冷めた餃子をカリッと温めなおして美味しく食べる方法!

スポンサードリンク

餃子はとても美味しい食べ物ですが、冷めてしまうと、せっかくの食感がイマイチになってしまいますよね。
ですが、そんな冷めた餃子も、工夫すればカリッと温めなおして美味しく食べることができてしまうのです。

そこで、そんな気になる冷めた餃子をカリッと温めなおして美味しく食べる方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

冷めた餃子をフライパンで温める方法

冷めた餃子をカリッと温めなおして美味しく食べる方法で、まず1つ目におすすめなのが「フライパン」を使う方法です。
フライパンを使えば、まるで焼き立てのような美味しい餃子を再現することができてしまいます。

その方法は、とても簡単です。
まずフライパンに、餃子の焼き目の方を下にして並べます。
それから、少量の水を加えて蒸し焼きにして、中まで温めます。

このままだとベトっとした感じになってしまいますので、最後の仕上げが肝心です。
水気が無くなったら、仕上げに少々の油を加えれば、餃子の皮がカリッと仕上がるのです。

既にフライパンで焼いた餃子を、また再び焼き直すという方法になりますが、簡単に美味しさを取り戻せるのが嬉しいですね。

冷めた餃子をオーブントースターで温める方法

冷めた餃子を、より手軽に、洗い物の手間を増やさずにカリッと美味しく温めなおす方法があります。
それは、オーブントースターを用いる方法です。
オーブントースターなら予熱などの必要もなく、手軽に使えるのが魅力的です。

方法は、まずオーブントースター用の鉄板を用意します。
ここにクッキングシートを敷きます。

スポンサードリンク

さらに餃子には、ひだの部分を軽く水で湿らせて、焼き目部分にはごま油少々を塗布します。
あとは焼き目を上にして、オーブントースターで5分ほど焼けば良いだけです。

餃子に手間をかけるのが面倒かもしれませんが、このひと手間でカリッと美味しく、香ばしく仕上がりますので、試してみる価値ありですね!

冷めた餃子をレンジとトースターで温めなおす方法

冷めた餃子を温めなおす際に、多くの方が用いるものと言えば、電子レンジではないでしょうか?
ですが、残念ながら電子レンジで温めなおした餃子は、ベタベタになってしまいやすいですよね。
そこで、そんな電子レンジと、オーブントースターを併用して、より簡単に美味しく仕上げる方法があるのです。

まず、餃子を耐熱の皿に並べて、ラップをかけずに電子レンジで温めます。
ラップをかけてしまうと、水蒸気がこもって皮にしみ込み、ベタベタになるので要注意です。
こうして電子レンジで温めることで、餃子を中までしっかり温かくすることができます。

次に、温まった餃子を「焼き目」を上にして並べ、オーブントースターで軽く温めるのです。
オーブントースターで焼くと余分な水分が飛び、これだけでカリッと仕上がってしまいます。

この方法なら、洗い物も少なく、準備しなければならない物も少ないので、手軽にできてしまいますね。

冷めた餃子をカリッと美味しく温めなおす方法~まとめ~

冷めた餃子をカリッと美味しく温めなおす方法には、フライパンを使った方法やオーブントースター、電子レンジを使った方法などいろいろな方法があります。
手間ひまをかけても美味しく仕上げたい時には、フライパンを使ったり、こだわりのトースターを用いた方法にチャレンジしてみてください。
できるだけパパッと温めなおしたい時には、電子レンジとトースターの併用がおすすめですね。

せっかくの美味しい餃子を、より美味しくいただくためにも、そんな温め方の工夫をしてみましょう!

スポンサードリンク