ココアのカフェイン量は?妊娠中にココアを飲んでも副作用の心配は?

スポンサードリンク

温かくて、心までホッコリさせてくれる、冬の定番の飲み物と言えばココアですよね。
ココアは身体を温めたり、美容面でも嬉しい効果が期待できるということで注目を集めています。

そんなココアですが、カフェイン量は多くないのか、気になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
カフェイン量の多い飲み物は、特に妊娠中や子供が飲む際などには注意したいところですよね。

そこで、そんな気になるココアのカフェイン量について調べてみました。

スポンサードリンク

ココアのカフェイン量は?

ココアと言えば、子供もよく飲んでいる印象があるため、カフェインが含まれていることすら知らないという方も少なくないのではないでしょうか?
ですが、実はココアにも、カフェインは含有されています。

カフェインが含まれているとなると、コーヒーと同じようにイメージしてしまうかもしれません。
では、ココアのカフェイン量は、コーヒーと比べるとどうなのでしょうか?

ココアのカフェイン量は、100mlあたり10㎎未満と言われています。
これに対して、コーヒーは100mlあたり60~100mgです。
コーヒーと比較すると、ココアに含まれるカフェイン量はかなり控えめであることが分かりますね。

ですが、そもそもなぜ、ココアにカフェインが含まれているのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。
これは、ココアがカカオ豆から作られているためです。
カカオ豆にはカフェインが含まれているため、ココアという飲み物になった際にも、多くはありませんが、カフェインを含んだ飲み物になってしまうというわけですね。

妊娠中のココアは大丈夫?

大人の女性で、カフェインの摂取量が特に気になるタイミングと言えば、やはり妊娠中ですよね。
妊娠中にはカフェインを多量に摂取してしまうと、胎児の発育を阻害する可能性があると言われています。

では、妊娠中にはココアのカフェイン量はどうなのでしょうか?
これについては、それほど心配する必要はないと考えて良いでしょう。

スポンサードリンク

妊娠中のカフェイン摂取については、WHOでは、1日にコーヒー3~4杯程度と上限量を定めています。
また、妊婦さんが1日あたり100㎎以上のカフェインを摂取すると、自然流産してしまうリスクが高まるとも言われています。

このように、妊娠中のカフェイン摂取は問題点もあるものの、影響が懸念されるカフェイン量はかなり多めです。
ココアに含まれる微量のカフェインくらいであれば、そこまで大きな問題が起こるリスクは低いと言えます。
つまり、妊娠中のココアは、カフェイン量による副作用は起こりにくいと考えられるわけですね。

子供に飲ませる際にも同じで、カフェインの量についてはそれほど心配する必要はなく、飲ませても大丈夫と言えるでしょう。

妊娠中にココアを飲む際の注意点

ココアはカフェイン量という視点で考えれば、妊娠中に摂取しても大きな問題のない飲み物と言えます。
ですが、ココアを飲む際には、カフェイン以外にも注意しなければならない副作用があります。
それは糖分による副作用です。

純ココアを舐めてみると分かるように、本来、ココアは苦味が強く、それだけで甘みを感じられるものではありません。
そのため、市販のミルクココアなどは、飲みやすくするためにたっぷりの糖分を加えてあります。

この糖分を多量に摂取してしまうと、妊婦さんの大敵である体重増加に繋がったり、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群などの厄介なトラブルに発展する恐れもあるのです。

また、子供にココアを与える際にも、やはり糖分は気になる問題です。
肥満や虫歯の原因になってしまう心配がありますね。

そのため、ココアはカフェイン量の観点ではそれほど心配なくても、やはり1日あたりの摂取量は、1杯程度に抑えるべきと言えます。
また、たっぷり加糖されたミルクココアではなく、純ココアに蜂蜜を加えて甘みをプラスするなど、糖分を控える工夫をしてみるのも1つの方法ですね。

ココアのカフェイン量について~まとめ

ココアのカフェイン量は、コーヒーなどに比べると、かなり控えめです。
妊娠中でも、カフェイン量という観点では安心して飲める飲み物であると言えます。

ですが、何でも多量の摂取は身体に良くありません。
糖分を多く含む、甘くて美味しいココアは、1日1杯までに控えるように心がけましょう。

スポンサードリンク