サンシェード☆ベランダの効果は?風が強い場所や賃貸でもOK?

スポンサードリンク

夏の厳しい暑さを前にして、対策の1つとしてサンシェードをベランダにつける方が増えていますよね。
見た目はまるでカフェのようで、なんだかオシャレに感じられてしまいます。

では、このサンシェード、ベランダの効果は具体的には、どういったところにあるのでしょうか?
また、取り付けたいけれど風が強い、賃貸だから不安という方も多いでしょう。
そこで、そんな気になるベランダ用のサンシェードについて調べてみました!

サンシェード☆ベランダの効果は?

例えばサンシェードと言えば、車の窓に設置することで車内の温度が上昇するのを防いでくれたりするアイテムですよね。
ではそんなサンシェード、ベランダの効果というのは、どういったところにあるのでしょうか?

まず、夏の暑さの原因は様々なところにあります。
ですが、大きな原因となるものの1つとして考えられるのが、ベランダの窓から差し込む光なのですね。
ベランダの大きな窓から太陽の光が差し込めば、室内の温度はどんどん上昇してしまいます。

そこで、サンシェードを使って窓ガラスから入ってくる光を遮ることができれば、室内の温度の上昇をかなり抑えることができます。
ですが、これだけなら「カーテンでも良いのでは?」なんて感じてしまうかもしれません。

実はサンシェードの効果というのは他にもあります。
ベランダなどの床面に太陽の光が当たると、これが反射熱として熱を持ちます。
この熱が室内に入り込む可能性もありますので、ベランダの床面に当たる光まで遮ることができるサンシェードは、かなり有効な暑さ対策になり得るということが言えるのです。

もちろん、外で遊ぶ子ども達の日影としても活躍してくれ、熱中症対策や日焼け対策にもなります。
このように、実はベランダに設置するサンシェードは、オシャレなだけではなく、優秀な効果が期待できるものなのですね。

サンシェード☆ベランダの風が強い場合

嬉しい効果が期待できるサンシェードではありますが、ベランダの風が強い場合にはどうすれば良いのか、というのも気になるところですね。
そんなサンシェード、ベランダの風が強い家では設置を諦めてしまうかもしれませんが、これは工夫次第でどうにかなります。

スポンサードリンク

まず、サンシェードはできるだけ通気性の良いものを選ぶことが重要です。
風をまともに受けてしまうものは、強い風が吹いた時に抵抗が生まれ、激しくあおられてしまいます。
ですが風を通すものであれば、抵抗が生まれず、強い風でも動きにくいのです。

それから設置する角度ですが、できるだけ斜めに着けましょう。
斜めに設置することで抵抗が減りますね。

あるいは、サンシェード代わりによしずなどをベランダに斜めに設置する方法もあります。
よしずは日よけの効果ではサンシェードに劣りますが、風通しという面では非常に優れています。
よしずを斜めに設置し、しっかり固定しておけば、強い風でも動きにくく、しっかり厚さ対策をしていくことができますね。

よしずではオシャレな感じは無くなってしまいますが、逆に古き良き日本の、味わいの良さがあるのが魅力ですね。

サンシェード☆ベランダは賃貸だと不可?

暑さ対策に効果的なサンシェード、賃貸のマンションなどにお住まいの方は、設置することはできないのでしょうか?
実は、これも注意点さえ守れば、決して不可能なことではありません。

例えば設置の方法ですが、賃貸の場合は穴をあけたりすることはできませんよね。
ベランダのつくりによっては、設置が難しいこともあります。

そんな時、マグネットタイプのサンシェードであれば、どこでも気軽に取り付けることができます。
安全性にも優れていますし、強度も強く、意外と重いサンシェードでも動きにくいというのも嬉しい点です。

賃貸にサンシェードを取り付ける際には、ベランダ、家の外壁などを傷つけないことを最重要課題として考えなければなりません。
取り付け金具の種類にこだわれば、賃貸でも設置は不可能ではないのです。

ただし、中にはマンションの利用規約などで、サンシェードなどの取り付けが禁止されているということもあります。
これはマンションの外観を損なうといった視点からのルールですね。

せっかく購入して設置したサンシェードを、マンションの規約により撤去しなければならない羽目になるのを防ぐためにも、事前に規約を確認するようにしましょう。

まとめ

サンシェードはベランダで効果を発揮し、夏の辛い暑さから守ってくれる心強いアイテムです。
風が強い家庭でも、賃貸の家庭でも上手に導入して、夏の節電のためにも活用してみましょう!
人気のサンシェードは、取り付けやすさなど機能も向上していますので、選ぶのも楽しみになりますよ!

スポンサードリンク