もう使わない自転車・学習机などを費用をかけずに処分する方法まとめ

スポンサードリンク

自転車や学習机などは、子供が大きくなると使わなくなってしまいますよね。
ですが、処分するのにも費用がかかるし、「どうしよう・・・」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、そんなもう使わない自転車や学習机などを、費用をかけずに処分する方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

もう使わない自転車・学習机は譲る!

もう使わない自転車や学習机を、費用をかけずに処分する方法として、まずおすすめなのは「譲る」という方法です。
特に子供の自転車などは、あっという間にサイズが小さくなってしまい、まだキレイなうちに使わなくなることもありますよね。
そんなキレイな状態の自転車などは、必要としている人に譲ると、喜んでもらえます。
学習机に関しても、新品で購入すれば決して安くはないものなので、たとえ中古でも譲ってもらえると喜ぶ人は少なくありません。

周囲の知り合いで必要な人がいれば、声をかけてみて、譲ってみると良いでしょう。
また、周囲にそういった人がいない場合でも、地域の掲示板やコミュニティサイトなどを通じて、欲しい人を募ることも可能です。
ただし、自転車も学習机も大きなものなので、遠方の人に譲るとなると、送料などがかかってしまいます。
できるだけ地元の人に譲るようにしたいですね。

わざわざ費用をかけて処分するよりは、たとえ無料でも必要な人に引き取ってもらった方が、自転車も学習机も有効に使うことができます。
多少の手間はかかりますが、思い出のある自転車や学習机の処分は、「譲る」という方法も1つの選択肢として検討してみてください。

もう使わないならリサイクルショップへ!

もう使わない自転車や学習机で、傷みもそれほど無く、「捨てるのはもったいないかも・・・」という状態のものであれば、リサイクルショップに持ち込んでみるのも1つの方法です。
リサイクルショップなら、状態が良かったり、高級なブランドのものであれば高値で買い取ってもらえる可能性があります。
ただし、あまりにも古く、傷んでいるようなものだと買い取りができないケースもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

もし買い取りができないような状態のものでも、リサイクルショップによっては無料で引き取ってくれることもあります。
その場合も、引き取りをお願いしてしまえば、費用をかけずに処分することができますね。

ただし、中には「値段が付かないものを回収するのには費用がかかる」というリサイクルショップもあります。
このような業者だと、結局、処分に費用をかけることになってしまうので、他の方法での処分を検討した方が良いでしょう。

運よく値段が付いた場合は、処分しようと考えていた自転車や学習机が、ちょっとしたお小遣いに化けるのですから、これは大変お得感がありますね。

学習机なら分解して処分できる!

人に譲ることさえできないくらい、古く汚れてしまった学習机は、廃棄処分することになりますよね。
ですが、粗大ごみとして処分する場合は、費用がかかってしまいます。
そこで、「手間がかかっても費用をかけずに廃棄処分したい」という方におすすめなのが、分解して廃棄する方法です。

自転車に関しては、この方法は難しいですが、学習机なら分解すれば、大部分を「燃えるゴミ」として処分するkとができます。
かなり手間のかかる方法ではありますが、粗大ごみとして出すよりは、費用は抑えられるでしょう。

ただし、自治体によって燃えるゴミとして出せる物の大きさが決まっていることもあります。
また、学習机の天板に関しては小さく分解するのは困難です。
さらに、自治体によっては、分解したとしても、学習机を燃えるゴミとして回収してくれないケースもあります。

まずは自治体のごみ出しに関する決まりをよく確認してから、うまく分解できる自信があるなら、この処分方法を検討してみてください。

もう使わない自転車・学習机の処分方法~まとめ~

もう使わない自転車や学習机を、費用をかけずに処分したいのなら、必要な人に譲るのがベストです。
ただし、譲るのも申しわけないくらいの状態のものについては、分解して燃えるゴミにするか、自治体が実施する粗大ごみの回収を利用しましょう。
古くて状態の良くない自転車や学習机の場合は、全く費用をかけずに処分するのは難しいかもしれません。
大きい買い物をする際には、その処分にかかる費用まで考えに入れたうえで、購入することも大切ですね。

スポンサードリンク