入学式のスーツ☆母親のマナーは?アクセサリーはOK?いつ買う!?

スポンサードリンク

50107787

入学式には、フォーマルなスーツを着用して出席、というママも多いでしょう。
ですが、普段着慣れないフォーマルなファッションというのは、なかなか難しく感じられるものです。

では、そんな入学式のスーツ、母親が着用するものに関してはどのようなマナーがあるのでしょうか?
また、いつ買うのが正解なのか、アクセサリーも付けるべきなのかなど、気になるポイントがたくさんありますよね。

そこで、そんな入学式のスーツに関する情報を紹介していきます。

入学式のスーツ☆母親のマナー

入学式のスーツで母親が守るべきマナーとしては、派手過ぎない物にすることです。
入学式は、あくまでも子供が主役の式典です。
そこで母親が悪目立ちするような奇抜な服装をしているのは、ふさわしくないですね。

例えば色は、派手な色を避けて、白やパステルカラー、ベージュなど柔らかい上品な色合いを選びます。
品のある明るい色が基本で、春の出会いの儀式を演出できる素敵なスーツをセレクトしましょう。

卒業式では黒やグレーといったダークなカラーを着用するのがマナーとなります。
これは卒業式が「別れの儀式」であるためですね。
これに対して入学式は出会い、始まりの儀式ですから、明るい色合いで行くのがマナーです。
黒を選ぶ場合でも、コサージュや小物類で華やかさを演出しましょう。

それから、デザインに関してもマナーがあります。
例えばスカート丈。
短すぎるものはNGで、膝丈程度のものを選びます。
それから、素材に関しても、着席する時間が長い儀式ですので、できるだけシワになりにくいものを選んでおくのが正解ですね。

入学式のスーツ☆アクセサリーは必要?

入学式のスーツにアクセサリーが必要かどうかという点ですが、これは必ずしも必要というわけではなく、また禁止というわけでもありません。
スーツに合わせて、華やかさをプラスしたいという場合にはアクセサリーも利用してみると良いでしょう。
ただし、こちらもやはり品を重視したものをセレクトすることが大切です。

ジャラジャラした雑貨のアクセサリーなどは避けて、フォーマルの場にふさわしいアクセサリーを身に着けるようにします。
例えばパールのネックレスとイヤリングなら、卒業式や入学式でも使いやすいですね。

スポンサードリンク

パールのものは喪のイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、華やかなデザインを選べば、そのイメージを一新することもできます。
ロングネックレスや2連、3連になったものなどをセレクトしてみましょう。

それから、1粒ダイヤのネックレスなども素敵ですね。
指輪やイヤリング、ピアスなども、カジュアル過ぎない、派手過ぎないものをセレクトして身に着けましょう。

アクセサリー以上に大切なのは、バッグです。
きちんとした印象の小ぶりなバッグを持つことで、トータルコーデの雰囲気を変えることができます。
フォーマルのシーンにふさわしいバッグを準備し、持参するようにしてください。

入学式のスーツ☆いつ買うのが正解!?

入学式のスーツはいつ買うのが正解なのか、というのも気になるところですよね。
主婦としては1円でも安く購入したいですし、かといって人気のデザインが全く無くなるというのも困りものです。

まず、入学式に向けてスーツの販売が開始されるのは、2~3月頃のところが多いですね。
お店によっては、かなり先取りして1月から販売されていることもあります。
人気のデザインが欲しければ、早めの時期からチェックしておくと良いでしょう。
ですが、品ぞろえが最も良くなるのは2月頃であると言えます。

3月になれば本格的に探す人が増えますが、さすがに時期が迫っており、不安になってしまいますね。
早目の準備を心がけたいなら、やはり2月が理想的でしょう。

安く購入するための裏ワザとしては、ぎりぎりの時期に、その年の売れ残りの特売品を購入するという方法があります。
ぎりぎりまで待つのが負担なのであれば、1年前に購入しておけば、翌年の入学式に備えることもできるという方法もアリですね。

ですが、売れ残りはやはり、人気のないデザインですので、それでは納得いかないという方もいらっしゃるでしょう。
人気があるデザインを、できるだけ安くと考えるのであれば、レンタルという方法もあります。
レンタルの場合も、人気のデザインは早く貸し出し予約が入るので、できるだけ早く予約しておきましょう。

まとめ

入学式のスーツ、母親にとっては周囲の目もあり、大変気になるところです。
とにかく上品な色合いやデザインのものを選び、センスの良いアクセを身に着けて、いつ買うかもよく考えながら、賢く準備してしまいましょう!
最も大切なのは、子供よりも目立ち過ぎないこと。
これを念頭に置いて選べば、マナーもきちんとした、素敵なママを演出することができるでしょう。

スポンサードリンク