ダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗うコツ!

スポンサードリンク

冬の寒い日に大活躍してくれる「ダウンジャケット」。
ですが、「洗濯機で洗えないからクリーニングに出さなければならず面倒」なんて感じてしまっている方も少なくないでしょう。

実はそんなダウンジャケット、コツさえ掴めば自宅で、洗濯機で洗うことも可能なのです。
そこで、そんなダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗う際のコツについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ダウンジャケットは自宅で洗える?

ダウンジャケットの洗濯絵表示を見てみると、大抵のものは「手洗い不可」のマークが付いており、自宅で洗うのは不可能なのではないかと思われがちです。
では、本当に自宅で洗うことはできないのでしょうか?

これは、もちろんダウンジャケットの素材などにもよりますので、一概には言えません。
ですが、中には自宅の洗濯機で洗うことが可能なものもあるのです。

基本的に、自宅で洗うことができるダウンジャケットの素材は、表地がナイロンやポリエステルでできているタイプになります。
ただし、あくまでも「自己責任」において洗うことになりますので、大切にしているダウンジャケットの場合はプロに任せた方が安心です。

また、ウール素材、シルク素材が用いられたダウンジャケットの場合は、自宅で洗うことはできません。
これらの素材は、水に濡れると縮んでしまいますので、クリーニングに出すようにしましょう。

ダウンジャケットを洗濯機で洗う方法は?

ダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗う方法は、おしゃれ着用の洗剤を用いて手洗いで、ということになります。
普通のコースで洗濯してしまうと、ダウンジャケットの中の羽毛が偏ってしまいやすいので注意が必要です。

ダウンジャケットを洗濯機で洗う際には、事前に袖口など、汚れがひどい部分をキレイに洗っておきます。
薄めた洗剤液をスポンジにつけて、軽く叩くようにして汚れを落としましょう。

スポンサードリンク

そうしてひどい汚れを落としたうえで、フードなどの付属品を外します。
それから、ファスナーやボタンはきちんと閉じて、軽く畳みます。
ここまで準備を整えたら、いよいよ洗濯開始です。

洗濯層に水を溜めてからおしゃれ着用洗剤を溶かし、ダウンジャケットを入れます。
ダウンジャケットの中身は羽毛で、水に浮く性質を持っているため、水に入れるだけではしずんでくれません。
そこで、洗濯槽の中に手を入れて水に沈ませるように、押し洗いをしていきましょう。
手洗いコースで自動で運転しても、ダウンジャケットの中まで水が染み込まず、無意味になってしまうので注意が必要です。

押し洗いが済んだら、30秒程度脱水を行います。
その後、キレイな水ですすぎを行います。
あとは1分程度、脱水を行ったら、風通しの良い日陰で2~3日かけてしっかりと乾かしましょう。

ダウンジャケットを洗濯機で洗う際のコツは?

ダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗う際には、知っておきたい「コツ」があります。

まず1つ目に、できるだけスピーディーに洗ってしまうということです。
羽毛が入っているダウンジャケットの場合、時間をかけてゆっくりと水を染み込ませてしまうと、羽毛が固まってしまい、ふんわり感が損なわれます。
手早く押し洗いして、手早く脱水して干してしまいましょう。

それから2つ目に、脱水時間を短めにすることです。
脱水時間が長すぎると、羽毛が偏ってしまう原因になります。

脱水による羽毛の偏りが不安な場合は、タオルで押さえて脱水する方法もあります。
バスタオルに、水気をきったダウンジャケットを乗せ、乾いたタオルで押さえるようにしていくと、ダウンジャケットを傷めることなく脱水をすることができます。

これらのコツを押さえて丁寧に洗えば、一見難しそうなダウンジャケットの洗濯も、自宅の洗濯機で手軽にできてしまいます。
クリーニング代を抑えるためにも、できるだけ清潔なダウンジャケットを身に着けるためにも、ぜひ実践してみてください。

ダウンジャケットを自宅で洗うコツ~まとめ~

ダウンジャケットは意外と自宅で洗濯機で洗うのも難しくありません。
ただし、やり方を間違えるとせっかくのふんわり感が損なわれたり、羽毛が偏ったり、素材が縮んでしまったりといった問題が生じることもあります。
お気に入りや高価なものはプロに任せて、自宅用や普段着としてよく着る安価なものなどは、自宅での洗濯にチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク