母の日の造花は失礼?生花の方が喜ばれる?リースならどう?

スポンサードリンク

45625689_480x606

母の日には、日ごろお世話になっているお母さんに、感謝の気持ちが伝わる素敵なプレゼントをしたいですよね。
定番中の定番と言えるのが花のプレゼントですが、この場合、長持ちしないことが気になる方もいらっしゃいます。

そこで、思い出として残していけるもの、という意味で造花を考える方もいるでしょう。
では、母の日に造花は失礼になるのでしょうか?
生花とどちらが良いのか、リースとして贈る場合にはどうなのか、など、気になるポイントをチェックしてみましょう。

母の日の造花は失礼?

母の日に造花は失礼なのかどうか、という疑問ですが、これは結論から言えば、失礼と受け取られる可能性が高いということになります。
なぜなら、造花は偽物、あるいは死んでいる花ということになり、あまり良い印象のあるものではないためです。

もちろんこれは、贈る相手によって受け取り方も違いますし、中には「子供が贈ってくれたものだから、造花でも生花でも構わない」「気持ちがこもっていれば十分!」という方もいらっしゃるでしょう。
ですが、やはりせっかくの母の日ですから、そんなややこしい物を贈るのではなく、心から喜んでもらえるものを選んであげたいですよね。

例えば成人式など着物を着る際の髪飾りでも、造花の飾りよりも、生花の方が格式が高く、良いものとされています。
母の日に贈るプレゼントもこれと同じ。
やはり、安く量産できる造花よりは、短期間しか楽しめなくても、イキイキとした生花の方が良いのです。

特に相手が気を使わない自分の母ではなく、夫の母、つまり義母であった場合には、絶対に造花は避けるべきであると言えるでしょう。
造花などを贈れば、嫁姑関係を悪化させる原因にもなりかねないので要注意です!

母の日の造花☆生花のデメリット

母の日の造花は生花にデメリットがあるからこそ、候補として考えてしまう物ですよね。
では、「造花の方が良いのかしら?」なんて思わせてしまうようなデメリットとは、どういった部分でしょうか?

まず1つ目には、生花は日持ちしないという点ですね。
せっかく贈るのだから、思い出の品として大切に、長年楽しんでほしいというのが本音ですよね。
ですが、生花だとどうしても、すぐに傷んで枯れてしまうというのが困ったところです。

スポンサードリンク

それから生花は、やはりお手入れをするのが面倒ということもあります。
水かえをしたり、キレイに活けたりするのが難しく、それに比べると造花は、ポンと置いておくだけで良いので楽にも感じられますね。

このような生花のデメリットを考えても、やはり造花は避けるべきでしょうか?
答えは、イエスです。

生花は確かに日持ちはしませんが、その瞬間を楽しむだけの価値があります。
また、どうしてもすぐに無くなるのがイヤなら、押し花にしたり、様々な方法で長く楽しむことも可能なのです。

それに、お手入れをするのは大変かもしれませんが、お母さんからすれば、「可愛い子どもがくれた花」ですから、お手入れも楽しみの1つになるかもしれません。
もしお手入れが面倒という場合には、わざわざ造花を選ばなくても、他のプレゼントを考えた方が良いでしょう。

母の日に造花のリースなら?

例えばクリスマスなどになると、造花で作ったリースなんかもよく、販売されていますよね。
それに倣い、母の日に造花のリースのプレゼント、ということを考える方もいるかもしれません。
確かにリースは可愛らしく、インテリアの1つとして楽しめる素敵なアイテムです。
ですが、造花で作られたものはいかにも安っぽくて、プレゼントとして贈るには不適切なものが多いので、注意が必要ですね。

かといって生花ではリースを作ってもあっという間に枯れてしまいます。
そこでオススメなのが、プリザーブドフラワーのリースです。

プリザーブドフラワーは生花から作られた、数年にわたり長持ちしてくれるお花ですので、プレゼントにはピッタリです!
しかもアレンジしやすいというメリットもあり、リース作りにも用いられます。

プリザーブドフラワーなら特に面倒なお手入れなどもありませんし、生花にはないデザインなども楽しめるので、いただいた側も素直に喜んでくれる場合が大半です。
価格は安くはありませんが、それだけの価値あるもの、と考えると良いですね。
造花にも生花にもない雰囲気を漂わせる素敵なプリザーブドフラワーで、母の日のプレゼントの悩みを解決してみましょう!

まとめ

母の日に造花は失礼にあたると考える方が多く、できれば生花、あるいはプリザーブドフラワーといったものを選ぶのが正解と言えそうです。
また、花で悩んでいるなら、無理に花に決めてしまわず、イロイロな選択肢の中から、プレゼントを考えていくと良いですね。
花以外にも食べ物や雑貨など、母が喜んでくれそうなプレゼントは色々あるので、視野を広げて探してみましょう!

スポンサードリンク