加湿器の掃除に使う洗剤は?クエン酸や重曹、漂白剤でフルターの臭いは取れる?

スポンサードリンク

加湿器を掃除する際に、どんな洗剤を使用すれば良いのか、迷ってしまったことはありませんか?
クエン酸や重曹のような安全性の高いものを使うべきか、それとも漂白剤を使うべきか・・・
何を使うのが最も正しい方法なのか、悩んでしまいますよね。

スポンサードリンク

加湿器は、フィルターが汚れていると不快な臭いが発生する原因になります。
また、空気を汚してしまうため、健康面での問題も不安になってしまいますね。

そこで、そんな加湿器の掃除で、フィルターの臭いまでしっかり取りたい時におすすめの洗剤について紹介していきます。

加湿器の掃除にクエン酸は使える?

加湿器の掃除に使う洗剤で、特によく知られているものの1つが「クエン酸」です。
クエン酸は、加湿器のタンク部分やトレイ、それから肝心のフィルターに付着したカルキを除去するのに効果が高いことで知られています。

加湿器は、長く使用していると、これらの部分に白いこびりつきが発生しやすくなります。
このこびりつきは、水道水に含まれるカルキが原因ですので、これはアルカリ性の性質を持っています。
そして、このカルキを除去するのに、弱酸性の性質を持つクエン酸が大変効果的なのです。

さらに嬉しいことに、クエン酸は食品にも使用されるほど、安全性が高いというメリットもあります。
加湿器の掃除に使用する洗剤としても、安心感がありますね。

クエン酸を用いた加湿器の掃除方法ですが、これはとても簡単です。
まず、クエン酸大さじ1杯を2リットル程度のぬるま湯に加えてよく混ぜ、溶かします。
これをタンクに入れて、1時間ほど通常運転を行います。
最後に中のお湯を廃棄し、水を使ってよくすすぎましょう。

加湿器の掃除は重曹でできる!?

いろいろな場所の掃除に役立てることができるアイテムとして知られている「重曹」。
これを使って加湿器の掃除ができないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。
これについては、使用することは不可能ではありません。

スポンサードリンク

重曹の洗浄効果については、「研磨する」という働きが大きく、磨くことで頑固な汚れを落とす効果を発揮します。
そのため、加湿器のトレイやフィルターなどにこびりついた汚れを磨いて落とす効果が発揮されるのです。
ただし、気を付けなければならないのは、研磨により、加湿器に傷をつけてしまう恐れがあるという点です。

傷を付けずに優しく、楽に汚れを落としたいのであれば、重曹よりもクエン酸の方がおすすめ、ということが言えますね。
ただ、重曹には1つ、加湿器の掃除をする際のメリットがあります。

それは、臭いを取る効果です。
タンクに水を入れ、1%以内の少量の重曹を加えて運転すると、カビの臭いが取れることが分かっています。
臭いが気になる方は、安全性の高い重曹を使って対策してみるのも1つの方法ですね。

加湿器の掃除に漂白剤はアリ!?

加湿器の掃除で、最も手っ取り早い印象があるのが「漂白剤の使用」ですよね。
確かに漂白剤には、カビなどの汚れを強力に除去する効果が期待できるため、加湿器の掃除にも効果的と言えます。

カビが気になるタンクなどの掃除の際に漂白剤を使用すれば、よほど頑固な汚れでなければ、キレイな状態を取り戻すことができるでしょう。
また、漂白剤は臭いを取るためにも役立ってくれます。

このようなメリットはあるものの、漂白剤には「安全性」という面で不安な点があることも忘れてはなりません。
漂白剤がフィルターやタンクに残留してしまうと、加湿器を使用した際に気化し、これを吸入してしまう恐れもあるのです。

漂白剤による掃除は絶対にダメというわけではありませんが、頻度は控えめにした方が安心でしょう。

結論!加湿器の洗剤まとめ

加湿器の掃除に使用する洗剤は、クエン酸、重曹、漂白剤のどれでも使えるということが分かりました。
ですが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、うまく使い分けていくことが大切です。

普段の掃除には、安全性の高いクエン酸や重曹を用い、カルキ汚れ除去にはクエン酸を、臭い対策には重曹をメインに使用すると良いでしょう。
さらに大掃除など、より徹底してキレイにしたい場合には、漂白剤を使ってみると良いですね。

スポンサードリンク