洲本温泉のお土産※女子旅でコスパが良くて喜ばれるのは!?

スポンサードリンク

淡路島にある洲本温泉は、数ある日本の温泉の中でも、名湯として知られるスポットですよね。
女子旅にもピッタリな洲本温泉。
そんなこちらの温泉を訪れた際には、素敵なお土産を買って帰りたいものです。

では、特に帰宅後、女子に配る際に、本当に喜ばれて、しかもコスパも良いお土産には、どんなものがあるのでしょうか?
洲本温泉のお土産を女子旅の目線で紹介していきましょう。

洲本温泉のお土産☆タマネギの食品

洲本温泉があるのは、淡路島。
そして、この淡路島の名産品と言えば、タマネギです。

洲本温泉の周辺にも、タマネギを用いた、お土産にぴったりな商品がたくさん取り揃えられています。
例えば「たまねぎスープ」や「たまねぎドレッシング」などは、お料理好きな女子へのお土産にぴったりです。

お土産というと、ついついお菓子などを選んでしまいますよね。
ですがダイエット中の女子には、お菓子類は禁物!
そんな時に、美容と健康にも良いタマネギの食品なら、きっと喜んでもらえますね。

こういった食品は、男性にもウケが良いので、職場のお世話になっている方にも贈ってみると良さそううです。
甘い物が苦手という男性でも、普段の食事で利用できるたまねぎスープやたまねぎドレッシングなら、活用してくれるでしょう。

洲本温泉のお土産☆あわじオレンジスティック

洲本温泉から、ちょっとおしゃれなお土産を持ち帰りたいというのであれば、おすすめは「あわじオレンジスティック」です。
こちらは、オレンジピールにチョコをかけたお菓子で、大人の風味が楽しめるというタイプのお土産ですね。

ただし、オレンジピールは好き嫌いがありますので、「元々、好物だと分かっている方」へのお土産や、「自分へのご褒美」といった感覚での利用がおすすめです。

オレンジピールにチョコをかけた製品は、他でも見かけることもあるかもしれませんが、この「あわじオレンジスティック」は少々、他の商品とは違っています。
こちらは淡路島の老舗菓子店、長手長栄堂さんが造っているもので、全国菓子博覧会に出品する際の新作作りで開発したものになります。

スポンサードリンク

もちろん。原料には淡路島の名産品もしっかり用いられています。
淡路島でしか栽培できない鳴門オレンジの皮を砂糖漬けにしたものに、ベルギー産チョコをコーティングして作ってあるのです。

そんなこだわりの逸品は、スイーツ好きな女子にはかなり高く評価してもらえるお土産になるでしょう。
75g入りの小箱で、価格も630円と比較的、リーズナブルなのも嬉しいポイントです。

洲本温泉のお土産☆たまごまるごとプリン

洲本温泉からすぐ、というわけにはいきませんが、ついでの観光で淡路市に立ち寄った際に、ぜひ購入したいお土産の1つが「たまごまるごとプリン」です。

たまごまるごとプリンは、ただの卵に見え、見た目にも割れ目や継ぎ目が一切存在しません。
ですが、実は中身は卵ではなく、美味しいプリンが入っているのです。

このたまごまるごとプリンは、その名の通り、中身の原料はたまご丸ごと、のみとなっています。
たまごを割ることなく、超高速で回転することで、殻の中で攪拌されていきます。
あとは低温で加熱すると、プリンになるというわけですね。

添加物も砂糖も一切使用していないプリンなので、「甘い物が好きだけれどダイエット中で控えている」という女の子へのお土産としてピッタリです。
シロップも付属しているので、「ただの卵」でも、これをかけるとしっかり濃厚なプリンに変身して、美味しく楽しむことができます。

このプリン、作り方のシンプルさを考えれば、一見、どこでも気軽に買えそうな感じがするかもしれません。
ですが、こちらは淡路市にある北坂たまごという店舗で作られており、北坂養鶏場という自社の養鶏場で採取された新鮮なものだけを使っているのです。
シロップも砂糖のみで作られたシンプルなもので、添加物は一切不使用!
そんなこだわりのたまごまるごとプリンは、まさに「淡路島だから手に入るお土産」というわけですね。

価格は4個入りで1,000円。
女子へのプレゼントにも良いですが、家族に贈るのにもピッタリな量と価格帯です。
話題性があるので、これをお土産にすると、土産話も盛り上がることでしょう。

まとめ

洲本温泉のお土産は女子旅にぴったりなグルメが多数あります。
さらに、洲本温泉から少し足を伸ばして、淡路島全体でチェックしてみると、さらにお土産の選択肢も広がりますね。
美味しいものや可愛らしいものをお土産にして、女子旅の素敵な思い出を分かち合いましょう!

スポンサードリンク