玉ねぎでアレルギー?原因と対処法は?下痢や腹痛、吐き気の症状も!

スポンサードリンク

カレーや野菜炒めなど、様々な料理に使われる便利な野菜、「玉ねぎ」。
実はこの玉ねぎに対して、アレルギーを起こしてしまう方もいるのです。

では、なぜ玉ねぎでアレルギーが起こってしまうのでしょうか?
そんな気になる原因や対処法、症状などについて調べてみました。

スポンサードリンク

玉ねぎでアレルギーが起こる原因は!?

玉ねぎと言えば、日本ではとてもポピュラーな野菜の1つです。
なのに、なぜそんな一般的な「ただの野菜」で、アレルギーが起こってしまうのでしょうか?

実は、玉ねぎには、アレルギーを起こす原因になる可能性のある成分が含まれているのです。
それが、「硫化アリル」と言われる成分ですね。

硫化アリルというと、血液をサラサラにする効果が期待できることでも知られる成分です。
玉ねぎを食べると血液がサラサラになる、という効能を耳にしたことがある方も多いでしょう。
また、独特の辛みやニオイをもたらす成分でもあります。

健康面での効果をもたらし、さらに特有の玉ねぎの風味を支える、この硫化アリルという成分。
これが、玉ねぎを加熱した際に発生する「ジアリルジスルフィド」という成分と反応してしまうことがあります。
すると、アレルギー症状を起こす原因になることがあるのです。

また、玉ねぎに含まれる硫化アリルは、人によってはこれを分解するための消化酵素が少ないために、うまく分解できず、アレルギー症状を起こしてしまうということもあります。

このように、玉ねぎによって起こるアレルギー反応は、主に「硫化アリル」が原因となるものです。
つまり、玉ねぎでアレルギー反応が起こってしまうという方は、硫化アリルを含むネギ類は同じように、アレルギー反応を起こすリスクが高いということが言えますね。

玉ねぎのアレルギーの対処法は?

玉ねぎを食べるとアレルギー反応が出てしまうというのは、食べられる料理にも大きな制限ができてしまい、困りものですよね。
では、玉ねぎのアレルギーに対処法はあるのでしょうか?

これについては、他の食品によるアレルギーと同様、やはりもっとも有効な対処法は「玉ねぎを食べない」「玉ねぎに触れない」ということになります。
中には、ニオイだけでもアレルギー反応が出てしまうという方もいますので、そういった重症の方はできるだけ、玉ねぎに近づかないように気を付けることが大切です。

スポンサードリンク

ですが、体質によっては、「生の玉ねぎではアレルギーが起こるけれど、加熱すれば平気」という方もいます。
そういった場合には、加熱した玉ねぎを少量だけ食べるなど、食べ方を工夫してみると良いでしょう。

また、玉ねぎアレルギーは、元々は硫化アリルに対して過剰な反応が起こらなかったという方でも、過剰摂取を続けることで発症するケースもあります。
玉ねぎを含み、硫化アリルを含むネギ類やニンニクなどを過剰摂取し過ぎないよう、日ごろから食生活に気を付けていくことも大切ですね。

いずれにしても、アレルギー反応というのは時に命に関わることもあるほど、侮ってはいけない症状の1つです。
玉ねぎを含む料理を食べた時に、毎回、異常が起こるようであれば、速やかに病院を訪れ、専門の医師に相談してみましょう。

玉ねぎのアレルギーの症状とは?

玉ねぎを食べて体調不良が起こっても、それがアレルギーによるものなのかどうか、判断しにくいという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、玉ねぎによるアレルギーの症状とは、どのようなものなのかを知っておきましょう。

玉ねぎによるアレルギーでも、一般的なアレルギーと症状は同じです。
皮膚に湿疹が出たり、吐き気がしたり、中には腹痛、めまい、下痢などが起こってくることもあります。

また、重症のアレルギーを起こしてしまった時には、呼吸が苦しくなってしまうこともあるので要注意です。
アレルギーというのは、時には命に関わることもあるものですので、症状が現れ始めた時には軽視せずに、すぐに病院に訪れましょう。

特に玉ねぎの場合、食べ過ぎると硫化アリルの働きにより、下痢、腹痛、吐き気などの症状が起こりやすくなります。
生の玉ねぎのサラダをたくさん食べた時などに、これらの症状が起こってきた場合は、食べるのを控えた方が安心ですね。

これらの玉ねぎによるアレルギーについては、全く症状が無かった方が、ある時、突然発症するということもあり得ます。
「今までたくさんの玉ねぎを食べても平気だったから、絶対大丈夫」と過信するのはやめましょう。

玉ねぎのアレルギーについて結論!まとめ

玉ねぎのアレルギーは、意外なことに健康面での効果が期待される「硫化アリル」に原因がありました。
どんなに健康に良いとされる成分でも、過ぎたるは及ばざるがごとし。
それどころか、摂りすぎることで健康を害してしまうことさえあるのです。

そんな玉ねぎのアレルギーを起こさないために、最も大切なのは「食べ過ぎない」という対処法です。
それでも、吐き気や腹痛、下痢などのアレルギー症状が起こってきた時には、玉ねぎのアレルギーを疑い、適切な対処をしていきましょう。

スポンサードリンク