自転車の折りたたみ☆選び方は?デメリットはある?長距離移動は?

スポンサードリンク

51650008_480x317

自転車は歩くよりも楽に速く移動ができる便利な交通手段の1つですよね。
ですが、置き場所などに困るし、遠方に出かける時には利用しづらいので、中には折りたたみタイプを持っているという方もいます。

では、自転車の折りたたみの選び方で、購入時に気を付けるべきポイントとしては、どういったことが挙げられるのでしょうか?
また、こういったタイプだからこそのデメリットや、長距離移動が可能かどうかといった点も気になるところですね。

そこで、そんな気になる折りたたみ自転車について紹介していきましょう。

自転車☆折りたたみの選び方

自転車の折りたたみの選び方で、まず注目したいのがタイヤの大きさです。
一般的には収納しやすいという観点から、小さめのタイヤを採用した自転車が多いですね。
ですが中には、一般的な折りたためないタイプの自転車と変わらない大きさのタイヤを採用してあるものもあります。
収納保管場所などに合わせて選ぶと良いでしょう。

ただ、中には10インチ以下のタイヤなどもあり、ここまで小さくなると、かなりこぐのに疲れてしまったり、段差の影響も受けやすくなるので注意が必要です。

それから、折りたたみ自転車に関しては安ければ良いというものではありません。
乗り物ですから、当然、安全性は選び方において重要なポイントになります。
価格は2万円以上するものが妥当で、必ずTSマークのついたものを選びましょう。
小さいのだから安いのではないかと考える方もいるかもしれませんが、実際には折りたたみ自転車は構造が複雑で、決して安くはないものだと考えてください。

また、もし持ち運んで利用することが多いというのであれば、その点にも配慮した選び方が必要になります。
できるだけ軽量で楽に持ち運べるものの方が、便利ですね。
中にはキャスター付きで楽々持ち運べるものなどもありますので、お出かけ先で自転車を利用したい方には便利です。

こういったポイントをチェックしながら、できれば信頼できる自転車のプロがいる自転車専門店で購入してみましょう。

自転車☆折りたたみのデメリットとは?

折りたたみの自転車には、折りたたんでコンパクトになり、収納しやすい、持ち運びやすいといった大きなメリットがあります。
車にも積み込みやすく、お出かけ先でもサイクリングが楽しめるというのがうれしいポイントですよね。
また、デザイン性に優れた物も多く、これに乗っているだけでオシャレに見えてしまうこともあります。

スポンサードリンク

ですが、そんなメリットが多数ある自転車の折りたたみはデメリットと言える面も、残念ながら抱えています。
例えば、車輪が小さいために、こぐスピードが出しにくく、こぎ続けていないとスピードダウンしてしまうので大変、というのが1点ですよね。
また、構造が複雑であるために高額な商品が多く、気軽に購入できないというのも困った点です。

それから、改造などをして楽しみたい方の場合は特に、改造によって畳みにくくなってしまうということもあるので注意が必要です。
フレームなども破損しやすく、強くはないため、オフロード走行には不向きとされています。

ただし、これらのデメリットはあくまでも一般論であり、全ての折りたたみ自転車に共通する問題ではありません。
中には非常に高性能で、ひとこぎでスムーズに走行し、一般的な自転車と変わらないほどスピードが出て疲れにくいという折りたたみ自転車もあります。
そういった性能にこだわれば高額にはなってしまいますが、それでも折りたたみ自転車にこだわり、楽しみたいというのであれば、高性能なものを選んでみるとデメリットをほぼ感じることなく、楽しめるでしょう。

自転車☆折りたたみで長距離移動は可能?

自転車で長距離移動することを趣味の1つにしている方も多いですね。
では、自転車の折りたたみで長距離移動をすることは可能なのでしょうか?
これについても、やはりどのような折りたたみ自転車を選ぶか、によって変わってきます。

激安な折りたたみ自転車を選んでしまった場合、ママチャリと変わらない程度の性能のものも多く、その上タイヤも小さいので、ひとこぎで進む距離が短く、長距離移動は厳しいですよね。
ですが、中には本格的な走りが楽しめるスポーティーなモデルのものも登場しており、これを利用して長距離移動を楽しんでいる方も少なくありません。

例えばペダル側のギアの歯の数が多いと、ギアが大きくなり、ひとこぎするだけでも、スムーズに距離が走れます。
そのため、このギアの大きな折りたたみ自転車を選んでおけば、長距離の移動にも楽々利用できるということになりますね。

一般的には、スポーツタイプとして販売されている折りたたみ自転車は、長距離の走行にも向いているものが多くなっています。
スピードも出やすく、快適なサイクリングを楽しむことができるでしょう。

例えば電車で折りたたみ自転車を持参して通勤し、駅から会社までを自転車で通勤、なんて利用方法ができます。
また、旅行先に自転車を持参して、現地の自然の中や街中を自転車でのびのびと散策、なんてこともできますね。

まとめ

自転車の折りたたみは選び方も実はかなり奥が深く、じっくり比較・検討しなければなりません。
どんなシーンで利用したいのか、必要とする機能はどういった点なのかなど、自分のニーズをよく考えながら、それを満たしてくれる物を選びましょう。

スポンサードリンク