足の爪の臭い対策まとめ@自信を持って人前で靴を脱ぎ履きできる!

スポンサードリンク

臭いが強くて気になってしまう部分はいくつかありますが、中でも多くの方が悩んでいる部分と言えば「足」ですよね。
特に「足の爪」は不快な臭いを発しやすく、気になってしまって人前で靴を脱ぎ履きすることすら抵抗を感じている方もいらっしゃるでしょう。

では、足の爪はなぜ強い臭いが出てしまうのでしょうか?
また、どのように対策すれば自信を持って人前で靴を脱ぎ履きできる足になるのでしょうか?

そんな気になる情報を調べてみました!

スポンサードリンク

足の爪の臭いの原因は?

足の爪の臭い対策をする前に、まずはなぜ臭うのか、その原因を知っておくことも大切です。
原因を知ることで、より対処がしやすくなりますね。

足の爪の臭いの原因として挙げられるのは、「溜まった汚れ」です。
そもそも足という部分は、汗をかきやすく、また常に靴下や靴などで覆われることで蒸れてしまいやすい部分です。
そのため、足の爪にも汚れが付きやすくなります。

ですが、足自体は多くの方が、1日に1回は入浴時にきちんと洗浄していますよね。
なにのになぜ、足の爪だけが臭いを発するのかというと、これは「爪に溜まった汚れが落とし切れていないから」なのです。

足の爪の間には、古い角質、汗や皮脂、靴下などの繊維クズなどの様々な汚れが溜まっています。
残念ながら、普通に足を洗ったくらいでは、これらの「爪の間に溜まった汚れ」まで落とすことができません。
そのため、爪の間にどんどん垢などの汚れた溜まっていき、これが不快な臭いを発する原因になってしまうというわけですね。

足の爪の臭い☆対策方法~その1~

溜まった汚れが臭いを発してまう足への対策は、とにかく清潔にすることが第一です。
では、どのよに洗えば足の爪の間の汚れまで落とすことができるのか、というのが気になるところですね。

スポンサードリンク

実は足の爪の間に溜まった汚れは、「ブラシ」を使うとキレイに落しやすいのです。
ブラシといっても、専用のブラシなどを用意しなければならないわけではありません。
歯ブラシなどで十分ですので、足を洗う際に、歯ブラシで爪の間の垢や汚れを掻き出すようにして洗ってみてください。

このようにブラシでこまめに、毎日洗ってあげるだけでも、足の爪の間には垢や汚れが溜まりにくくなります。
汚れが溜まりにくくなれば、もちろん臭いも軽減されます。

ですが、中には頑固な汚れが溜まってしまい、ブラシで洗った程度では取れないという場合もあるでしょう。
そんな時には、「足の爪の垢とり」用のグッズが販売されています。
これを利用すれば、溜まった汚れをスッキリ落とすことができます。

ただし、このグッズは器具を奥まで入れすぎると爪や皮膚を傷つける原因になります。
あくまでもほどほどに、正しく使うことを忘れないでください。

足の爪の臭い対策方法~その2~

足の爪の臭い対策では、ブラシやグッズを使って物理的に汚れを落とすことも大切ですが、もう1つ、コツがあります。
それは、石鹸を使うことです。

足は汚れやすく、蒸れやすい部分ですので、毎日しっかり洗浄することが大切です。
そして、そんな洗浄の際には殺菌効果が高い石鹸を使うのがおすすめなのです。

ただし、殺菌効果が高い石鹸が見つからない場合や、お肌への刺激が気になる方もいらっしゃるでしょう。
そのような時には、粗塩を使って洗ってみる方法もおすすめです。
石鹸や粗塩を使って、爪の周りや間まで丁寧に洗浄していきましょう。

しっかり洗浄をしたら、その後はタオルできちんと拭き、しっかり乾かすことも大切です。
濡れたままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなり、ますます足の爪や足が臭ってしまう原因になります。
お風呂上りの清潔な足は、風通しの良いところでよく乾燥させましょう。

足の爪の臭い対策について~まとめ~

足の爪の臭い対策では、とにかく汚れを溜めないようにすることが大切です。
特に女性は、素足になる夏場にはペディキュアを楽しむ方も多いでしょう。
オシャレは素敵ですが、これをしてしまうと、汚れが見えにくくなり、知らず知らずのうちに足の爪の間に汚れがたくさん溜まってしまっているということもあります。
そうなる前に、こまめに、丁寧に足の爪をお手入れして、人前で自信を持って靴を脱ぎ履きできる状態を目指しましょう!

スポンサードリンク