父の日はいつ?2016年の日程は?どんな由来でいつから始まったの?

スポンサードリンク

5月には母の日があり、けっこう盛り上がる盛大なイベントになりますよね。
この日のために母親が喜びそうなステキなプレゼントを選び、用意するという方も少なくないでしょう。

ですが、父の日となるとそこまで認知度は高くなく、「いつだっけ?」という方もいらっしゃるほどです。
そうは言っても、一家の大黒柱としていつも家族を支えてくれる父も、大切な存在ですよね。
せっかくだから、きちんと父の日をチェックしておき、プレゼントを贈って感謝の気持ちを伝えたいものです。

では、父の日はいつ、2016年の日程がどうなっているのかという点や、この日が始まったのはいつからなのか、その由来などを紹介していきましょう。

父の日はいつ?2016年

まず、父の日はいつで2016年がどんな日程になっているのかですが、これは、毎年6月の第3日曜日と決まっています。
これを2016年のカレンダーでチェックしてみると、6月19日となっています。
日曜なので、プレゼントを贈る以外にも、一緒に食事に行く、などのプレゼントも良いですね。

この第3日曜日という設定は、何月何日、と日付で設定するよりも仕事や学校が休みになる分、父との時間を楽しめるというメリットがあります。
ですが、母の日は5月の第2日曜日。
これが話をややこしくしてしまっていることもありますね。

この母の日の日程を考えると、「父の日も6月の第2日曜日だったかな?」という気分になってしまったりします。
父の日は、「第3日曜日」!
これをしっかりと頭に叩き込んでおく必要がありますね。

母の日ほど盛り上がらない印象がある父の日ですが、最近ではスーパーなどにも父の日の特設コーナーが設けられるようになりましたし、ネットなどでもこの季節が近づくと、父の日特集が組まれたりします。
そんな情報を意識的にチェックしていれば、日付も忘れないように記載されていますので、父の日を見逃してしまう可能性も減らせるでしょう。

父の日はいつから始まった!?

毎年、6月の第3日曜日に巡ってくる父の日。
では、この風習は一体、いつから始まったのでしょうか?

まず世界で見る父の日がいつから始まったかというと、これは実は100年以上も前のことになります。
アメリカのワシントン州で、男手1つで6人もの子供を育てたお父さんがおり、この方が亡くなった後に、その長女が教会で「父にも感謝する日を作るべき」と考え、父の日の礼拝を始めたことが発祥となっています。

スポンサードリンク

なぜ6月という時期になったのかと言えば、このきっかけとなった亡くなった父親の誕生日が、6月だったからなのですね。

これが日本でいつから広まったかというと、1955年頃と言われています。
ですが、これが一般的な行事として日本で広まったのは、1980年代になってからであるという説もあります。

母の日が日本で定着したのは1950年頃。
これに比べると、父の日はまだまだ、歴史の浅い風習であると言えますね。

父の日がいつか覚えにくい場合は?

どうしても母の日に比べるとメジャー感が少なく、また日付もきちんと決まっていないために、忘れてしまいがちな父の日。
父に対する感謝の気持ちはしっかりあるのに、たまたま「いつだったか覚えていなかった」というだけで、父に残念な思いをさせるのは困りますよね。

そこで、父の日がいつなのか、どうしても覚えにくいという場合には、裏技を使ってしまいましょう。
それは、母の日に父の日とペアでギフトを贈るという方法です。
母の日はすっかり日本でも定着していますので、街を歩いていれば、「今日は母の日か~」と思いだせる機会が多いですよね。

そこで、そんな母の日に贈るプレゼントを選ぶ際に、同時に父の日のプレゼントも選んでしまうのです。
そうしてペアギフトとして2人に贈ってしまえば、父にとっては少し早めのプレゼント。
当日を忘れてしまっても、何も問題がありませんね。

しかもペアギフトは、仲の良い夫婦にとっては嬉しいものですし、オシャレで素敵なものも多いですよね。
単品で購入するプレゼントには無い魅力がありますので、そこを活かすこともできます。

また、もし父に単独でのプレゼントを考えていたけれど、日を間違えてしまったり忘れていたという時は、素直に「少し早いけど」「ちょっと遅くなったけど」といった言葉を添えて感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

一応、父の日がいつか、その日程は決まってはいますが、絶対に守らなければならないというものでもありません。
要は普段言えない感謝の気持ちを伝えるための機会として設けられているわけですから、多少前後しても、その気持ちをきちんと伝えられれば良いのです。

まとめ

父の日はいつ、2016年の日程はどうなっているのか、またいつからこういった風習ができたのか・・・
チェックしてみると、意外と知らなかった点も多いのではないでしょうか?
イクメンと言えるパパが増えてきている現代。
今後はますます、この父の日もクローズアップされていく可能性がありますね。

スポンサードリンク