庭でバーベキュー☆広さはどのくらい必要?照明は?後片付けは?

スポンサードリンク

夏と言えばバーベキューですよね!
できることならバーベキュー場などに訪れて楽しみたいところですが、お出かけする時間やお金がない、という状況の方もいらっしゃるでしょう。
そんな時には、庭でバーベキューを楽しむのも1つの方法ですね。

では、庭でバーベキュー、広さはどのくらい必要なのでしょうか?
また、照明はどうすれば良いのか、後片付けのコツはあるのか、など気になる点が色々ありますよね。

そこで、そんな庭で開催するバーベキューに関する情報を紹介していきます。

庭でバーベキュー☆広さは必要?

庭でバーベキューに広さはどの程度必要なのか、という問題ですが、これはどの程度の規模で行うか、にもよりますよね。
もし大人数で行うのであれば、バーベキューコンロはもちろん、テーブルなども設置して、けっこうな広さが必要になるでしょう。
ですが、家族だけで雰囲気を楽しむバーベキューなら、それほど広さは必要ありません。

ただ、あまりにも狭い空間でバーベキューをしてしまうと、様々な問題が生じてしまいます。
狭い空間、ということはもしかすると、隣近所に家が密集していることも考えられますよね。
そのような状況でバーベキューを行えば、音、ニオイ、煙など様々な迷惑をかけることになります。
また、狭くて近くに燃えやすいものがある場合にも、火事などを起こす危険性もあるので、できれば広く開放的なスペースを確保した方が安心ですね。

もし住宅が密集した地域で、狭い庭でバーベキューを、と考えているのであれば、事前に近所の方々に許可をもらうなど、トラブルを防ぐ対策をすることが必要でしょう。
それが面倒であれば、やはりバーベキュー場などを利用した方が、安全性という面でも、周囲との関係を保つためにも、安心ですね。

庭でバーベキュー☆照明は?

夜に庭でバーベキューをする際には、灯りも必要になりますね。
では庭でバーベキューに照明は、どういったものを選べば良いのでしょうか?

これはやはりあまりにも明るすぎるものは周囲の迷惑になりますし、でいるだけ避けた方が良いでしょう。
200w程度のもので重部ぬです。
手回し固定ねじ式、クリップ式などのハロゲンライトを利用して、規模に合わせて設置しましょう。

大人数で行うなら2~3個、家族だけの少人数なら1つだけでも大丈夫ですね。
自然な光にしておいた方が、夜のバーベキューの雰囲気が盛りあがりますので、あまりにも明々と照らすものよりもおすすめです。

スポンサードリンク

ただし、お肉や野菜などの焼け具合を確認したい場合には、白い光の照明を選んだ方が安心ですね。
暖色系の光の場合、イマイチ色が分からず、特にお肉の焼け具合を確認するのが難しくなってしまいます。

照明は、ホームセンターなどに行けばリーズナブルな価格で、色々な種類が販売されています。
実際に見に行ってみて、店員さんなどと相談しながら決めれば、失敗の無い照明選びができる可能性大ですね。

庭でバーベキュー☆後片付けのコツは?

バーベキューはどこに行っても後片付けが大変ですが、特に庭でバーベキューは後片付けを念入りに行わなければなりません。
なぜなら、後片付けをきちんとしないまま放置すれば、火災の危険性が出てくるからです。
そうなると自宅も燃えますし、それこそ、近所迷惑どころの話ではなくなりますね。

とにかく徹底的に火を消すことが第一です。
バーベキューでは炭を使用しますが、この炭は庭に放置しても、簡単には土に還らないので注意してください。
火消しツボなどを利用すれば、炭を安全に消化でき、しかも再利用できるのでおすすめです。

「火災を起こさないために」と、水をかける人もいますが、水をかけても炭の火は簡単には消えません。
後から発火して危険な目に遭うことも考えられますので、庭でのバーベキューの際には、特に用心して処分することが大切ですね。

こうしてきちんと炭の処理さえしておけば、鉄板や網などの片付けは、置いておいて翌日に持ち越し、ということでも良いでしょう。
暗くて、バーベキューでお疲れなのに、すぐに鉄板や網をこすらなければならない、というわけではありませんので安心してください。

これらもよく冷ましてから、火災の恐れがない場所に、きちんと置いておき、翌日にしっかり洗浄するようにしましょう。

また、庭でバーベキューをすると食べかすなどもたくさん落ちてしまうことがありますよね。
生ごみがあると、虫が寄ってきたりすることもあるので、落ちている食べ物もきちんと拾って処分しましょう。

もちろんプラスチックゴミや空き缶、ペットボトルなども、しっかり拾ってゴミとして処分します。
こういったゴミ類を放置すると、自宅の庭が汚くなるだけでなく、風で飛んだリして、周囲の家にも迷惑をかける恐れがありますので十分に注意してください。

まとめ

庭でバーベキュー、広さや照明、後片付けなどと、色々大変なところが多いですね。
何より気を付けたいのが、周囲の住民への配慮です。
できればバーベキューは専用の施設で行いたいものですが、それでもどうしても、という場合には、マナーを守って安全に行いましょう。

スポンサードリンク