バーベキューのコンロ☆洗い方は?後片付けを安全に楽にするには?

スポンサードリンク

51344428_480x304

春の良い気候の中で楽しみたいバーベキュー。
ですが、みんなでわいわい食事をするのは楽しくても、憂鬱になってしまうのが、その後の片付けですよね。
バーベキューのコンロの洗い方というと、とにかく必死でゴシゴシこすって、こびりついた汚れを落とすという印象です。

では、この後片付けを楽にする方法はないのでしょうか?
特に、安全面には気を付けて片付けていきたいものですね。
そこで、そんなバーベキュー用のコンロの後片付けに関する情報を紹介していきます。

バーベキューのコンロ☆洗い方は?

バーベキューのコンロの洗い方は、まず炭を火箸などを用いて安全な場所に取り出してから、十分に冷まし、水をかけて洗剤でゴシゴシとこすっていきます。
それから網に関しても、焦げてこびりついた汚れをしっかりと落とすように、ゴシゴシこすりましょう。
油が残るとサビの原因にもなりますので、中性洗剤で丁寧に洗うのがポイントです。

こうして十分に洗浄したら、風通しの良いところでしっかりと乾かしておきます。
水分が残っていても、サビなどの原因になりますので、カラっと乾かしてから収納するようにしてください。

中には網は洗わずに来年に置いておくという荒業を行う方もいらっしゃいます。
ですが、やはり網が汚くなり、サビなども発生しますので、その状態でお肉や野菜を焼いて食べるのは気持ちが悪いですよね。
いくら加熱するとは言っても、やはり清潔な網で焼いて食べたいものです。

網もきちんと洗って、しっかり乾かした状態で保管しておきましょう。
こびり付いた汚れは、浸け置き洗いをすると落しやすくなります。
洗剤を溶かした液か、あるいは重曹を溶かした液などで2時間ほど浸けておくと、汚れが浮いて、ゴシゴシこする必要が無くなるので楽ですね!

バーベキューのコンロ☆後片付けを楽に!

バーベキューのコンロの後片付けは、面倒で手間がかかるものですよね。
特に焦げ付きは、簡単には落とせないのでイライラしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そんなコンロの後片付けを楽にできる画期的な方法があります。

スポンサードリンク

それは、バーベキューのコンロにあらかじめ、アルミホイルを巻いておくというものです。
アルミホイルは耐熱性があるので、その上に炭を乗せて焼けば、焦げ付いたり肉汁などがしたたって汚れるということを防げます。
終了後にはアルミホイルを炭ごと巻きこんで取り外せば、コンロは軽くスポンジで洗うだけで十分なほど、キレイな状態で保てるのです。

ただし、このアルミホイルを巻く際には、コンロの通気口を塞がないように注意しましょう。
この穴は炭がしっかり燃焼するために必要な部分なので、きちんと開けておいてください。
それから、アルミホイルでも長時間の燃焼には耐えられないことがありますので、2重、3重に巻いておくと安心です。

それから、網に関しても事前にレモン汁か酢を塗っておくと、こびりつきにくくなります。
こうした下準備をしっかり行っておくことで、後片付けが格段に楽になるので、事前にちょっとした手間ひまをかけてみると良いですね。

バーベキューのコンロ☆安全に片付けるには?

バーベキューはとても楽しいイベントではありますが、一歩間違えれば危険な側面もあります。
火を使うわけですから、火傷や火事に発展する可能性がゼロではないのです。
では、そんなバーベキューのコンロを安全に片づけるためには、どういったポイントに気を付ければ良いのでしょうか?

これは、とにかく炭の処理が重要です。
炭は長く燃焼し続けるので、「大丈夫だろう」と思って放置してしまうと、思わぬ火事に発展する恐れもあります。
炭が完全に燃え尽きるまで、安全な場所で保管してから後片付けを行いましょう。

安全性をより高めるためには、火消しツボというものを利用すると便利です。
火消しツボに炭を入れておくと、十分に冷めて、持ち運びしやすい状態になります。

火を手っ取り早く消す方法として、炭に水をかけるという方もいますが、これは危険なので避けましょう。
火が付いた状態の炭に水をかけると、飛沫が飛び散りますし、水だけでは火が消えていないこともあります。
消したつもりが、思わぬ事故に繋がる可能性もありますので、水などは使用せずに専用の火消しツボを使用するのが理想的ですね。

まとめ

バーベキューのコンロの洗い方や後片付けを楽にする裏ワザ、安全面で気を付けたいポイントなどをしっかり押さえておけば、よりバーベキューが楽しみになりますね!
準備から後片付けまでが、バーベキューの楽しみです。
イロイロな方法を試しながら、安全で楽な方法を見つけていきましょう!

スポンサードリンク