ホワイトデー義理チョコは3倍返しが相場!?好感度を上げるお返し!

スポンサードリンク

近年のバレンタインは、「好きな男性にチョコを贈る」という本来の意味合いが薄れ、「お世話になった方々」や「友達」にチョコを配るケースが増えていますよね。
その結果、「職場で大量の義理チョコをもらってしまった!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん、チョコを贈ってくれる気持ちは嬉しいけれど、「ホワイトデーにどんなお返しをしよう・・・」なんて悩みも出てきてしまいますよね。
ホワイトデーは、「義理チョコに対するお返しは3倍返しが相場」という説もあるので、悩まされてしまうところです。

では、義理チョコに対するお返しは、実際のところいくらぐらいが相場なのでしょうか?
また、好感度を上げるのにおすすめのお返しの例についても併せて紹介していきます。

スポンサードリンク

義理チョコのホワイトデーのお返し☆相場は?

まずは、義理チョコをくれた女性に対して、ホワイトデーのお返しにはいくらぐらいの相場のものを用意すれば良いのか・・・という点について考えていきましょう。
「3倍返しが相場」という説が本当だとしたら、職場でたくさんの義理チョコを貰った方などは、大変困ってしまいますよね。

ですが、安心してください。
実は世の中の女性は、そんなに欲深いわけではありません。

義理チョコに対するホワイトデーのお返しに関しては、「特に要らない」という方が非常に多いのです。
義理チョコは、あくまでも「お世話になっている方への感謝の気持ち」ですから、高価なお返しに期待して贈っているわけではないのですね。

ただ、「いくらなんでも、貰ったものに何もお返ししないのは申し訳ない」と感じる方も多いでしょう。
そこで、お返しをするのであれば、相場としては「貰ったものと同額程度」か、「ちょっと高いくらい」のものを選ぶのがおすすめです。

学生であれば同額程度のお返しでも十分ですが、職場で上司から部下へ贈る場合などには、ちょっと見栄を張り、「1.3倍程度」のものを贈ってみると良いですね。
欲深いわけではない女性も、やっぱり「贈ったものよりちょっとイイもの」が返ってくると、嬉しく感じるものです。

スポンサードリンク

ホワイトデー☆好感度を上げるならスイーツ

ホワイトデーの義理チョコに対するお返しで、好感度アップを狙うのであれば、おすすめはスイーツ類です。
女性は大抵、スイーツが大好きですし、義理チョコに対するお返しですから「形に残らないもの」の方が嬉しかったりします。
スイーツなら、美味しくいただいてしまえば後には残らないので、義理チョコに対するお返しとしては、完璧ですね!

さらに、「好感度アップ」を狙うのであれば、その辺で簡単に買えるようなスイーツではなく、「お取り寄せ」「限定」など女性が惹かれる「特別感」のあるものを選ぶのがおすすめです。
また、女性は見た目も大切にしますので、マカロンなど「見た目でも楽しめるスイーツ」を選ぶのも素敵ですね。

ただし、義理チョコをたくさん配った女性は、その分、ホワイトデーのお返しもたくさん受け取る可能性大。
そんな時に、「その日のうちに食べなければならないもの」を贈られるのは困ることもあります。
スイーツを贈る場合は、できるだけ日持ちする焼き菓子などをセレクトしましょう。

ホワイトデー☆義理チョコのお返しにチョコ!

チョコと言えば、バレンタインというイメージが強いですよね。
ですが、実は意外とホワイトデーのお返しにも、チョコは根強い人気なのです。
女性が大好きなチョコを、ホワイトデーのお返しにすれば、好感度アップも間違いなしですね!

ホワイトデーの義理チョコに対するチョコのお返しなら、ロイズやモロゾフなど、「ちょっと特別感のある高級チョコ」がおすすめです。
予算に余裕があるのなら、ゴディバなどは特に、好感度アップが狙いやすいでしょう。

チョコなら日持ちもしますし、見た目にも可愛らしいものも多く、また食べてしまえば無くなるものなので義理チョコへのお返しにピッタリです。
ホワイトデーのお返しに迷ったら、「自分ではなかなか買わないけれど、貰ったら嬉しい」と思われるような「ちょっと高級なチョコ」をプレゼントしてみましょう。

ホワイトデーの義理チョコへのお返し~まとめ~

ホワイトデーの義理チョコへのお返しは、3倍返しとはいかないまでも、好感度アップを狙うなら「もらった物より少しお高め」なものを選ぶのがおすすめです。
あくまでも義理チョコに対するお返しですから、「センスが問われるもの」「後々、残るもの」などは控え、女性ウケ抜群なスイーツやチョコを中心に選んでみましょう!

スポンサードリンク