引っ越し祝い☆兄弟の金額の相場は?どんなものが喜ばれる?

スポンサードリンク

50107785

引っ越しは、おめでたい機会に行われるケースが大半ですよね。
例えば大学に入学するため、社会人として新たな土地で頑張るため、結婚して新しい家族と暮らすため・・・
そんな引っ越しの機会には、何か心を込めた贈り物をしたいと考える方も多いでしょう。

では、そんな引っ越し祝い、相手が兄弟の場合には、どの程度の金額が相場なのでしょうか?
また、具体的に何を贈れば良いのか、というのも気になるところですよね。

そこで、そんな引っ越し祝いの兄弟の金額についてと、贈ると喜ばれる可能性大なギフトについて紹介していきます。

引っ越し祝い☆兄弟は金額もそれなりに!

結婚祝いや出産祝いとなると、友人や知人などからもお祝いがあったりしますよね。
これは本格的なお祝いで、金額的にもそれなりに高くなっているケースが大半です。

ですが、引っ越し祝いの場合には、友人や知人では新たな住居を訪れた際に手土産を持参する程度のことが多いですね。
ただ、相手が兄弟というごく近しい間柄であれば、やはりきちんとお祝いをしてあげたいところでしょう。

そこで引っ越し祝いの兄弟の金額ですが、相場としては1~3万円程度を考える方が多いようです。
意外と高額に感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですがこの時、引っ越しと同時に就職や入学、結婚といったお祝いが重なる場合には、そちらの方に重きを置いた方が良いでしょう。
また、何度も住居を変えることを楽しんでいるような兄弟であれば、賃貸から賃貸への引越しに、毎回お祝いを用意する必要もないと言えます。
そのような場合には、新たな住居に手土産を持参するくらいでも構わないでしょう。

時と場合に応じて、金額や内容を考えながらお祝いしてあげる、ということが大切ですね。

引っ越し祝い☆兄弟の金額での注意点

引っ越し祝いは兄弟の金額だと1万円~3万円程度が相場と言われていますが、この金額の中で、注意しなければならないポイントがあります。
それは、2万円の現金や商品券などは贈らないことです。

スポンサードリンク

基本的に偶数というのは不吉な数字であると言われています。
「2」に関しては「分かれる」ということを連想させる数字とされていますので、これは避けた方が良いのです。

親しき仲にも礼儀あり。
もし1~3万円を現金で贈る場合には、1万円か、あるいは3万円を包むようにしましょう。
もちろん新札を用意して、表書きには「御祝」「御転居御祝」などと書き、蝶結びの水引きのものを利用します。
現金ではなくプレゼントを贈る場合にも、こういった熨斗のマナーにも気を付けたいですね。

引っ越し祝い☆兄弟でプレゼント

では、引っ越し祝いに兄弟で、現金ではなくプレゼントを贈る場合には、どういったものが良いのでしょうか?
まず贈ってはいけないものを最初に理解しておきましょう。

1つ目には、自分の趣味を押し付けるもの。
兄弟だからこそ熟知している相手の趣味に合うインテリアなどは良いかもしれませんが、自分の趣味に合わせて購入したものを、無理に飾ってもらうのも、気を遣わせてしまうので、良くありませんね。

それから、2つ目には火を連想させるもの。
せっかく引っ越した新居が火事になってしまっては大変ですから、灰皿、ライターなどの贈り物は避けましょう。

では、現金以外で引っ越し祝いに兄弟からプレゼントするのに適しているのはどのようなものでしょうか?
これは、例えばキッチンで利用する家電などが挙げられます。
家電なら、金額も納得できる範囲内で見つけることができますし、お料理をする方なら実用的に使うことができるでしょう。
よほど奇抜なものを贈らない限り、趣味に合わないといった問題も起こりにくいですよね。

それから、お米なども人気です。
食べ物は後腐れがありませんし、お米は必ず食べるものですので、炭水化物抜きのダイエットをしている相手でなければ、きっと喜んでもらえますね!

まとめ

引っ越し祝いは兄弟の金額が1~3万円と、意外と高額に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、大切な兄弟のせっかくの門出ですから、マナーもしっかり守りながら、心からお祝いしてあげたいものですよね。
現金だとお互いに気を遣うという場合には、よく考えて、兄弟だから分かり合える、相手がきっと喜ぶであろう素敵なギフトを贈りましょう。

スポンサードリンク