ホワイトデーのお返し☆義理チョコにはどんなものがおすすめ?

スポンサードリンク

50483941_480x334

バレンタインの在り方も多様化し、義理チョコを職場や学校で配るのが当たり前になっているケースも多いですね。
ですが、受け取った方としては嬉しい気持ちはあるものの、「ホワイトデーのお返しは義理でも必要なのかな?」なんて疑問が出てきてしまいますね。

何かいただいたら何かお礼をするというのは、世間一般の常識です。
つまり、いくら義理でもバレンタインにチョコなど贈り物をもらったのなら、やっぱりお返しするのが基本的なマナーであると言えるでしょう。

では、具体的にはどういったお返しが喜ばれるのでしょうか?
そこで、ホワイトデーのお返しで義理におすすめなものを紹介します。

ホワイトデーのお返し☆義理の場合の相場

まず、知っておきたいホワイトデーのお返しで義理の場合の相場ですが、これは高額過ぎても良くありません。
高ければ高いほど喜んでもらえるのではないか、というイメージがあるかもしれませんが、実は義理チョコを配る女性の多くは、そんな見返りを求めているわけではないのです。
義理チョコに込められた気持ちは、その大半が、「日ごろお世話になっているから感謝の気持ちを込めて」というものです。
これに対して何倍返しにもなるプレゼントを用意してしまうと、かえって気を遣わせてしまうことになるでしょう。

では相場としてはどの程度が妥当なのか、ですが、これは500円~1,000円程度のもので良いと言われています。
そんなにリーズナブルな価格でプレゼントが用意できるのかと不安になるかもしれませんが、ホワイトデーの特設コーナーなどを覗いてみると、この価格帯でも十分オシャレなギフトが揃っていたりします。
500円~1,000円程度のリーズナブルで気軽なプレゼントをチェックしてみましょう!

ただし、上司から部下に対しての義理チョコへのお返しの際には、少し高級感のあるものを贈るというのもアリですね。
相手との関係性や年齢の違いなどを考慮しながら、どの程度の金額でお返しを贈るか考えてみましょう。

ホワイトデーのお返し☆義理におすすめは焼き菓子

ホワイトデーのお返しで義理におすすめなのは焼き菓子です。
義理チョコを配った女性というのは、ホワイトデーにはたくさんのお返しを受け取る可能性があります。
もしそれらが日持ちしない生菓子なら、その日のうちに全て食べることなんてできず、無駄にしてしまう可能性が高いですよね。
そうならないためにも、日持ちする焼き菓子がおすすめです。

スポンサードリンク

例えばクッキーなどは、込められる意味合いとしても「友達」ということになりますし、義理チョコに対するお返しにもピッタリでしょう。
ただし、少し高級感があって自分ではなかなか買わないようなものを選ぶのがポイントになります。

それから洋菓子店で販売されているフィナンシェやマドレーヌといった焼き菓子も、いくつか詰め合わせると素敵なギフトになりますね。
相場に収まりやすく、見た目にも可愛らしいのでおすすめです。

また、チョコなども人気が高いですね。
チョコは日持ちしますし、甘党の女性にはたまらない贈り物です。
オシャレで可愛らしい見た目の、ちょっとしたチョコのギフトを贈ってみましょう。

ホワイトデーのお返し☆義理にこれはダメ!

ホワイトデーのお返しは義理だと適当に選んでしまいいがちです。
ですが、中には「これはやめた方が良い!」というNGなものもあるので注意が必要です。

例えばマシュマロ。
マシュマロは見た目が可愛らしく、ホワイトデーの定番というイメージがあるので、つい選んでしまいがちですね。
ですが、これには「あなたが嫌い」といった意味が込められており、あまり良い印象がありません。
しかも食感や味にもクセがあり、好き嫌いが分かれるので、避けた方が無難です。

それからホールケーキも、意外とNGです。
スイーツ好きな女性からウケが良さそうと感じるかもしれませんが、職場で切り分けていただくのは面倒ですし、苦手な社員とも一緒に切り分けていただくということに抵抗を感じる女性もいます。
さらに、日持ちしないのでその日のうちに食べきらなければならないというのも、面倒な話ですね。

あとは、駄菓子やコンビニで買ってきたちょっとしたお菓子、といったものもNGです。
「子供じゃないんだから!」という気分になってしまいますよね。
いくら義理に対する気を遣わせないお返しとは言っても、きちんと包装された、女心をくすぐるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

ホワイトデーのお返しは義理でもしっかり選んで、相手の喜ぶ顔が見られるものを選ぶべきです。
用意する男性は選ぶのに苦労するかもしれませんが、お菓子類なら、無難に済ませることができるでしょう。
どうしても用意するのが難しいと感じるなら、思い切って奥さんや彼女にお願いしてみても良いかもしれませんね。
女性目線で素敵なギフトを選んでくれる可能性大ですよ!

スポンサードリンク