子供が水虫にならないための予防法とは プールで気をつけたいこと

スポンサードリンク

子供の可愛らしくてキレイな足・・・
一見、水虫などとは無縁なのではないかと思ってしまいますよね。
ですが、実はそんな子供の足でも、水虫になってしまうことがあるのです。

では、子供の水虫は一体どのように感染するのでしょうか?
感染しやすいルートや予防法を知り、子供の足を守ってあげましょう!

スポンサードリンク

子供の水虫☆感染ルートは?

子供の水虫を予防するためには、まずは感染ルートを知っておくことが大切です。
水虫の原因となる白癬菌は、は高温多湿の場所が大好き。
そこで、特に子供が触れやすい場所で、高温多湿で感染するリスクのあるところをピックアップしてみましょう。

プール

子供の水虫感染が心配なところと言えば、まずはプールです。
特に夏場になれば、多くの子供がプールで水泳や水遊びを楽しみますね。
プールは水場ですし、夏場は温度も高く、まさに白癬菌にとっては絶好の環境。
そのため、多くの人が利用するプールで水虫をもらってしまう可能性はかなり高いのです。

銭湯や温泉

子供を連れて銭湯や温泉にお出かけする家庭も多いでしょう。
これらの公共のお風呂は、高温多湿なうえに不特定多数の人が利用するため、プールと同様に白癬菌がたくさんいる可能性があります。
特に足ふきマットは感染しやすい場所なので注意が必要です。

裸足の場所

柔道や剣道、空手など、裸足で行う習い事や部活をしている子供も多いですね。
これらはプールのように濡れた場所ではありませんが、水虫の人がいれば白癬菌が床に付着しており、これを踏んで感染してしまうということもあるのです。

子供は汗をかきやすく、靴の中も蒸れやすい傾向があります。
特にスポーツをしている子供などは、靴の中まで汗だくになってしまうこともありますね。
蒸れて高温多湿になった靴の中もまた、白癬菌が繁殖しやすく、水虫感染しやすい状態になってしまっています。

子供が水虫に感染しやすいルートとしては、主にこれらが考えられます。
よくプールや銭湯、温泉を利用するという方や、裸足で武道をしていたり、長時間靴を履いてスポーツをしているという方は、特に注意が必要ですね。

子供の水虫☆プールで気を付けることは?

特に子供の水虫感染で注意したい場所である「プール」。
ですが、水遊びや水泳は子供の楽しみでもありますし、止めさせるわけにもいきませんよね。

スポンサードリンク

まず、子供が水虫になるのを予防するための方法としては、プールから帰宅したら、できるだけ早めに石鹸で足を洗ってあげることが大切です。
白癬菌が皮膚内部に入り込むためには、半日~1日程度の日数がかかります。
そのため、早めに洗っておくことで水虫になるリスクはかなり抑えられるのです。

それから、プールから上がったらできるだけ水気を拭き取り、よく乾かすことも大切です。
濡れたままにしないよう気を付けましょう。

また、中には「子供が水虫なので、プールに入ってはいけないのでは?」と考える親御さんもいらっしゃるでしょう。
確かにプールは感染を広げる場所になりやすいので、既に水虫になっている子供を入れるのは不安がありますね。
症状がひどい場合は保育園の先生や学校の先生と相談し、プールは控えた方が安心でしょう。
ひどくない場合は、プール自体で感染することはありませんが、足ふきマットなどで感染するリスクがあるので共用しないようにすることが大切です。

これらのポイントを押さえてきちんと対処していけば、プールで思いきり遊んでも、水虫の感染を予防することは十分に可能なのです。

子供の水虫☆予防法は?

子供の水虫を防ぐために注意が必要なのは、プールだけではありません。
他の場面でも水虫に感染してしまわないように、予防法を知り、きちんと対策していきましょう。

まず、1日1回は足を石鹸でしっかり洗うことです。
指の間などもしっかり洗浄して、水気をよく拭き取り、しっかり乾かすようにしましょう。

それから、靴の選び方も大切です。
通気性が良く、しっかり乾燥した靴を選んで履かせるようにしましょう。
蒸れやすい子は、2足の靴を1日ごとに、交互に履かせるようにしながら、履いた後の靴をよく乾燥させておきましょう。
それから、夏場に水遊びなどで使用するラバー素材のサンダルなどは、意外と蒸れやすいので、水遊びの後は履き替えるようにした方が良いですね。

さらにもう1つ、重要なのが「靴下」です。
裸足の足は靴の中で蒸れやすいので、白癬菌が活発に活動しやすくなってしまいます。
また床などにある白癬菌が、足に付着してしまう原因にもなりますので、夏場でもできるだけ靴下を履かせるようにしておきましょう。

子供の水虫について~まとめ~

子供の水虫は予防法を徹底していくことで、感染のリスクを大きく下げることが可能です。
清潔に保ち、蒸れにくくするための工夫をしながらしっかり対策して、水虫から可愛い足を守ってあげましょう。

また、もし水虫に感染してしまったとしても、悲観する必要はありません。
現在では水虫に効果的な薬もあり、2~3ヶ月、塗り薬を塗布するだけで完治してしまうことがほとんどです。

正しい知識を持っておけば、プールや銭湯・温泉も、武道やスポーツなどの習い事も、安心して思いきり、楽しませてあげることができますね。

スポンサードリンク