車のサンシェードの効果は?赤ちゃんがいる時の利用時の注意点は?

スポンサードリンク

47700944_476x636

春夏になると日差しが強くなり、そんな日差しが差し込む車内は、かなり気温が上がりやすくもなりますね。
そんな時に活用したいのがサンシェードです。

では、車のサンシェードの効果とは、どのようなものなのでしょうか?
また、特にサンシェードを活用したい方と言えば、赤ちゃんを車に乗せる方ですよね。
そんな赤ちゃんの座席近くの窓にサンシェードを使用する際の注意点に関しても、併せて紹介していきます。

車のサンシェード☆効果は?

車のサンシェードの効果でも特に大きいのが、車内の温度の上昇を防ぐことです。
車内の温度が上がる原因の1つが、窓から差し込んでくる太陽の光ですね。
この太陽による日射熱は、狭い空間に多数の窓がある車には特に大きな影響を及ぼします。

サンシェードをつけてけば、この日射熱を遮断することができ、車内の温度が上がるのをしっかり防げるというわけです。

これは実際に実験した例もあり、ダッシュボードの温度を計測すると、サンシェードを使用したものとしていないものとでは、温度差が25度にもなったという結果があります。
もちろん、どのような気候の日に何時間車を停めておくかによっても効果は変わってきますが、とにかく、車内の温度の上昇を防ぐために確かな効果があるのは事実ということですね。

さらに、サンシェードは他にも様々な効果が期待できます。
例えば、車内の温度が上がり過ぎたために、必死で冷房をかけようとすれば、それだけガソリンも必要になりますよね。
これではかなり燃費が悪くなりますが、サンシェードで温度の上昇を防いでおけば、こういったムダが省け、節約にもなります。

また、紫外線や温度の上昇は、長年にわたり影響を受けると、物を劣化させてしまう原因にもなります。
ダッシュボードなどは膨張や伸縮を繰り返すと、割れてしまうこともあるのです。
ダッシュボードの交換には10万円ほどかかることもあるので、その出費を考えれば、サンシェードはかなりコスパの良いアイテムであるということも分かりますね。

車のサンシェード☆効果の高いものは?

一口に車のサンシェードと言っても、様々な色や素材などのタイプがありますね。
では車のサンシェードで効果が最も高いのは、どういった物なのでしょうか?

まず色に関しては、白、シルバーなど光を反射しやすいものが良いとされています。
光をしっかり反射することで高い遮熱効果が発揮され、車内を日陰状態に保ってくれます。

それから、厚みもそれなりにある商品の方が良いとも言われています。
特に断熱シートになったものは、非常に優れた効果を発揮します。

スポンサードリンク

ということが一般的には言われていますが、実は実験による結果では、色や厚みに関係なく、サンシェードを使用した車では大幅に温度の上昇が防げていることが分かっています。
そのため、高級品を購入する勇気はなくても、安物でも良いからとりあえず、使っておけばそれなりに効果は期待できるというわけですね。

また、サンシェードには吸盤により取り付けるタイプもあります。
この場合は、ガラスをしっかり拭いて清潔にしておかなければ、吸盤が外れて落ちてしまい、無意味になることもあるので注意が必要ですね。
吸盤なしで、硬さがあってフロントガラスのところに簡単に置いておけるものを利用するのが好ましいでしょう。
これなら、吸盤の跡が残ることも気にせずに使用することができます。

車のサンシェード☆赤ちゃんを乗せる際の注意

車のサンシェードが特に大活躍するのは、赤ちゃん連れで車に乗ることが多い家庭ですね。
赤ちゃんは特に温度の変化には敏感ですので、暑い車内だと、熱中症等の危険性も増してしまいます。
赤ちゃんを車内に取り残すのはもってのほかですが、赤ちゃんを乗せる際にも、車内の温度はしっかり下げてあげたいですね。

車のサンシェードで赤ちゃんを乗せる際の注意点に関してですが、この場合、フロントガラスだけでなく、赤ちゃんが乗るチャイルドシートの側の窓にもサンシェードを取り付けてあげることを推奨します。
チャイルドシートの座る面も熱くなりやすく、場合によっては火傷をするレベルになってしまうこともありますので、注意が必要です。
特に赤ちゃんを乗せる際には、チャイルドシートの温度を確認してから乗せてあげるようにしましょう。

それから、サンシェードを付けたままの走行については、後部座席しか認められていません。
フロントガラスはもちろん、運転席や助手席の窓にもサンシェードを付けたままで走行することは違反になりますので、その点にも注意が必要です。
赤ちゃんを乗せている窓にサンシェードを取り付けて走りたいなら、チャイルドシートは後部座席に設置するようにしてください。

これらの注意点をしっかり守ることで、赤ちゃんを恐ろしい熱中症から守ってあげることができます。
車内の暑さは赤ちゃんにとって大きな負担になりますので、サンシェードなどの便利なアイテムを活用して、徹底的に対策してあげましょう。

まとめ

車のサンシェードの効果は、意外なほど優れているということが分かりました。
一見、ただなんとなく太陽の光を遮っているだけのアイテムで、意味があるのかどうか不安になってしまうサンシェード。
ですが、実は素晴らしい働きをしてくれているのですね。

特に赤ちゃんがいるご家庭なら、ぜひ持ち歩いて、駐車する際には必ず設置することを習慣づけておきたいですね。

スポンサードリンク