大根の切り口に黒い斑点や筋が!食べられる?中が青い場合は大丈夫?

スポンサードリンク

冬野菜のおいしい大根。
いざ調理しようと切ってみると、中に黒い斑点や筋が入っていて、ショックを受けてしまうことがありますよね。

では、そんな大根の切り口にある黒い斑点や筋は、食べられるのでしょうか?
また、中が青い場合は食べても大丈夫なのでしょうか?

そこで、そんな大根についての気になる情報を調べてみました!

スポンサードリンク

大根の切り口に黒い斑点や筋ができる原因は?

大根を切ってみると、切り口に現れる黒い斑点や筋。
これは一体、何が原因で発生しているのか、気になりますよね。

実はこれは、ダイコンバーティシリウム黒点病と言われる病気によって発生しています。
切る前の状態では分からないのに、切ってみると、大根の繊維束の周辺に黒い斑点が発生する症状をもたらします。
また、皮を剥くと、この黒い斑点が筋状になって現れます。

この病気にかかってしまう原因は、大根が育つ土の中にある糸状菌と言われるカビです。
大根は冬野菜ですので、基本的には気温の低い季節に育ちますが、時には暖冬と呼ばれる年もありますね。
この病気は20℃~24℃で発病しやすくなるため、そんな暖冬の年や、暖かい地域で育った大根などには発生しやすいのです。

つまり、大根を切ってみて黒い斑点や筋が発生しているのは、決して保存状態が悪いとか、そういったことが原因ではないということになります。
畑で育てられている時点で、すでに病気にかかってしまっているのですね。

大根に黒い斑点や筋があっても食べられる?

黒い斑点や筋がある大根は、糸状菌というカビによる病気にかかっていると知ると、「食べるのは良くない」と考えてしまうかもしれません。
確かに、見た目にも良くありませんし、カビと訊くと抵抗がありますよね。

ですが、実は黒い斑点や筋がある大根でも、食べることには問題はないのです。
黒い斑点や筋を発生させている原因はカビではあるのですが、大根自体にカビが生えているわけでは無く、食べると健康を損なうようなことはありません。

スポンサードリンク

ただし、見た目も良くなく、食べる際に黒いのは、やっぱり気分が悪くなってしまいますよね。
また、黒くなってしまった部分は食感も良くありません。
美味しくいただきたいなら、黒くなってしまった部分は取り除いて食べると良いでしょう。

大根の中が青い場合は?

大根を切ってみると、切り口が「黒」ではなく、「青」になっていることもあります。
人は青い色の食べ物を見ると食欲を無くすなんて言われていますので、切り口の青い大根にも、ショックを受けてしまいますよね。

このように大根の切り口が青い状態になるのは、青あざ症という症状が原因です。
これは、大根そのものに起こる生理現象であり、切ってみないと症状に気づくことができません。

青あざ症が起こるのは、大根を栽培する際に「ホウ素」という成分が不足してしまうことが主な原因です。
また、育った土の温度が高かったり、水分が多い場合にも、このような症状が起こりやすくなります。

この青あざ症を起こした大根についても、食べても問題はありません。
ただの生理現象であり、カビなどとも違いますので、口にしても大丈夫です。

ただ、青あざ症を起こしてしまった大根は組織が硬くなりやすく、また苦味も強くなりやすいため、味や食感はイマイチになってしまいます。

それから、もう1つ大根で気を付けたいのが、水晶現象と言われる状態です。
これは、切り口が紫色に近い色になります。

この症状が起こるのは、保存状態に問題があるためです。
暖かい室内で保存した場合などに起こりやすいので、大根を保存する際には低温の場所を心がけましょう。
うっかり暖かい場所で保存してしまい、大根が水晶現象を起こしてしまったとしても、これも食べても問題ありません。
ただし、残念ながら風味は損なわれてしまいます。

大根の切り口の状態について~まとめ~

大根の切り口に黒い斑点や筋、青色や紫色の変色が見られる場合は、いずれも食べても大丈夫な症状であることが分かりました。
ですが、見た目に気分が良くないだけでなく、風味も落ちてしまいやすいという問題があります。

おいしい大根を食べたいなら、購入する際には寒いところで育てられた新鮮なものを選び、自宅で保管する際にも冷蔵庫の野菜室など、暖かくならない場所を選びましょう。

スポンサードリンク