足の臭いを重曹やミョウバンで消す!臭い対策の裏技をご紹介

スポンサードリンク


人が「臭い」を特に気にするところの1つと言えば、「足」をイメージする方が多いのではないでしょうか?
足は汗で蒸れたりしやすく、しかも靴や靴下で覆われているため雑菌も繁殖しやすく、どうしても臭いが出やすい部分ですよね。

実はそんな足の臭いには、重曹やミョウバンといったアイテムを使った裏技が効果的なのです。
そこで、重曹やミョウバンによる効果的な足の臭い対策を紹介していきます。

スポンサードリンク

足の臭いの原因は?

足の臭いの対策方法を知る前に、まずは、足がなぜ臭くなってしまうのか、その原因を探ってみましょう。

実は足の裏という部分は、汗腺が集中しており、1日でコップ1杯分もの多くの汗をかくと言われています。
そして、そんな足を靴などで多い、通気性の悪い状態にしていると、蒸れてしまい、雑菌が繁殖しやすい状態になります。
足の裏から出てくる「汗」そのものには臭いはないものの、この「雑菌」が原因で臭いが発生してしまうのです。

足の裏で発生した雑菌は、皮脂、角質、爪の垢などをエサにして増殖し、さらに「イソ吉草酸」という脂肪酸を排出します。
このイソ吉草酸こそが、足の裏から漂う独特の臭いの原因です。
この脂肪酸は、まるで納豆のような臭いを発します。

さらに、イソ吉草酸は普通に洗っても落ちにくく、特に爪の間などには溜まったままになりやすいのです。
そのため、「毎日洗っているはずなのに、足が臭い」という状態になりやすいのですね。

足の臭いを消す裏技☆重曹を使った方法とは?

重曹と言えば、キッチンの掃除などにも大活躍してくれるアイテムですね。
そんな重曹は、足の臭いを消すための裏技としても活用できるのです。

スポンサードリンク

足の臭いの原因となるイソ吉草酸ですが、これは弱酸性の性質を持っています。
そこで、アルカリ性の性質を持つ重曹を使うと、中和されて臭いが気になりにくくなるというわけなのですね。
また、重曹には角質や皮脂を柔らかくして、取り除きやすくしてくれる効果もあります。
これにより足の清潔が保ちやすくなると、足の臭いを予防することにも役立つのです。

そんな重曹を使った足の臭いを消すための裏技は、方法もとても簡単です。
まず洗面器などに人肌程度のぬるま湯を張り、ここに重曹を加えて、よくかき混ぜます。
量は適当で大丈夫ですが、始めは少量で、お肌に異常が起こらないかチェックしましょう。
大さじ3杯くらいまでの量で調整してください。

この重曹を溶かしたお湯に足を入れて、10~15分程度浸けましょう。
浸けた後には、足の裏や爪の間を優しくこすりながら洗い流せば完了です。

これだけのケアなら、毎日でも気軽にできそうですね!

足の臭いを消す裏技☆ミョウバンを使った方法とは?

足の臭いを消す裏技で、もう1つ、効果的なのが「ミョウバン」を使った方法です。
ミョウバンは食品添加物としても使用されているものですので、お肌や体への優しさもお墨付きなのが嬉しいですね。

ミョウバンには菌の繁殖を抑える働きがあり、また汗を抑えたり、アンモニア臭を軽減してくれる働きがあります。
価格も決して高くはないミョウバンに、これだけ多くの効果が期待できるのは見逃せないですね。

そんなミョウバンを使った足の臭いを消す裏技の方法は、水とミョウバンを混ぜたものを、スプレー容器に入れて、足に直接スプレーするというだけのものです。
とても簡単なので、続けやすいですね。

お風呂上りの清潔な足にスプレーしても良いですし、靴や靴下にスプレーしておくのも良いでしょう。
出かける前にスプレーしておけば、臭いだけでなく、臭いの原因となる「汗」を抑えるのにも役立ちます。

足の臭いを消す裏技について~まとめ~

足の臭いを消す裏技として、重曹やミョウバンを用いた方法は体にも優しく、安心感がありますよね。
しかもそれほどお金もかからないので、お財布に優しい対策がしたい方にもおすすめです。
ただし、まずは基本の対策として「足や靴下、靴を清潔にすること」を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク