ですが、お茶はとにかくたっぷりと用意する必要があります。
例えば5人分なら2Lが3本くらいあると安心です。
あとはジュースなども1~2本用意しておくと良いでしょう。

バーベキューの食材☆準備のコツ

バーベキューの食材は準備にもコツがあります。
例えば野菜と肉を串に刺しておくと、バーベキュー感がアップしますよね。
そこまでしなくても良いという方でも、玉ねぎはカットした後、爪楊枝などを刺してバラバラにならないように工夫しておきましょう。

他の野菜類も、大きめに切っておくと取りやすいですよね。
野菜炒めのように細かくならないように気を付けましょう。

それから、カボチャやさつまいもなどの硬い野菜は、事前にレンジでチンしておくなど、軽く火を通しておけば、表面をあぶる程度でいただくことができます。
ちょっとしたひと手間だけで、バーベキューの際に「焦げるばかりで中まで火が通らない」という困った事態を防げるというわけです。
ウインナーなども、軽く茹でておくと安心感がありますね。

それからおにぎりも、真っ白で何も入れていないものを作っておきます。
これは、バーベキューで焼いていただく焼きおにぎり作りに活用できるのです。
こういった「あとでアレンジできる食材」を作っておくのも1つのコツですね。

まとめ

バーベキューの食材の準備は一見大変そうですが、実はここから楽しみが始まっています。
みんなで買い出しに行くのも面白いですね。
予算を決め、量を考え、準備にこだわりながら、ワイワイ乗り切ってしまいましょう!

スポンサードリンク