洗い流さないトリートメントの使い方まとめ 正しく使って美髪に!

スポンサードリンク

美しい髪は女性を魅力的に見せてくれますよね。
そんな美髪を作るために、効果的な方法の1つが「洗い流さないトリートメント」を使う方法です。

ですが、せっかく高品質な洗い流さないトリートメントを使っても、使い方が正しくなければ、効果も実感しにくくなってしまいます。
洗い流さないトリートメントを正しく使って、美髪を目指すために、使い方のコツをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

洗い流さないトリートメントの使い方☆タイミングは?

まず、洗い流さないトリートメントの使い方で大切なのは、「使うタイミング」です。
洗い流さないトリートメントを使うタイミングは、基本的には「タオルドライした後」ですね。

洗髪した後の髪をタオルでよく拭き取り、水気をしっかり切ります。
その状態で、適量の洗い流さないトリートメントを塗布するのが正しい使い方です。

この時、水分が髪にたくさん残っていると、せっかくのトリートメントが薄まってしまいます。
効果を実感しやすくするためにも、髪に残った水分は、しっかりと拭き取っておくことが重要です。

また、洗い流さないトリートメントの中にはヒートプロテインというものが含まれ、ドライヤーの熱によって栄養が浸透しやすくなるタイプのものもあります。
そのため、ドライヤー前のタイミングで洗い流さないトリートメントを使っておくのが理想的な方法と言えるのです。

さらに美髪を目指す方法としては、よりこまめなタイミングで洗い流さないトリートメントを使っていく方法もあります。
乾かす前、乾かした後、乾燥が気になった時などのタイミングで使ったり、朝のスタイリングの際に使用するという方もいらっしゃいます。
美髪を目指すために、1日に3回程度を目安に使ってみましょう。

スポンサードリンク

洗い流さないトリートメント☆使用量は?

洗い流さないトリートメントは、使用量を正しく使うことも重要なポイントとなります。
正しい使い方を知らない方の中には、「トリートメントはたっぷり使った方が効果がある」と思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、これは大きな勘違いなのです。

洗い流さないトリートメントは、適量を超えて使用すると、髪がベトつく原因になります。
また、余計な油分により日焼けしやすくなってしまうというデメリットも出てきてしまいます。

パッケージに記載されている適量を守り、髪全体に行き渡るように塗布することを心がけましょう。
手で髪全体に馴染ませた後に、クシを使って梳かしていくと、さらにしっかりと馴染ませることができます。
さらに、毛先などのダメージが大きいところには、手で揉み込むようにして丁寧に塗布しておきましょう。

あとはドライヤーで乾燥させれば、サラサラの髪に仕上がります。

洗い流さないトリートメント☆使用頻度は?

洗い流さないトリートメントの正しい使用頻度は、髪の状態によって違ってきます。
せっかく正しい使い方でケアをしても、頻度が間違えていたら、なかなか美髪にはたどり着けません。
ご自身の髪の状態をよく確認しながら、自分に合った頻度で洗い流さないトリートメントを使用していきましょう。

洗い流さないトリートメントの使用頻度は、基本的には「毎日」です。
1日1回、お風呂上りに使用するだけでも、美髪に近づくことができるはずです。
2日に1回、1週間に1回といった頻度ではなく、できるだけ、スキンケアと同じような感覚で、毎日ケアしていきましょう。

また、ダメージがひどい方は、朝晩の2回、あるいは朝・昼・晩の3回使用してみるという方法もあります。
こまめな頻度でケアをしていけば、髪の乾燥を防ぐことができ、ダメージを軽減できるでしょう。

洗い流さないトリートメントについて~まとめ~

洗い流さないトリートメントは、使用するタイミングや使い方、頻度などに注意して正しく使っていけば、より効果的に美髪に近づけます。
自己流ではなく、正しい方法をしっかり理解して、上手に活かしていきましょう。

スポンサードリンク