引っ越しの手続き☆順番は?インターネットでもできる?書類は?

スポンサードリンク

50107785

春からは引っ越しして新天地で生活を始めるという方もいらっしゃるでしょう。
確かに新しい住居に引っ越すのは楽しみの1つでもありますが、イロイロと不安なことも出てきます。
例えばどんな手続きをすれば良いのか、といったことですよね。
あれこれあり過ぎて、結局何から手をつければ良いのか分からないということもあるでしょう。

そこで、引っ越しの手続きの順番や、インターネットから行える簡単な方法、必要な書類など、気になる情報を紹介していきます。

引っ越しの手続き☆順番は?

何から手を付ければ良いのやら、分からなくなってしまっているという方は、まずは必要な手続きをリストアップしてから、引っ越しの手続きの順番を決めていきましょう。

まず引越しの手続きの順番で1番最初に行っておくべきなのが、これまで住んできた家が賃貸なら、大家さんに退去の日を通知することです。
それから契約についても改めて話し合って確認しておきます。

また、子供がいる場合などは、学校や保育園にも事前にしっかり連絡をとっておくことです。
引っ越す前と引っ越した後の学校、保育園にきちんと連絡し、手続きについても確認しておきましょう。
また、引っ越す前の家の整理もできるだけ早めにして、特に処分すべきもの、粗大ごみなどは業者にお願いし、計画的にキレイにしておくことが大切ですね。

次に、引越しが2週間ほど前に迫ってきたら、電気や水道、ガスといった生活に必要な部分の手続きが必要になります。
引っ越しの日には切り替えられるように手続きしておきましょう。
固定電話やインターネットのプロバイダーもありますので、こういったものもしっかり変えておきましょう。

さらに、新聞などの配達を利用している方は、これらも住所変更の手続きが必要になります。
郵便物の転送届けも出しておきましょう。

引っ越しの前日までには、市役所での手続きを行います。
そして引越しが済めば、運転免許証などの住所変更、車庫証明書の入手なども行っていきましょう。

このように、引っ越しの手続きはかなり膨大になります。
約1カ月前くらいから徐々に手続きを開始しておき、引越し後にばたばたと慌てないようにすることが大切ですね。

スポンサードリンク

引っ越しの手続き☆インターネットでできるもの

引っ越しの手続きというと、市役所や各種窓口を訪れなければならないイメージが強いですよね。
ですが、中には引っ越しの手続きが簡単にインターネットで済ませられるというものもあります。

まず携帯電話の住所変更ですね。
これは契約している携帯電話のサイトから、変更できるので簡単ですね。
それから、電気の契約の変更なども、実はインターネットからできてしまったりします。

ただし、インターネットで変更の申し込みをして、後日書類が送られてくるというものもありますので注意してください。
例えばクレジットカードの住所変更などは、ネット上だけではできません。
申し込みをすれば変更の手続きのための書類が送られてきますので、必要事項を記入して返送しましょう。

引っ越しの手続き☆書類がたくさん!

引っ越しの手続きでは、とにかく膨大な数の書類を書かなければならないということを覚悟しておいてください。
まず引越し前には転出届、国民保険の住所変更届、子供がいれば転校の書類、児童手当や乳幼児医療費助成などの福祉関連の受け取り変更・・・
さらに引越し後には転入届け、国民年金、住民票、印鑑登録、運転免許証、車庫証明などの変更のための書類が必要になります。

それから生命保険や医療保険に加入している場合には、これらも変更手続きが必要なので、書類に記入していくことになります。
また、銀行などの住所も変更していくことになるので、窓口で書類による手続きが必要です。
インターネットの銀行などの場合は、ネット上から申し込みをして、後日送られてくる書類に返送といった形ですね。

住所が変われば免許証の住所も変更になり、身分証明に使用するためには各種サービスの住所なども変えていかなければなりません。
たくさんの書類を書くのは面倒ではありますが、今後のために必要不可欠なことと考えて、しばらく頑張ってみましょう!

まとめ

引っ越しの手続きは順番をきちんとまとめておかないと、イロイロありすぎてパニックになってしまいそうですね。
ですが、1つ1つきちんとこなしていけば、いつかは終わることなので心配ありません。
後々、何か不備があって慌てることの無いように、きちんと手続きしていきましょう。

インターネットで気軽にできる手続きもあれば、書類が色々と必要な面倒なものもあります。
書類が必要なものに関しては、各市町村によって違いもありますので、まずは市役所などを訪れて問い合わせてみることが大切ですね。

スポンサードリンク