ジュニアシートを助手席に装着は違反?何歳から可能?

スポンサードリンク

子供を車に乗せる際に、子供の安全を守ってくれるジュニアシート。
ですが、これをどの席に装着するか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

後部座席に設置されることが多いジュニアシートですが、例えば助手席に設置するのは違反になるのか?
そもそも、ジュニアシートには何歳から乗せることができるのか?
このような疑問を抱いている方は少なくないですよね。

そこで、そんな気になるジュニアシートにまつわる疑問を解決していきましょう!

スポンサードリンク

ジュニアシートを助手席に装着するのは違反?

子供は運転するパパやママの隣、つまり「助手席」に座りたがることがありますよね。
では、ジュニアシートを助手席に装着してしまったら、これは違反になるのでしょうか?

結論から言えば、答えはNOです。
つまり、ジュニアシートを助手席に設置すること自体は、特に違反にはなりません。
道路交通法では、チャイルドシートもジュニアシートも、設置する席については規定がないのです。
「子供が車酔いしやすいから助手席に座らせたい」「隣に座らせた方が様子が見れて安心」「子供が助手席に座りたがる」といった時には、ジュニアシートを助手席に乗せても良いでしょう。

ただ、ここで注意しなければならないのは、安全性です。
子供を乗せる際には、「万が一の事故の際に、子供ができるだけ安全であるように」ということを考えたいですよね。
その視点で考えると、ジュニアシートの設置場所が助手席というのは、ベストな選択とは言えません。

まず、車の座席の中で、事故の際に最も死亡率が高いのが助手席になります。
事故でコントロールを失った車は、左側に突っ込んでしまうことが多いため、ここは1番危険な席と言えるのです。

それから、助手席は万が一の事故の際、エアバッグが飛び出してくるようにできています。
このエアバッグは大人にとっては、事故の際に命を守るための大切な役割を果たすものですが、子供には危険なこともあります。
飛び出したエアバッグの衝撃に、小さな子供の体が耐えられないこともあるのです。

さらに、隣に子供を座らせることで、運転者が集中できなくなる恐れもあります。
その結果、事故を起こすリスクも高まってしまうという問題もあります。

これらの理由から、たとえ法律には違反していなくても、ジュニアシートを設置するのは助手席ではなく、後部座席を選んだ方が良いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

ジュニアシートは何歳から?

赤ちゃんの時には、車にはチャイルドシートと呼ばれるものを設置し、まだまだ体が不安定な赤ちゃんを座らせておきますよね。
ですが、ある程度大きくなってくると、ジュニアシートに乗せることが可能となってきます。
ジュニアシートはチャイルドシートに比べると、設置も簡単ですし、場所を取らないので、「早く切り替えたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

では、ジュニアシートに乗せるのは何歳から可能なのかと言うと、これについては3~4歳ごろが目安となります。
ただし、チャイルドシートからジュニアシートへの移行は、年齢だけでなく体格を考慮することが大切です。

まず、体重が18キロを超えた場合、チャイルドシートでは強度が不足してしまいます。
そのため、18キロを超えている場合はジュニアシートに移行したほうが安心と言えるでしょう。

それから、身長についても、100cmを超えたくらいが目安となります。
ジュニアシートは、座らせてシートベルトをかけるスタイルになりますので、ある程度の身長が無いと、シートベルトが首や顔にかかってしまいます。
そうならない身長になった時期を目安にしてみましょう。

ジュニアシートは何歳まで?

3~4歳ごろから乗せることができるジュニアシートですが、「では、何歳まで乗せる必要があるのか?」という点についても知っておきたいですね。

これについては、日本の法律で決められており、6歳未満の子供はジュニアシートを含むチャイルドシートに乗せることとなっています。
つまり、保育園に通っている間は、基本的にはジュニアシートを使っておくべき、と考えておくと分かりやすいですね。

それから、「何歳まで」という点についても、やはり重要になってくるのが身長です。
6歳以上になったとしても、子供の身長では、シートベルトが正しい位置で使えないことが少なくありません。
基本的にシートベルトは、140cm以上の身長に対応する造りとなっていますので、できれば140cmを超えるまでは、ジュニアシートを使っておいた方が安心なのです。

ジュニアシートにも様々な種類があり、中には11~12歳ごろまで使用可能なものもあります。
そういったタイプであれば、シートベルトを正しく設置できるようになるまで、使い続けることも可能ですね。

ジュニアシートについての疑問~まとめ~

ジュニアシートは、助手席への設置は違反ではないものの、ベストな選択とは言えません。
また、何歳から乗せるべきか、何歳まで乗せるべきかという点については、それぞれの子供の体格を考慮しながら検討する必要があります。

何よりも大切なのは、「大人の都合」や「子供のワガママ」を優先してしまうのではなく、「万が一の時に子供の安全を守ること」を第一に考えることです。
ジュニアシートを正しく使って、大切な子供の命を守りましょう!

スポンサードリンク