お尻の冷え対策でダイエットを成功 お尻を温めて下半身デブ解消!

スポンサードリンク

ダイエットを成功させるために、実はとても重要なのが「お尻」です。
お尻が冷えていると、下半身デブになりやすくなるのです。

そこで、そんなダイエット成功のための「お尻の冷え対策」について、気になる情報を紹介していきます。

スポンサードリンク

お尻の冷えで下半身デブに!?

手足の冷えは気になるけれど、お尻の冷えなんて気にしたことがない・・・
そんな方も、少なくないですよね。
いつも衣類に覆われており、あまり意識する機会のないお尻は、触れてみると驚くほど冷えていることもあります。

ではなぜ、そんなお尻の冷えがダイエットと関係しているのでしょうか?
実は、人の体は、冷えているところがあると、その部分を冷えから守ろうと、たっぷりの脂肪を付けてしまいます。
つまり、お尻が冷えていると、お尻にたっぷりの脂肪を溜めこみやすくなるということが考えられるのです。

また、お尻には毛細血管が集まっており、この毛細血管は内臓の血液量を調整する働きを持っています。
つまり、お尻が冷えてしまうと「内臓の冷え」も引き起こしてしまう恐れがあるのです。

さらに、お尻が冷えると、お尻から下の血行も妨げられてしまいます。
その結果、足の血行も悪くなり、下半身太りが起こってきてしまいます。

このように、お尻の冷えは下半身デブの大きな原因であり、健康面を考えても、決して良いことではないのです。
逆に言えば、お尻の冷え対策をしっかり行っていけば、内臓や下半身の血行も良くなり、代謝がアップしてダイエットが成功しやすい体作りができるというわけなのですね。

お尻の冷え対策☆原因を知ろう!

お尻の冷え対策を行う前に、まずは「なぜ、お尻が冷えてしまうのか」、その原因を探っておきましょう。
原因が分かれば、対策も行いやすくなりますね。

まず、お尻が冷える原因として考えられるのが、長時間のデスクワークです。
長い時間、座りっぱなしで仕事などをしていると、お尻は血行が悪くなり、冷えてしまいます。
また、逆に長時間、立ちっぱなしの仕事をしている方も、同じ姿勢が長く続くことで、お尻の血行が悪くなることがあります。

スポンサードリンク

それからもう1つ、お尻が冷える原因として考えられるのが「運動不足」です。
お尻は元々、脂肪が多い部分ですが、この脂肪には「1度冷えると温まりにくい」という性質があります。
そのため、お尻の脂肪が多い人ほど冷えやすくなってしまうのです。
日頃から運動をして、お尻に適度な筋肉が付いている状態が理想的と言えますね。

お尻の冷え対策☆効果的に温める方法は?

お尻の冷え対策を行うために、効果的にお尻の脂肪を温める方法をチェックしておきましょう。

お尻を揉む

手を使ってお尻を揉み解していくと、それだけでポカポカと温まってきます。
お尻のコリをほぐす効果もあるのでおすすめです。

カイロで温める

寒い所で仕事をする時や、冷えがひどくて気になる時には、カイロを使ってお尻を温めてあげましょう。
仙骨という、お尻の上の骨が出っ張った部分にカイロを貼るのが効果的です。

ストレッチをする

寝る前にストレッチで体の筋肉をほぐすことを習慣にしてみましょう。
お尻に限らず、全身の血流が良くなる効果が期待できます。

半身浴をする

1日の終わりには半身浴をして、お尻をじっくり温めてあげましょう。
炭酸ガス入りの入浴剤や、温熱作用のある入浴剤を入れるとより効果的です。

適度な運動をする

筋肉は血行促進に大変効果的です。
ウォーキングなど、無理のない範囲で運動を取り入れて、運動不足を解消しましょう。

食事に気を付ける

体を冷やす食べ物はできるだけ控え、温める食べ物を積極的に食べましょう。
砂糖は体を冷やすので控えるようにしましょう。
根菜類や生姜などがおすすめです。

このように、お尻の冷え対策は特別な道具を用意したり、お金をかけたりしなくても、今すぐ簡単に取り組めることばかりです。
あまり気にかけてあげないけれど、実は意外と過酷な環境で、冷えと戦っているお尻。
そんなお尻を労わるように、冷え対策をしっかり行っていきましょう。

お尻の冷え対策について~まとめ~

お尻の冷えは下半身デブの原因になる、ダイエットの大敵。
さらには、内臓まで冷やしてしまい、健康面にも悪影響を及ぼす可能性があります。
お尻に触れてみて「冷たい」と感じる場合は、毎日のちょっとした心がけで、お尻の冷え対策をして、ダイエット成功と健康の維持に努めましょう!

スポンサードリンク